» » ドル円は110台も、また騙しか?トリプル・トップの可能性に注意

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.05.16

ドル円は110台も、また騙しか?トリプル・トップの可能性に注意

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、米5月NY連銀製造業景況指数や米4月小売売上高を受けて、米長期金利が急上昇したことで、ドル買いを強めた。

ドル円は110.45まで上昇、ユーロドルは、複数の弱めの指標もあって1.1820まで売りに押され、ポンドドルは、英4月失業者数が悪化したこともあり、1.3452まで一時下落した。
クロス円では、NYダウが金利上昇を嫌気して270ドルまで値を下げたことで、売りが優勢となった。
ユーロ円が131.14から130.45まで下落、ポンド円は148.39まで下落後、ユーロポンドの売りに支えられ149.21まで反発、NZD円が75.64まで値を下げたが、オージー円が82.20に下落を限定、カナダ円は85.92から85.32で揉み合い推移となった。

ポジションは、ドル円の110.25の売りが約定したが、これは110.299で損切、またポンドドルの1.3485の買いを1.35196で決済し、+0.346円、更にユーロポンドの0.8815の売りは、どうも寝てしまったので、気づかなかったが、0.8765で利食いがついていたが、0.8760の買いは、ぎりぎりでつかなかった模様。

従って、デイでは+1.04円、月間損益は+4.18円、累計損益は+17.95円となる。

本日の注目材料はこれだ!
13:30 (日) 3月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+1.2%)
★★ 15:00 (独) 4月消費者物価指数・確報値 [前年比] (前回+1.6% 予想+1.6%)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 4月消費者物価指数(HICP)・確報 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.2%)
★★ 20:00 (南ア) 3月小売売上高 [前年比] (前回+4.9% 予想+4.4%)
★★★ 21:30 (米) 4月住宅着工件数 (前回131.9万件 予想132.5万件)
★★★ 21:30 (米) 4月建設許可件数 (前回135.4万件(137.9万件) 予想135.0万件)
★★ 21:30 (加) 3月製造業出荷 [前月比] (前回+1.9%)
21:30 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
★★★ 22:15 (米) 4月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.5%)
★★★ 22:15 (米) 4月設備稼働率 (前回78.0% 予想78.4%)
★★★ 23:30 (米) 週間原油在庫 (前回-219.7万バレル)
06:30 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演

今日の相場見通し

昨日は、米長期金利の急騰を受けてドル買いが強まったが、本日も米経済指標の発表が多く、この結果で米長期金利がどういった展開となるか大注目。

経済指標としては、ユーロ圏4月消費者物価指数は、確報値なので、前回と変わらない結果なら影響は少ないが、弱い内容に留まるならユーロ相場の上値を押さえそう。
一方米国では、4月住宅着工件数と建設許可件数、4月鉱工業生産や設備稼働率が焦点。
こちらも結果次第だが、ただ、米長期金利の上昇が、住宅指標に悪影響を与えている姿が見えるなら、ドルに利食いが出易い。
また週間原油在庫は、中東の地政学リスクを受けて原油価格が高止まっているが、在庫の積み上がりなどがあると、利食い場となり易いが、大きな下落につながらないなら、影響は限定されそうだ。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.80〜110.80
ユーロドル=1.1800〜1.1900

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、遂に110円台にしっかりと乗り、ダブル・トップは懸念に終わったが、ただ、騙し的なトリプル・トップも過去何回が見えており、上値追いはやはり避けたい。

上値は110.45-50を超えると110.55-60、110.70-80、110.95-05が視野となる。
リスクは111.15-25超え。
一方下値は110.15-20、109.95-05が支えると強いが、109.80-90を割れると109.55-75が視野となるが、維持では堅調が続く。
リスクは109.40-50割れとなる。

戦略としては、やはり慎重に売り狙い。
まず、110.40、110.60、110.75、110.95に売りを置いて、ストップは111.25とする。
一方買いは、109.75と109.55に置いて、ストップを109.15とする。
利食いは50BPとしたい。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ユーロドルは、やはり戻りは重く、1.17台は良い位置と見られるが、早期には売り目線から検討したい。

上値は1.1875-80が押さえると弱く、超えても1.1885-95、11910-35と売りが出易い。
このリスクは1.1935-40や1.1945-50超え。
一方下値は1.1825-30の維持では良いが、1.1815-25を割れると1.1795-05.1.1775-85を割れると1.1745-65が視野となる。
リスクは1.1730-40や1.1710-20割れ。

戦略は、売りを1.1865、1.1895、1.1920、1.1960において、ストップを1.2000とする。
一方買いは、1.17台を待つ形から、1.1780、1.1760、1.1735において、ストップを1.1695とする。
利食いは全て50BPとしたい。

ユーロドル60分足チャート

ユーロドル60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!