• 投稿:2018.07.30 (最終更新:2018.08.02)

米GDPがこの動き?今週のFOMC・雇用統計でも動きがなかったら…今後どうなる?

凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 取引単位 通貨数 ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適!(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得に!(YEN蔵)
凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 ポイント
GMOクリック証券 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得(YEN蔵)

米GDPでこの動きだと、今週のFOMCや雇用統計でも動けなかったら、もう夏はダメそうだ!

金曜のFX為替相場マーケット(米GDP発表後、相場の動きは鈍かった)

金曜日の海外市場は、期待感の強かった米4-6月期GDP・速報値が予想を下回ったことで、一時ドル売りが出るも大きな展開にはつながらなかった。
トランプ米大統領は「次の四半期の数字は飛び抜けたものとなるだろう」、クドローNEC委員長(※)も「第3四半期や第4四半期の成長も非常に強くなる」などと語ったが、影響は限定された。

(※)ラリー・クドロー(Larry Kudlow)
アメリカの経済評論家。
現在、ドナルド・トランプ政権の国家経済会議(NEC 英: National Economic Council)委員長

ドル円は、111.24から111.80まで一時売りに押され、ユーロドルが1.1621から1.1664まで反発。
ポンドドルは1.3083から1.3132での上下の動きに留まった。

一方クロス円も小幅な展開。
ユーロ円が129.13から129.48、ポンド円が145.73から145.28、オージー円が82.32から81.99、NZD円は75.19から75.48、カナダ円が85.20から84.79でのもみ合いに留まった。

先週、木曜日のポジションはドル円の111.00と111.20の売りは、どうにかチャラで止められたが、ユーロドルの1.1700、1.1675の買いは、1.16601で損切がやっとで、デイでは、▲0.608円となった。
従って月間損益は+3.78円、累計損益は+28.07に減少した。
(金曜日、米GDPでも動きが鈍く、やらなくて良かったようだ)

本日の注目材料はこれだ!
15:00 (南ア) 6月マネーサプライM3 [前年同月比] (前回5.73% 予想5.80%)
16:00 (スイス) 7月KOF景気先行指数 (前回101.7 予想101.5)
17:30 (英) 6月消費者信用残高 (前回14億ポンド 予想13億ポンド)
17:30 (英) 6月マネーサプライM4 [前月比] (前回0.4%)
17:30 (英) 6月マネーサプライM4 [前年同月比] (前回1.8%)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 7月経済信頼感 (前回12.3 予想112.0)
★★ 18:00 (ユーロ圏) 7月消費者信頼感・確定値 (前回-0.6 予想-0.6)
★★★ 21:00 (独) 7月消費者物価指数・速報値 [前月比] (前回0.1% 予想0.4%)
★★ 23:00 (米) 6月住宅販売保留指数 [前月比] (前回-0.5% 予想0.1%)
決算発表(米):キャタピラー、イルミナ、トランスオーシャン

今日の為替相場は「月末を前に動きが出ないかも。」

先週末は米国のGDPの発表にも、相場の動きは鈍かった。
これじゃ今日もあまり重要な材料がないので、月末を前に動きが出ないかもしれない。

経済指標としては、ユーロ圏の7月経済信頼感と消費者信頼感は、弱い結果が想定されるが、関心度の低い指標で影響は少ない。
ただドイツの7月消費者物価指数の速報値は若干注意で、一時の弱い内容から一定の下げ止まりが見えるなら、ユーロ相場を支えそう。

一方米国では、6月住宅販売保留指数が焦点だが、良好な結果は想定の範囲で、これも影響は大きく出ない見通し。
その他では、今週は米企業決算(米国企業の決算発表)がピークを迎えるが、フェイスブック(Facebook)の急落など不安材料も多く、株価の動きにも注意して対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ユーロドル=1.1610~1.1710
ユーロ円=129.00~130.50
(ドル円は、止めておきます)

今日のデイ・トレード戦略「今日のドル円は取引しない方が良さそう」

ユーロドルは軟調気味も、揉み合いから脱する感じは低い。
動いても逆張りで臨む予定。

上値は1.1665-75が押さえると弱いが、超える1.1675-00、1.1705-10が視野となるが、売りが出易い。
リスクは1.1725-35や1.1745-55の上抜けから1.1755-65超え。
下値は1.1635-50の維持では良いが、1.1615-25を割れると1.1595-10まで視野となるが、維持では更に突っ込み売りは出来ない。
リスクは1.1575-85割れ。

戦略は売りを1.1690、1.1710に置いて、ストップを1.1755とする。
また買いは1.1635、1.1605に置いて、ストップを1.1575とする。
利食いは30BPと小さめに設定したい。

ユーロドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル4時間足チャート相場
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロ円は一応日足の雲の上限が支えており、割れても128円ミドルも堅いが、一方で上値も重くやはりこちらも逆張り。

上値は、129.45-60、129.65-70、129.75-85と抑ええると弱い。
129.95-05を越えても、130.15-20では売りが出易い。
リスクは、130.25-30や130.45-50超え。下値は、129.05-15をしっかりと割れると128.40-60、128.25-35の雲の下限まで視野となる。

戦略は、売りを129.80、130.20において、ストップを130.55に置く。
買いは騙しの動きに注目して、129円、128.60、128.30に買いを入れて、ストップを、127.90として置く。
利食いは50BPとしたい。

ユーロ円日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロ円日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!」


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました