» » 今週のビッグ・イベントを控えて、今日は様子見か?こんな日は控え気味に

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.06.11

今週のビッグ・イベントを控えて、今日は様子見か?こんな日は控え気味に

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、G7サミットでの通商協議に対する不透明感からリスク回避的な展開が優勢となった。
G7当局筋は、「合意に到達できず、声明公表できない可能性が高い」としている。

ドル円は、一時109.20まで下落後109.60まで反発、ユーロドルも1.1727の安値から1.1778、ポンドドルは、アイルランド問題に対する懸念から1.3355まで売りに押されたが、その後メイ首相の報道官が、「アイルランド国境問題では妥協しない」と表明したことで1.3419まで反発した。
一方クロス円では、NYダウが85ドルまで値を戻したことで、安値からは巻き戻し気味で引けた。
ユーロ円が128.11の安値から128.95、ポンド円が146.11から146.90、オージー円が82.60から83.28、NZD円は76.59から77.10、カナダ円が83.86から84.70まで反発した。

金曜日のポジションは、まずドル円の109.80の売りが約定して、109.30で買い戻し。
またユーロドルの1.1740の買いを1.17634で成行き決済、109.30の買いも109.369で、成行きで止めており、デイでは+0.824円。
従って月間損益は+1.67円、累計損益は+20.84円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★★17:30 (英) 4月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
★★★17:30 (英) 4月製造業生産 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.3%)
★★17:30 (英) 4月貿易収支 (前回-122.87億GBP 予想-111.12億GBP)
★★★20:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP (前回+0.1% 予想+0.3%)
★★02:00 (米) 3年物国債入札(320億ドル)
★★★02:00 (米) 10年物国債入札(220億ドル)

今日の相場見通し

今週は、日朝首脳会談、米欧日の金融政策の発表、重要な経済指標も多くビッグ・イベントが目白押し。
ただ、今日は、イベントを控えて、様子見ムードとなりそう。

経済指標としては、英国の経済指標が焦点となるが、5月のPMIは、良好な数値が続いたが、本日発表されるのは、4月の経済指標なので、4月は弱めの指標が多かったこともあって、予想を下回る可能性もあるかもしれない。
一時的なポンド売りには注意。

また、米国では、3年物と10年物国債の入札が実施される。
水曜日のFOMCでは、ほぼ利上げが織り込まれているが、入札が不調に終わると金利が上昇して、ドル買いを誘う動きが出易いことは留意しておきたい。
その他、引き続き米朝首脳会談や貿易戦争に関連するニュースが、突然飛び込んで来る可能性が残ることは留意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=108.60〜109.80
ポンド円=145.50〜147.50

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、110円台が重く調整的で、今後も110円が押さえると上値は追えない。
一応下値も堅いと見るが、109円割れは考慮して対応したい。

上値は109.45-55が押さえると弱く、109.55-65を越えて、109.65-75、109.85-90を越えて、109.95-05が視野となるが、レジスタンスが有効となる。
リスクは110.05-15や110.25-30を超え。
下値は、109.35-40の維持では良いが、109.15-25を維持出来ずに、109.00-10や108.85-95を割れると108.65-75、108.45-65が視野となる。

戦略は、109.65、110.00に売りを置いて、ストップを110.30とする。
買いは、109.00、108.75、108.55に置いて、ストップを108.35とする。
利食いは50BPだが、動きが鈍ければ、早々と決済するかもしれない。

ドル円60分足チャート

ドル円日足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ポンド円は、148.10-20で上値を押さえており、やはりレジスタンス形成ならまだ調整リスクがありそう。
上値は146.95-00、147.40-50を超えて、147.65-00が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。

下値は146.35-40、145.95-10の維持では強いが、145.80-90を割れると145.45-60、145.35-40、145.05-15、144.70-90、144.50-60、144.25-35が視野となる維持では、更に突っ込み売りは出来ないが、リスクは144.10-20や143.95-00割れ。

戦略は、売りを147.10、147.70に置いて、ストップを148.15とする。

買いは145.60、145.10、144.75において、ストップを144.40、利食いは70BPとしたい。

ポンド円60分足チャート

ポンド円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!