• 投稿:2018.09.21 (最終更新:2018.09.21)

リスク・オンの動きもリスク回避の巻き戻しかもしれず上値追いのトレードは避けたい

凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 取引単位 通貨数 ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適!(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得に!(YEN蔵)
凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 ポイント
GMOクリック証券 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得(YEN蔵)

リスク・オンの動きもリスク回避の巻き戻しかもしれず上値追いのトレードは避けたい

昨日のFX為替相場マーケット(ドル売り・円売りの動きが強まる)

昨晩の海外市場はNYダウが今年1月の高値を8カ月ぶりに更新する動きから、ドル売り・円売りのリスク志向の動きが強まった。
米経済指標としては、9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数が強いが、8月米中古住宅販売件数と景気先行指数が予想をやや下回ったが、影響は限定された。

ユーロドルは25日にも米欧で通商協議が再開されるとの報道を受け1.1785まで値を上げ、ポンドドルも1.3299まで上昇もブレグジット絡みのニュースが多く出ており、上値を抑えた。

ユンケル欧州委員長(ジャン=クロード・ユンケル)
「EU27カ国は英国の合意なき離脱の可能性に備えている」

メイ英首相(テリーザ・メイ)
「合意なき離脱の準備はしている」

などと語った。
またドル円は、ロンドン・フィキシングに絡めて112.58まで上昇も、動意は鈍かった。

一方クロス円ではユーロ円が132.53、ポンド円が149.30、オージー円が82.03、NZD円が75.26、カナダ円が87.25まで買い戻しが強まった。

昨日のポジションはユーロドルの1.1695の売りが約定もまずそうだったので、1.17196で損切り
その後1.1750と1.1775の売りが約定、これを1.15758で抱き切り(抱き陰線・包み陰線)して、デイでは▲0.176円となり、月間損益は+3.00円、累計損益は+31.77円となる。

本日の注目材料はこれだ!
13:30(日)7月全産業活動指数[前月比](前回-0.8%予想0.1%)
15:45(仏)第2四半期GDP・確定値[前期比](前回0.2%予想0.2%)
★★ 16:15(仏)9月製造業PMI・速報値(前回53.5予想53.4)
★★ 16:15(仏)9月サービス業PMI・速報値(前回55.4予想55.2)
★★★ 16:30(独)9月製造業PMI・速報値(前回55.9予想55.7)
★★★ 16:30(独)9月サービス業PMI・速報値(前回55.0予想55.0)
★★★ 17:00(ユーロ圏)9月製造業PMI・速報値(前回54.6予想54.5)
★★★ 17:00(ユーロ圏)9月サービス業PMI・速報値(前回54.4予想54.4)
★★★ 21:30(加)7月小売売上高[前月比](前回-0.2%)
★★★ 21:30(加)7月小売売上高・除自動車[前月比](前回-0.1%)
★★★ 21:30(加)8月消費者物価指数[前月比](前回0.5%)
★★★ 21:30(加)8月消費者物価指数[前年同月比](前回3.0%)
★★ 22:45(米)9月マークィット・製造業PMI・速報値(前回54.7予想55.0)
★★ 22:45(米)9月マークィット・サービス業PMI・速報値(前回54.8予想55.0)
22:45(米)9月マークィット・総合PMI・速報値(前回54.7)
★★★ 日米・閣僚級新通商協議(ワシントン)
★★ NYダウ・メジャーSQ
★★ S&P銘柄入替(入替に伴う大量のリバランスのリスク)

今日の為替相場「週末ということもありポジション調整には注意」

今日の注目としてはまず、ユーロ圏各国の9月製造業とサービス業PMIの速報値は結果の強弱次第。
改善が見えるとユーロ相場を支えそう。

また、カナダでも7月小売売上高と8月消費者物価指数が発表されるが、強い数字が利上げ期待につながるなら、カナダドル相場の押し上げ要因となりそうだ。

米国ではマークィットの製造業とサービス業PMIが発表されるが、ISM製造業景況指数から発表される景況指数ほど注目度が高くないことは留意しておきたい。

一方注意したいのは本日、日米の閣僚級新通商協議がワシントンで開催される予定。
カナダとの交渉が長引いており、どこまで協議が進展するかは不透明。

内容がどこまで伝わって来るかわからないが、日本に不利な条件が提示されるとリスク回避の動きにつながり易いことは留意。
その他では高値を更新しているNYダウでだが、本日はメジャーSQ日で一旦利食いが出やすい。
為替市場でも週末を控え、ポジション調整の動きが出やすいことは注意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=112.00~113.00
ユーロドル=1.1720~1.1820

今日のデイ・トレード戦略「ドル円は揉み合い?ユーロドルは上値追いを避けたい」

ドル円は若干高値を更新もドル売り相場に動きは鈍かった。
一部に日米新通商協議に対する警戒感が残っているのか?
それともやはり売りニーズが残っているのかは不透明だが、今日も揉み合いか?

上値は112.55-65を越えて、それ以前の安値112.65-70、112.80-90の窓の上限、112.95-10などが視野となるが売り直し位置となる。
リスクは113.15-25や113.35-40超え。
一方下値は112.35-45の維持では強いが、割れると112.15-25が視野となるが維持では堅調も112.05-10を割れると111.95-05、111.85-95を割れると111.70-80が視野となる。
リスクは111.65-70割れ。

戦略は売りを112.70、112.90、113.05に置いてストップを113.30とする。
買いは112.20、112.00、111.80に置いてストップを111.45とする。
利食いは30BPとしておく。

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは直近レンジとして指摘した1.17前半をしっかりと上抜ける動きも、1.18台も重い可能性があり、上値は追えない。

上値は1.1785-95を越えて1.1815-25の窓の上限が視野となるが売りが出易い。
リスクは1.1845-55や1.1855-60を越えるケース。
一方下値は1.1755-70の維持では堅調も、1.1735-45を割れると1.1715-25、1.1695-00が視野となるが買いが入りやすい。
リスクは1.1675-90や1.1665-70を維持出来ずに、1.1645-55を割れるケース。

戦略は、既に1.17755で成行きで売っており、追加で1.1800、1.1820に置いてストップを1.1855とする。
一方買いは1.1750、1.1720、1.1700に置いてストップを1.1645とする。
利食いは50BPとしておく。

ユーロドル60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

作成時間2018年09月21日 10:00AM

それでは、今夜も「Good Deal!


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました