» » 米朝首脳会談。噂で買って、結果売りに注目したい

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. ひろぴー
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
だいまんの本当は教えたくないFX戦略
だいまんが使う
FX会社
取引単位 通貨数 キャッシュ
バック
ドル円 ※
ドル円
ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 最大30,000円 0.3銭 独自取引ツール“はっちゅう君”は
スプレッドがたまらない。
※スプレッド=原則固定、信頼度=資本金の額によって評価をしています。

2018.06.12

米朝首脳会談。噂で買って、結果売りに注目したい

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、米朝首脳会談を控えて、様子見ムードも、楽観的なムードが相場を支えた。

ドル円は、米長期金利が底堅く推移したことで110.12までじり高、ユーロドルは1.1821から1.1775まで下落後このレンジで上下、ポンドドルは、英経済指標が軒並み弱く1.3441から1.3345まで一時下落した。
クロス円では、ユーロ円が130.06の高値から129.43で推移、ポンド円は147.86から146.83まで一時急落気味、オージー円は83.83、NZD円が77.52まで上昇、カナダ円は84.37まで値を下げた後、84.82まで値を回復した。

昨日のポジションは、予想外の円安で、ドル円の109.65と110.00の売りは、110.052で損切りした。
またポンド円の147.10、147.70の売りを、107.00で決済ており、どうにかプラス維持。
従って月間損益は+1.92円、累計損益は+21.08円となる。

本日の注目材料はこれだ!
13:30 (日) 4月第3次産業活動指数 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.6%)
★★★17:00 (*) トランプ大統領・記者会見
★★★17:30 (英) 5月失業者数 (前回+3.12万人)
★★17:30 (英) 5月失業率 (前回2.5%)
★★★17:30 (英) 2-4月ILO失業率 (前回4.2% 予想4.2%)
★★★18:00 (独) 6月ZEW景気期待指数 (前回-8.2 予想-14.0)
18:00 (独) 6月ZEW現況指数 (前回+87.4)
★★★18:00 (ユーロ圏) 6月ZEW景気期待指数 (前回2.4)
★★★21:30 (米) 5月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
★★★21:30 (米) 5月消費者物価指数・コア [前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
★★★21:30 (米) 5月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.5% 予想+2.7%)
★★★21:30 (米) 5月消費者物価指数・コア [前年比] (前回+2.1% 予想+2.2%)
★★★02:00 (米) 30年物国債入札(140億ドル)
03:00 (米) 5月財政収支 {前年同月比] (前回-884億ドル)

今日の相場見通し

本日は、米朝首脳会談の結果如何で、相場が荒れる可能性もあるので注意。
ただ、米朝首脳会談は、無難に蜜月色が醸し出されると見られるが、一時的にリスク志向の動きとなっても、「噂で買って、事実売り」が出るリスクもあることは考慮しておきたい。

経済指標としても、英国で雇用統計、ユーロ圏では、ZEW景気期待指数、米国では、5月の消費者物価指数と重要な指標が発表され、注意が必要そう。
結果の強弱次第だが、特に米国の物価指数や30年物国債の入札を受けて、米長期金利が大きく動くかが焦点。
直近上昇が押さえらえている10年物国債利回りが、再度3%を大きく上回るか注目したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.50〜111.00

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、昨日の円売りが不透明だが、どうも株価と合わせて、米朝首脳会談に対する思惑的な動きで、更に追いかけて買うのは疑問。
吹く値売り場を探したい。

上値は110.30-40や110.55-60の上抜けから110.65-95、111.00-10が視野となるが、売りが出易い。
リスクは111.15-30や111.35-45超え。
一方下値は、109.70-00の維持では堅調も、109.65-70を割れると109.35-60が視野となるが、維持では良いが、リスクは109.25-35や109.15-25割れとなる。

戦略は、110.55、110.75、111.00に売りを指して、ストップは111.55とする。
買いは109.80、109.60に置いて、ストップを109.20としたい。
利食いは毎度50BPとする。

ドル円60分足チャート

ドル円日足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ポンドドルは、昨日は弱い指標に叩かれたが、今日の指標は5月分なので、5月のPMIは、良好な数値が見えており、逆説的な展開を想定したい。

上値は、1.3385-95、1.3400が押さえると弱いが、超えると1.3420-30が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。
1.3435-45を超えて、1.3455-60、1.3465-75を越えて1.3500が視野となる。
一方下値は1.3340-50の維持では良いが、1.3325-35を割れると1.3300-20、1.3295-00を割れると1.3265-85が視野となるが、リスクは1.3245-55割れとなる。

戦略は1.3420、1.3450に売りを置いて、ストップを1.3475とする。
買いは、1.3320、1.3260に置いて、ストップを1.3195としたい。

利食いは70BPでおいておく。

ポンド円60分足チャート

ポンド円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!