• 投稿:2018.05.31 (最終更新:2018.07.04)

さて月末、ロンドン・フィキシングでの大口のフローには注意しておきたい

昨日のマーケット

昨晩の海外市場は、伊政局不安が和らいだことで、リスク回避の巻き戻しが優勢となった。
米経済指標としては、米5月ADP全国雇用者数や1-3月期GDPの改定値は、予想より弱かったが、NYダウが340ドルの反発となり、円売りを誘った。

ドル円は109.07まで上昇、ユーロドルが1.1676、ポンドドルが1.3308まで反発した。
一方クロス円では、ユーロ円が127.32、ポンド円が145.07、オージー円が82.62、NZD円76.29、カナダ円が84.95まで買い戻しが優勢となった。

昨日のポジションは、ドル円の108.40の買いが、108.75の売りで相殺され、1.15125の買いも1.1570の売りで相殺、更にドル円の108.95の売りを108.839の成行き決済、ユーロドルの1.1600と1.1630の売りは、1.16051で成行きで決済し、デイでは+1.166円となる。
従って月間損益は+4.94円、累計損益は+18.70円となる。
(23日の損を埋めるにはあと1円必要だが、月末だし、無理をするのは止めよう)

本日の注目材料はこれだ!
★★ 14:45 (スイス) 第1四半期GDP [前期比] (前回+0.6% 予想+0.5%)
★★ 14:45 (スイス) 第1四半期GDP [前年比] (前回+1.9% 予想+2.3%)
★★ 15:45 (仏) 5月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.6% 予想+1.8%)
★★ 16:00 (スペイン) 第1四半期GDP・確報値 [前期比] (前回+0.7%)
★★ 16:00 (スペイン) 第1四半期GDP・確報値 [前年比] (前回+2.9%)
17:30 (英) 4月消費者信用残高 (前回+3億GBP 予想+13億GBP)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 4月失業率 (前回8.5% 予想8.4%)
★★★ 18:00 (ユーロ圏) 5月消費者物価指数(HICP)・速報 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.6%)
★★★ 18:30 (南ア) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+3.7% 予想+4.3%)
★★ 19:00 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
★★ 20:30 (米) 5月チャレンジャー人員削減予定数 [前年比] (前回-1.4%)
★★ 21:00 (南ア) 4月貿易収支 (前回+95億ZAR 予想+50億ZAR)
★★ 21:30 (加) 3月GDP [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
★★★ 21:30 (加) 第1四半期GDP [前期比年率] (前回+1.7% 予想+2.0%)
★★★ 21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回23.4万件 予想23.0万件)
★★★ 21:30 (米) 4月コアPCEデフレーター [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
★★★ 21:30 (米) 4月コアPCEデフレーター [前年比] (前回+1.9% 予想+1.8%)
★★★ 21:30 (米) 4月個人所得 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.3%)
★★★ 21:30 (米) 4月個人消費支出 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.4%)
★★★ 22:45 (米) 5月シカゴ購買部協会景気指数 (前回57.6 予想58.0)
★★ 23:00 (米) 4月中古住宅販売保留件数指数 [前月比] (前回+0.4% 予想+1.0%)
★★★ 00:00 (米) 週間原油在庫 (前回+577.8万バレル)
★★ 01:30 (米) ボスティック・アトランタ連銀総裁講演
★★ 02:00 (米) ブレイナードFRB理事講演
★★★ G7財務相・中央銀行総裁会議(カナダウィスラー)

今日の相場見通し

昨日は、リスク回避の動きも一服したが、本日は材料も多く、荒れた動きとなるかもしれない。
また再びイタリアの政局絡みの悪いニュースが出る可能性があること、加えて地政学や通商問題で、新たな懸念が示されるリスクも残っており、安心するのは時期尚早。

経済指標としては、ユーロ圏では、4月失業率や5月消費者物価指数の速報が焦点だが、弱くても一定の織り込みがある。
一方北米では、カナダの第1四半期GDPは、昨日中銀の声明がタカ派だったことで、カナダドルの買い戻しを誘っているが、カナダ中銀も態度がころころ変わるので注意。
GDPが弱いとまたハト派になるかもしれない。
また米国では、4月の個人所得・消費支出、PCEコア・デフレーターやシカゴ購買部協会指数が焦点だが、昨日発表された米国のGDPは弱く、弱い内容が続くなら米長期金利が低下し、ドルの上値を押さえる可能性に注意しておきたい。

その他では、週間原油在庫は、米国のドライブ・シーズンを控えて、在庫が縮小しているか注目。
またFRBの要人の講演やG7財務相・中央銀行総裁会議では、新興国のリスクや通商問題、地政学リスクに関して懸念が示される可能性が高いが、具体的に対策が出て来る可能性は低く、影響は大きく見えないだろう。
注意は月末で、ロンドン・フィキシングに絡めて、MSCIのリバランスに絡めて、為替の大きくフローが出る可能性には留意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=108.35~109.25
ユーロドル=1.1550~1.1700

今日のデイ・トレード戦略

ドル円は、108円を守って反発も、上値も重く、当面は揉み合いか?従って逆張り的スタンスが検討される。

上値は108.95-05が押さえると弱い。
109.05-10を超えて、109.20-50が視野となるが売りが出易い。
109.55-65や109.75-80を超えて109.85-110.20が視野となる。
一方下値は108.65-75の維持では良いが、割れると108.45-60、108.35-40が視野となるが維持では良いが、108.15-25や108.05-10を割れると107.95-05、108.75-95が視野となる。

戦略は、売りを108.75に置いて、ストップを109.10、109.20と109.45に更に売りを置いて、ストップを109.80とする。
買いは108.35に置いて、ストップを108.10として、更に108.00、107.75、107.55、107.30に買いを入れて、ストップを106.90とする。
利食いは50BPとする。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは、一旦1.15を守って反発も、上値は重い状況が続くと見たい。

上値は1.1665-75が押さえると弱い。
1.1675-80を越えて、1.1695-1.1715が視野となるが売りが出易い。
1.1725-35や1.1745-55を超えて、1.1765-95、1.1805-15が視野となる。
一方下値は、1.11645-55の維持では強いが、割れると1.1615-35が視野となるが、維持では堅調も、1.1590-00を割れると1.1665-85、1.1525-55が視野となる。

戦略は、売りを1.1700、1.1745、1.1795に置いて、ストップを1.1850とする。
買いは1.1580、1.1550において、ストップを1.1510として、利食い50BPとしたい。

ユーロドル2時間足チャート

ユーロドル2時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!


関連記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました