今日は荒れそう…期待感が高まる?!

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、総じて揉み合いの中、安寄りしたNYダウがプラス圏に浮上したことなどから、一時のポンド売りや円買いも巻き戻しが優勢となった。

ドル円は113.25から113.67まで反発、ユーロドルに1.1638から1.1675まで反発。

ポンドドルは、英国議会の保守党議員40人が、メイ首相に対する不信任を表明する書簡の署名に同意したとの報道を受けて1.3062まで下落後1.3135まで値を戻した。

一方クロス円では、ユーロ円は131.92から132.63、ポンド円が148.06から149.08まで買い戻しが優勢となったが、オージー円が86.62、NZD円が78.22、カナダ円が89.07まで一時売りに押された。

ポジションは、ドル円の116.35の買いが116.65で成約、ユーロドルの1.1640の買いが1.1670で成約し、月間損益は+1.52円、累計損益は+4.98円となる。

本日の注目材料はこれだ!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★ 16:00 (独) 第3四半期GDP・速報 [前期比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
★★ 16:00 (独) 第3四半期GDP・速報・季調前 [前年比] (前回+0.8% 予想+2.0%)
16:00 (独) 10月消費者物価指数・確報値 [前年比] (前回+1.6%)
17:05 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演
★★ 18:00 (伊) 第3四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.4%)
★★ 18:00 (伊) 第3四半期GDP・速報値 [前年比] (前回+1.5%)
18:00 (ユーロ圏) ラウテンシュレーガーECB専務理事講演
18:00 (ユーロ圏) ヌイECB銀行監督委員長講演
★★★ 18:30 (英) 10月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.0% 予想+3.1%)
★★★ 18:30 (英) 10月小売物価指数 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
★★★ 18:30 (英) 10月小売物価指数 [前年比] (前回+3.9% 予想+4.1%)
★★★ 18:30 (英) 10月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.3% 予想+2.9%)
★★★ 19:00 (独) 11月ZEW景気期待指数 (前回17.6 予想19.8)
★★ 19:00 (独) 11月ZEW現況指数 (前回+87.0)
★★★ 19:00 (ユーロ圏) 11月ZEW景気期待指数 (前回26.7)
19:00 (ユーロ圏) 9月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.4% 予想-0.6%)
★★ 19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・改定 [前期比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
★★ 19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・改定 [前年比] (前回+2.5% 予想+2.5%)
19:00 (ギリシャ) 第3四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.5%)
19:00 (ギリシャ) 第3四半期GDP・速報値 [前年比] (前回+0.7%)
★★★ 19:00 (世) イエレンFRB議長、ドラギECB総裁、カーニーBOE総裁、黒田日銀総裁「討論会参加」(ECBシンポジウム)
21:45 (ユーロ圏) ビルロワドガロー仏中銀総裁講演
22:15 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
22:30 (ユーロ圏) クーレECB理事講演
★★★ 22:30 (米) 10月生産者物価指数 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.1%)
★★★ 22:30 (米) 10月生産者物価指数・コア [前月比] (前回+0.4% 予想+0.2%)
★★★ 22:30 (米) 10月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.6% 予想+2.5%)
★★★ 22:30 (米) 10月生産者物価指数・コア [前年比] (前回+2.2% 予想+2.3%)
03:05 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁
ASEANプラス日中韓首脳会議

今日の相場見通し

今夜は、要人発言も含めて、重要な材料が多く、相場が荒れた動きとなるか注目される。
まず、ユーロ圏各国のGDPやZEW景気期待指数は、先週、ECBが経済見通しを大幅に引き上げており、良好な結果は想定の範囲に留まりそうだ。

英国では、消費者物価など注目される物価指標の発表が予定されている。
今月英中銀が利上げを決定しましたが、今後の利上げペースは鈍いとの見方が相場の上値を押さえている。
ただ、もし今夜の指標が強い結果となった場合、ポンド相場に買い戻しが入り易い。

一方米国でも、10月生産者物価指数が発表されるが、利上げの指標となるCPIの発表を控え、強い数字出た場合、思惑を誘うか可能性には注意しておきたい。
また、今夜は要人発言の機会も多いが、特にECB主催のシンポジウムで、イエレンFRB議長、ドラギECB総裁、カーニーBOE総裁や黒田日銀総裁が、一同に会して討論会に参加する。

こういった機会はそう多くないが、4氏の発言によって、相場に動きが出るか焦点。
ただ、世界的な景気回復を受けて、各国の出口戦略の方針が若干異なり、相場が発言によって、右往左往する可能性に注意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=113.00〜114.00
ポンドドル=1.3000〜1.3300

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は基本揉み合いを想定して、動きがあれば逆張りから入るが、軽く利食いながら対応したい。
ただ、このレンジからは離れるならあまり逆らうことは止めておいた方が良いかもしれない。

上値は113.65-75を超えて、113.75-114.05が視野となるが、押さえると上値追いできない。
114.05-15や114.25-35を超えて、114.40-50や114.55-65が視野となるが更に上値追いも厳しい。

下値は113.30-40のサポ―トが維持されると堅調だが、113.20-30や113.05-15を維持出来ずに、112.95-00を割れると112.75-85の窓の下限。
112.50-70が視野となるが、買いが入り易い。

戦略としては、売りは113.80、114.05に売りを指して、ストップは114.35、更に114.45と114.60に売りを指して、ストップは114.75としたい。
また買いは、112.80、112.60、112.35に置いて、ストップは111.95とする。
利食いは全て50BPとして、臨機応変に対応したい。

ドル円60分足チャート

ドル円60分チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ポンドドルは、今日は動きが荒れそう。
一応下値は1.3075-00の維持では良いが、1.3055-65や1.3025-40を割れると1.30のサイコロジカルが焦点となるが、維持では更に突っ込み売りは出来ないが、更なるリスクは1.2905-10を割れるケースとなる。

一方上値は1.3135-40を超える動きから、1.3155-60が視野となるが、1.3175-95のギャップが押さえると弱い。
1.3225-30を超えて、1.3270-00が視野となるが、売りが出易い。
1.3315-40を超えて、1.3400がターゲットとなる。

戦略としては、荒れるなら騙し的な動きを考慮したポジショニングとしたい。
売りは1.3160、1.3195に指して、ストップは1.3230、1.3250、1.3300に更に売りを置いて、ストップは1.3340とする。

買いは1.3005、1.2960に置いて、ストップは1.2895とする。
利食いは100BPにおいて、しっかりと付かなければ利食いたい。

ポンドドル4時間足チャート

ポンドドル4時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ


関連記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  2. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  3. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編
  4. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FXで毎月2万円稼ぐ子育て主婦の話!ローリスクなトレード手法を紹介

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました