FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

ドル円は停滞気味だが下がり始めたら一気に進みそうなので要注意!

ドル円は停滞気味だが下がり始めたら一気に進みそうなので要注意!

トランプ大統領の一般教書演説を控え様子見ムードの海外市場

昨晩の海外市場はトランプ大統領(ドナルド・ジョン・トランプ)一般教書演説を控えて様子見ムードが広がる中、ポンド中心にドルの買い戻しが優勢となった。

経済指標では、米1月ISM非製造業指数は56.7と予想の57.2を下回ったが影響は限定された。
またNYダウは小売りの良好な決算などを受け堅調に183ドル高まで上昇した。

ポンドドルは英1月サービス業PMIが2年半ぶりの低水準となったことで、1.2925まで下落。
ユーロドルも1.1401まで値を下げ、ドル円は110.04から109.79での揉み合いに留まった。

クロス円ではユーロ円が125.28、ポンド円が142.05、オージー円が79.43まで下落。
NZD円が75.89から75.65で揉み合い、カナダ円が83.97から83.53まで売りに押された。

昨日のポジションは今月3連敗となった。
ポンドドルの1.2950と1.2965の買いは、ほぼ串刺し的に1.2940でストップがヒット。
ドル円の110.00の売りは粘ったが動きが鈍く109.90で決済。

デイでは「▲0.779円」となり、従って月間損益は「▲2.11円」年間累計損益は「+0.13円」となる。
(一昨日、昨日とストップが近すぎた。少し慎重にやらないとダメそうだ)

本日の注目材料はこれだ!
★★韓国、香港、シンガポール、中国(春節)、ウェリントン(ワイタンギ・デー)市場休場
★★16:00 (独) 12月製造業新規受注 [前月比] (前回-1.0% 予想0.3%)
★★16:00 (独) 12月製造業新規受注 [前年同月比] (前回-4.3% 予想-6.7%)
★★22:30 (加) 12月住宅建設許可件数 [前月比] (前回2.6% 予想-1.0%)
★★22:30 (米) 11月貿易収支 (前回-555億ドル 予想-540億ドル)
★★22:30 (米) 第4四半期単位労働コスト・速報値 [前期比年率] (前回0.9% 予想1.7%)
★★22:30 (米) 第4四半期非農業部門労働生産性・速報値 [前期比] (前回2.3% 予想1.7%)
★★22:35 (加) レーン・加中銀理事講演
00:00 (加) 1月Ivey購買部協会指数 (前回59.7 予想56.0)
★★00:30 (米) 週間原油在庫 (前回+91.9万バレル)
03:00 (米) 10年物国債入札(270億ドル)
欧州金融機関決算:BNPパリバ、INGグループ、ミュンヘン再保険
★★米企業決算:イーライリリー、21世紀フォックス、ゼネラル・モーターズ、メットライフ、ヒューマナ、チポトレ・メキシカン・グリル、プルデンシャル・ファイナンシャル、オールステート、ニューヨーク・タイムズ

ドイツやカナダの経済指標にも注目!最も動く可能性が高いのは?

本日の注目としては、まず独12月製造業新規受注は結果次第も、引き続き弱い結果がリスク。

カナダでは12月住宅建設許可件数1月Ivey購買部協会指数レーン・カナダ中銀理事(ティモシー・レーン)の講演や週間原油在庫の発表が焦点。
経済指標は結果の強弱次第だが、米国の利上げ停止スタンスを受けレーン加中銀理事がカナダ経済に対しどういった見方を示すのか注目される。

また原油価格が持ち直しているが週間原油在庫などの結果次第では、カナダドル相場が上下する可能性には留意しておきたい。

米国では第4四半期単位労働コストや非農業部門労働生産性の速報は、政府閉鎖の悪影響で発表されるか不透明。
一方で発表が遅れていた11月貿易収支が公表される。
予想は前回より改善だが、米中通商交渉が続く中、もし悪い結果が見えた場合またトランプ大統領の琴線に触れそう。
ただ既に古いデーターなので、相場に対する影響は限られるかもしれない。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.60~110.30
ユーロドル=1.1350~1.1450
ポンドドル1.2900~1.3050

全体的に揉み合いが続く。突っ込み売りは避け慎重にトライ

ドル円は110円台は重いとしても下値も堅い。
ただ揉み合いなので動き出すと若干大き目の流れとなる可能性には留意しておきたい。

上値は110.05-10が押さえると上値追い出来ない。
110.15-20を越えて、110.25-35、110.45-55を越えて110.65-75、110.75-85、110.95-05が視野となるが、売りが出易い。
リスクは111.05-15超え。

下値は、109.70-80の維持では強いが、割れると109.50-60、109.35-45を割れると109.10-20、108.95-00、108.80-90が視野となる。
維持では堅調も、108.70-80を割れると108.60-70、108.45-55や108.35-45を割れると108.15-25、108.05-15が視野となる。

戦略は売りを110.10、110.30、110.45に置いてストップを111.15とする。
買いは109.60、109.30、109.00に置いてストップを108.50として利食いは50BPとする。
負けているので利食いを優先したい。

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは軟調気味だが基本は揉み合い出し。
また日替わり的な展開もあるので、突っ込んで売るのは得策ではなさそう。

上値は1.1430-40、1.1440-50が押さえると弱い。
1.1455-65を超えて1.1470-80、1.1485-90を越えて1.1495-00、1.1505-10が視野となる。
リスクは1.1515-20越え。

一方下値は1.1395-05の維持では良いが、1.1385-95を割れると1.1375-80、1.1355-60、1.1335-45、1.1315-30、1.1295-10が視野となるがサポートが控える。
リスクは1.1280-90を維持出来ずに1.1260-70を割れるケース。

戦略は売りを1.1430、1.1450、1.1475、1.1500に置いてストップを1.1555とする。
買いは1.1380、1.1355、1.1330に置いてストップを1.1260とする。
利食いは50BPとするがやはり利食い優先として少しでも稼いておきたい。

ユーロドル2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ポンドドルは昨日は売り切れなかったが、7日はメイ首相(テリーザ・メイ)ユンケル委員(ジャン=クロード・ユンケル)と交渉するようでまた動きが出る可能性に注意。
突っ込み売りは避けたいレベルであり、慎重に戻りを待って売りを狙いたい。

上値は1.2965-70、1.2975-95、1.3010-30が押さえると弱い。
1.3045-55を超えて1.3065-70、1.3085-90が視野となるが、売りが出易い。
1.3095-05を越えて、1.3115-25、1.3135-40が視野となるが押さえると上値追い出来ない。
1.3155-65を超えて1.3165-70、1.3185-90が視野となるが、上抜けは不透明。
リスクは1.3195-05や1.3215-20越え。

一方下値は1.2925-30の維持では良いが、割れると1.2895-05、1.2850-60が視野となる。
このリスクは1.2825-35割れとなる。

戦略は売りを1.2980、1.3025、1.3065、1.3090に置いてストップを1.3160とする。
買いは1.2905、1.2860に置いてストップを1.2825とする。
利食いは一応100BPとするが臨機応変にする予定。

ポンドドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ポンドドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX会社を特徴・目的別に比較, システムトレード(自動売買)

    シストレ(自動売買)が使えるFX業者を徹底比較【初心者向け】
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    予算5,000円でスタート!少額トレードOKの初心者向けFX業者や取引方法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

FXトレーダーの実践ブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

最もアクセスが多い人気ページ

メニュー