• 投稿:2018.02.13 (最終更新:2018.06.25)

リスク回避も一服だが、今後も株価の行方次第〜油断は禁物〜

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は総じて動意に薄い中、米予算教書を受けて株価が550ドル近い反発となり、リスク回避の動きは高まらなかった。
ただ、予算教書では、防衛費や国境の壁建設費などの影響で、財政赤字が従来の倍近い赤字となることが嫌気された。

ドル円は108.44から米長期金利の上昇を受けて108.81まで反発したが、揉み合いの域を出ずユーロドルは1.2235まで下落後1.2298まで反発、ポンドドルは、対ユーロでの売りが圧迫して1.3877から1.3796まで値を下げた。

クロス円はまちまちの展開。
ユーロ円が132.90から133.64まで反発も、ポンド円は150.83から149.67まで売りに押され、オージー円が84.76から85.36まで上昇の一方、NZD円は78.91から78.49、カナダ円は86.57から85.99まで売りに押された。

先週金曜日のポジションは恥ずかしながら、あまり大きく取れなかった。
理由はスピード感が遅く、リスク回避の動きも「一服かなあ」と騙されたこと。
なんかNY午後3時以降にNY株が急に来るとは想像もせず、これを前に全てポジションを整理、しかもオーダーもオフしており、微益に留まってしまった。

109円の売りは108.862、109.25の売りは、108.65で決済したので、利益は0.738円で、従って、月間損益は+4.62円、累計損益は+7.86円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★★ 18:30 (英) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.0% 予想+2.9%)
★★★ 18:30 (英) 1月小売物価指数 [前月比] (前回+0.8% 予想-0.7%)
★★★ 18:30 (英) 1月小売物価指数 [前年比] (前回+4.1% 予想+4.1%)
★★★ 18:30 (英) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.3% 予想+3.0%)
22:00 (米) メスター・クリーブランド連銀総裁・討論会参加「金融政策と景気見通し」
企業決算:(米)メットライフ

今日の相場見通し

今日も株価を睨んだ展開が続きそうだが、指標としては、英国の物価指数の発表があり、ポンド相場に大注目。

英中銀が、インフレの強さや利上げの可能性に言及しているが、一方で直近の英経済指標はそれほど強くない。
今夜の英国の物価指数の結果次第では、相場が大きく動く可能性に注目だが、中期的なインフレ懸念はあっても、直近ではポンド高が、物価を押し下げる可能性がある。
また、英中銀のメンバーは、学者ボケなのか、的外れな発言が多く、もし、弱い数字がでれば、失望のポンド売りに期待感を持ちたい。

その他では、メスター・クリーブランド連銀総裁が、3月のFOMCを睨んで、どういった発言をするか注目だが、株価の調整を目の当たりにして、強気の発言は出来そうもない。
また株価面では、直近の安値から大きく戻っているが、やはり反発では、やれやれの売りも出易そう。
上値は追いないが、現状は大きな下落リスクも避けられそう。
ドル円は、リスク回避の動きも一服感と見ておくのが無難となりそうだ。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ポンドドル=1.3750~
ドル円=108.30~109.50

今日のデイ・トレード戦略

ポンドドルは、下落も1.3760-70で維持して反発的。
上値は1.3075-80を超えて、1.3895-05、1.3925-30、1.3940-50、1.3965-70が視野となるが、押さえるおレジスタンス的。
1.3985-90を超えて、1.4000-10、1.4030-50が視野となるが、売りが出易い。
下値は1.3795-00の維持では良いが、割れると1.3775-80、1.3760-70を割れると1.3720-60ゾーンがターゲットとなる。
ただ、1.3655-60のそれ以前の高値と1.36前後に控える雲は底堅い位置となる。

戦略は、指標結果で、荒れるので良い数字が出た場合のリスクはあるが、戻りがあれば売ってみたい。
ただ、安全なら近いところは避けて置いておく。
1.3930、1.3980、1.4035に売りを置いて、ストップは1.4070とする。
ターゲット100BPとしたい。
買いは、1.36台まで下げたらと思うが、今日は流石につかない?だろうから、一応見送りたい。

ポンドドル日足チャート

ポンドドル日足チャート
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ドル円は108.05の安値が一旦底値つきで、今日はレンジ的な戦略が良さそう。
上値は、108.85-95を超えて、108.95-05、109.25-35超えて、109.45-65が視野となるが、売りが出易い。
下値は108.55-60の維持では強いが、108.35-45を割れると108.25-35が視野となるが維持では更に突っ込み売りはできない。
あくまでリスクは108.00-10を割れるケースだが、その場合も、107円ミドルまでは買いが出易い。

戦略は、追いかけずに、買いは108.30に入れて、ストップは108.05として、今日は107円台を想定せず、107円台のビッドは止めて置く。
売りは109.10、109.40に入れて、ストップを109.80とする。
利食いは50BPとしたい。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!

本日の記事に関連するページ


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました