» » なんか、動かなそうな日だねぇ〜軽く利食うぐらいで、止めておきたい。。

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.05.14

なんか、動かなそうな日だねぇ〜軽く利食うぐらいで、止めておきたい。。

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、欧州市場からポジション調整のドル売りが優勢となったが、米5月ミシガン大学消費者信頼感指数の速報が、市場予想を上回ったことや米長期金利の下げ渋りが、ドルを支えた。
NYダウは、小幅ながら7日連騰と底堅い動きを続けた。

ドル円は109.15まで下落後109.44まで一時反発したが、その後売りに押され、ユーロドルは、1.1891の安値からイタリアの連立政権が新首相を週末に指名との報道を受けて、1.1968まで上昇、ポンドドルは1.3502から1.3596まで反発後、1.3533まで売りに押された。
クロス円では、ユーロ円が130.69、ポンド円が148.50、オージー円が82.68まで買いが優勢となったが、NZD円は76.38から76.07で揉み合い、カナダ円も85.87から85.42まで売りに押された。

金曜日のポジションは、ポンドドルの1.3540の買いが1.3590で約定したのみとなった。
従って月間損益は+2.51円、累計損益は+16.28円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★ 15:30 (ユーロ圏) ビルロワドガロー仏中銀総裁講演
★★ 15:45 (米) メスター・クリーブランド連銀総裁講演
★★ 22:40 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演

今日の相場見通し

先週末はドルの巻き戻しで終了しまたが、ポジション調整の範囲かもれしれないので注意。
また今夜はほとんど材料がなく、要人発言でもサプライズがなければ、影響は少なそう。

ともかく週初で参加者も方向感が見えづらく、総じて動意に薄い展開に留まりそう。
ただ、引き続きイランに絡めた中東情勢の緊張に絡んだニュースや株価の動向を睨んだ展開となりそうだ。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=108.80〜109.80
ユーロドル=1.1850〜1.2000

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、110円台に2度失敗して、ダブル・トップ・リスクも、下値も堅い。
動いていないこともあるが、ともかく今日は材料もなく、揉み合い程度で見ておきたい。

上値は109.35-55、109.55-70、109.70-90が順次押さえると上値追い出来ない。
あくまで109.95-05をしっかりと超えて、一定の上昇期待となる。
一方下値は108.95-109.25の維持では良いが、108.75-85や108.65-70を割れると108.40-60、108.25-30、108円前後が視野となるが、維持では堅調が続く。
リスクは107.65-75や107.45-55割れとなる。

戦略は、あまり動かないことを前提に対応したい。
売りは109.40、109.60、109.80において、ストップを110.05とする。
買いは109.05、108.80、108.50、108.30、108.00に置いて、ストップを107.45とする。
利食いは売りは20BP、買いは30BPに設定しておきたい。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ユーロドルは、一旦安値つき感じはあるが、やはり上値は重いだろう。
ただ、戦略的には、下値もサポートされると堅調が続くので、逆張りスタンス。

上値は1.1955-65が押さえると上値追い出来ない。
1.1965-70や1.1975-80を超えて1.1995-00が視野となるが押さえると上値追い出来ない。
1.2005-10や1.2025-35を越えて1.2035-55、1.2060-80が視野となる。
一方下値は1.1925-35の維持では強いが、割れると1.1905-15-1.1915、1.1885-95を割れると1.1850-80が視野となるが、維持では堅調が続く。

戦略は、買いを1.1900、1.1880、1.1860に置いて、ストップを1.1820とする。
売りはストップを1.2035に置いて、1.1995、更に1.2045、1.2080において、ストップを12110とする。
こちらの利食いは50BPにおいて、後は臨機応変に対応する予定。

ユーロドル60分足チャート

ユーロドル60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ