• 投稿:2017.11.02 (最終更新:2018.06.25)

FRB新議長は誰に?トランプ減税案は? 〜失望かあ。。。。

昨日のマーケット

晩の海外市場は、ドル円が堅調な推移となった。
注目のFOMCでは、政策金利が据え置かれたが、米税制改革法案や次期FRB議長人事の行方を睨んで、ドルは伸び悩んだ。

ドル円は、強い米10月ADP全国雇用者数を受けて114.28まで上昇後、予想を下回った米10月ISM製造業景況指数を受け手113.76まで弱含んだが、FOMCの結果を受けて114.24まで再反発、ユーロドルは、1.1606から1.1644で上下、ポンドドルは1.3246まで売りに押された。

クロス円では、ユーロ円が132.84の高値から132.42、ポンド円が151.94から151.01まで売りに押され、オージー円87.73まで上昇、NZD円は78.97まで反発後から78.51まで値を下げたが、カナダ円は88.71まで買いが優勢となった。

ポジションは、ドル円の114.20の売りが約定もターゲットには届かず、112.012で決済したことで、月間損益は、0.188円でスタート。累計損益は+3.64円となる。

尚過去の成績は、6月が+0.82円、7月が+0.11円、8月▲4.07円、9月が+6.20円、10月は+0.38円となる。

8月と9月が荒れた結果だが、毎月もう少しコンスタントに利益を上げたいところだね。

本日の注目材料はこれだ!
(重要度に分けて★3段階で表示しています)
★★ 17:50 (仏) 10月製造業PMI・確報値 (前回56.7)
★★ 17:55 (独) 10月失業者数 (前回-2.3万人(-2.2万人) 予想-1.0万人)
17:55 (独) 10月失業率 (前回5.6% 予想5.6%)
★★ 17:55 (独) 10月製造業PMI・確報値 (前回60.5 予想60.5)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 10月製造業PMI・確報値 (前回58.6 予想58.6)
★★★ 18:30 (英) 10月建設業PMI (前回48.1 予想48.7)
★★ 20:30 (米) 10月チャレンジャー人員削減予定数 [前年比] (前回-27.0%)
★★★ 21:00 (英) BOE政策金利・議事録及び四半期インフレ報告発表 (現行0.25%)
★★★ 21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回23.3万件 予想23.5万件)
★★ 21:30 (米) 第3四半期非農業部門労働生産性・速報 [前期比年率] (前回+1.5% 予想+2.1%)
★★ 21:30 (米) 第3四半期単位労働コスト・速報 [前期比年率] (前回+0.2% 予想+0.5%)
★★ 21:30 (米) パウエルFRB理事講演
★★★ トランプ大統領・FRB議長人事及び税制改革案発表

今日の相場見通し

今夜の注目としては、ユーロ圏のPMIは、確報なので数字が大きくブレなければ影響は少ない。

また英建設業PMIは、昨日の製造業が良好だったので期待感はあるが、英中銀の政策金利の発表を控えて、大きな展開にはなりづらい。

今夜の最大の注目は、英中銀の政策金利の発表だが、今回は0.25%の利上げが想定されており、 この点は織り込みの範囲も、一旦ポンド買いが強まる局面もありそう。

ただ、議事録において、利上げ票が拮抗しているケース、またインフレ報告において、インフレ見通しがそれほど上昇していないケースでは、 更なる追加利上げの期待感が減退することで、ポンド相場の利食い場となる可能性に注意して対応したい。

一方米国では、週末の米雇用統計を控えて、雇用関連の指標に注目が集まるが、 9月がハリケーンの影響が大幅に悪かったことで、反動的な数字となりそう。

ドルを支える可能性があるが、ただ、今夜トランプ大統領が、FRB議長人事や税制改革案を発表するとしており、 結果次第では、株価やドルが乱高下する可能性に注意して対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=113.50〜114.70
ポンドドル=1.3100〜1.3400

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、調整を日足の基準線の控える113円前後を支え、114円台を回復。

上値は114.25-35や114.45-55を超えて、114.55-75が視野となるが売りが出易い。 114.75-95を超えて、114.95-05、115.05-15が視野となるが抑えると上値追い出来ない。

下値は113.70-80や113.55-65を割れる113.45-55、113.15-40が視野となるが維持では良いが、リスクは112.95-00割れとなる。

戦略は、一応押し目は堅い見通しだが、113.55-80ゾーンはストップ圏なので、この位置の買いは不透明感。 113.55、113.40、113.20に買いを入れて、ストップは112.95として、付かなければ見送る戦略。

売りも中途半端な位置では、このブログでは、修正が利かないので、114.60、114.75に売りを入れて、ストップを115.10としておきたい。利食いは50BPとする。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ポンドドルは、1.3065-75を維持して、1.3315-25まで反発。

上値は1.3295-05が押さえると上値追い出来ない。 1.3315-25や1.3335-40を超えて、1.3340-50、1.3365-70、1.3395-05、1.3420-40が視野となるが、1.3455-65などを超えるまでは売りが出易い。

一方下値は、1.3235-45の維持では良いが、割れると1.3195-05、1.3150-70、1.3120-30、1.3095-05が視野となるが、 維持では良いが、1.3065-75を割れると、1.3045-55が視野となるが、維持では更に突っ込み売りは出来ないが、リスクは1.3025-30を割れるケースとなる。

戦略は、やはり上値追いはしたくないが、売りも安易には難しい。 直近高値を超える動きがあれば、売り目線で、1.3370、1.3400、1.3430で売り指しをして、ストップを1.3465としたい。

買いは1.3150に置いて、ストップを1.3070、1.3050と1.3000に買いを置いて、ストップを1.2945とする。利食いは、全て100BPにおいて、あとは臨機応変に対応する予定。

ポンドドル60分足チャート

ポンドドル60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました