» » まだ6月もスタートしたばかり!揉み合いも想定され、まったりと行きたい

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.06. 4

まだ6月もスタートしたばかり!揉み合いも想定され、まったりと行きたい

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、強い米経済指標を受けて、ドル買いが堅調な推移となった、米5月非農業部門雇用者数は、予想を上回る+22.3万人、失業率が3.8%と予想を下回り、平均時給は+0.3%と予想通りとなったが、5月ISM製造業景況指数が58.7と予想を上回り、ドル相場を支えた。

ドル円は109.73一時上昇、ユーロドルは1.1718から1.1617まで一時急落気味となったが、コンテ氏が伊新首相に就任、連立政権が成立し再選挙への懸念が後退したことで下値を支えた。
また、ポンドドルは、良好な英5月製造業PMIを受けて、対ユーロでの買いが支え1.3363まで上昇した。

一方クロス円では、NYダウが260ドル高と高値圏を維持。
総じて堅調な推移。
ただ、ユーロ円が128.14の高値から一時127円前半まで下落後、上値の重い展開も、ポンド円は146.32、オージー円が82.93、NZD円が76.53、カナダ円が84.64までじり高となった。

金曜日のポジションは、ドル円の売り109.20が約定したが、これは早々と109.112で決済、またポンドドルの1.3255が約定、これはばっちり?とはいかず、PMIの発表前に、1.32782で利食ってしまい、小利益に留まり、更に109.40のドル円の売りは109.574で損切りし、デイでは+0.164円に留まった。

従って月間損益が+0.16円、累計損益は+19.32円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★★ ウェリントン市場休場(女王誕生日)
★★★ 17:30 (英) 5月建設業PMI (前回52.5 予想52.0)
★★★ 18:00 (ユーロ圏) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.1% 予想+2.4%)
★★★ 20:30 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演
★★★ 23:00 (米) 4月製造業受注指数 [前月比] (前回+1.6% 予想-0.5%)
★★★ 第3回米中通商協議(北京)

今日の相場見通し

今夜の注目は、英国の5月建設業PMIやユーロ圏4月生産者物価指数の強弱が焦点。
英国では、先週発表された5月製造業PMIが、良好な結果となったが、一方の建設業は弱い可能性が残っているので注意。
またユーロ圏の生産者物価指数は、4月はまだユーロ高が続いていたので、弱い内容が想定されるが、ただ一定の織り込みがあるので、悪影響は少ないかもしれない。

また、米国の製造業受注指数に対する市場の関心度は低く、強弱が出ても影響は少ない。
ノボトニー・オーストリア中銀総裁の講演では、同氏の金融政策に対するタカ派的な姿勢が見えるかもしれないが、他のECB関係者は否定的なことで、市場は特段材料視することはなさそうだ。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.00〜110.00
ユーロドル=1.1600〜1.1750

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、強い米雇用統計にも、110円台は見えていないが、下値は堅そう。

上値は109.70-80を超えると109.85-95、110.05-20が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。
リスクは110.35-40や110.55-60超え。
一方下値は109.15-45の維持では堅調も、109.00-10や108.85-95を割れると108.45-75が視野となる。
このリスクは108.35-40を維持出来ずに、108.05-25を割れるケースとなる。

戦略は、109.45、109.20に買いを入れて、ストップを108.90として、更に108.75、108.55に買いを入れて、ストップを108.35とする。
売りは109.90、110.10、110.45に売りを置いて、ストップを110.60とする。
利食いは50BPとして、臨機応変に対応する。

ドル円2時間足チャート

ドル円2時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ユーロドルは、反発が1.1725-35で抑えられて調整気味。
上値は引き続き重いが、下値も堅くなりそうで、基本逆張り。

上値は1.1680-90、1.1695-05が押さえると弱い。
1.1715-20の上抜けから1.1725-35や1.1745-55を超えて、1.1765-95,1.1805-15が視野となる。
リスクは1.1825-35や1.1835-60超え。
一方下値は1.11645-55の維持では良いが、1.1635-45を割れると1.1605-35が視野となる。
ただし、1.1590-00を割れると1.1565-85、1.1525-55が視野となる。

戦略は、売りを1.1700に置いて、ストップを1.1730、更に1.1745、1.1785、1.1805に売りを置いて、ストップを1.1860とする。
買いは、1.1635、1.1600、1.1575、1.1555に買いを入れて、ストップを1.1510とする。
利食いは50BPとする。

ユーロドル2時間足チャート

ポンドドル2時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!