• 投稿:2018.11.06 (最終更新:2018.11.06)

今後のドル相場は米中間選挙の結果次第?株価動向もチェックしながら万全の対策を!

今後のアメリカ市場の動きは中間選挙の結果次第か?どっちの結果になっても良いように万全の対策を!

米10月景況指数は予想を上回るも影響は限定的。米中間選挙を控え慎重な展開か?

昨晩の海外市場は、米中間選挙やFOMCなど重要イベントを控え、動意に薄い展開に留まった。

米10月ISM非製造業景況指数は、60.3と予想を上回ったが、影響は限定された。
またNYダウは一時236ドル高まで買い戻しが優勢となった。

ドル円は113.34から113.08で上下、ユーロドルは1.1354から1.1424まで上昇。
ポンドドルの弱い英10月サービス業PMIでの売りは限定されて、1.2965から1.3056まで買い戻された。

一方クロス円では、ユーロ円が128.60から129.33。
ポンド円が146.86から147.82、オージー円が81.41から81.73、NZD円が75.28から75.57まで反発するも、カナダ円は86.59を上値に86.27まで売りに押された。

昨日のポジションは、ドル円の113.30の売りが約定したのみ。
ただ、これも113.20で決済しており、微益に留まった。
従って月間損益は▲1.81円、累計損益は+32.56円となる。
(なんか、最近は調子が悪い。。。。。。)

本日の注目材料はこれだ!
シンガーポール市場休場(光の祭典)
★★★12:30 (豪) 豪準備銀行・政策金利発表 (現行1.50% 予想1.50%)
★★16:00 (独) 9月製造業新規受注 [前月比] (前回2.0% 予想-0.5%)
★★16:30 (ユーロ圏) プラートECB専務理事講演
★★17:50 (仏) 10月サービス業PMI・改定値 (前回55.6 予想55.6)
★★17:55 (独) 10月サービス業PMI・改定値 (前回53.6 予想53.6)
★★★18:00 (ユーロ圏) 10月サービス業PMI・改定値 (前回53.3 予想53.3
★★★19:00 (ユーロ圏) 9月卸売物価指数 [前月比] (前回0.3% 予想0.4%)
★★★19:00 (ユーロ圏) 9月卸売物価指数 [前年同月比] (前回4.2% 予想4.3%)
★★20:15 (ユーロ圏) クーレECB理事講演
★★21:00 (ユーロ圏) ラウテンシュレーガーECB専務理事講演
★★22:30 (加) 9月住宅建設許可件数 [前月比] (前回0.4%)
★★★24:00 (米) 9月JOLTS求人件数 (前回+713.6万件)
★★03:00 (米) 10年物国債入札(270億ドル)
★★★米中間選挙・投票
米企業決算:イーライリリー、CVSヘルス、マリオット、リジェネロン、ラルフローレン

米中間選挙の結果が相場に影響するのは明日以降?

今日の注目はなんと言っても米国の中間選挙。
ただ米国は東西に広いので、投票が締め切られるのは日本時間7日の午前中となる。

その後、順次出口調査などから結果が発表されるが、大勢が判明するのは7日の午後となりそう。
今夜の為替相場に対する影響は少なく、様子見ムードに留まりそうだ。
ただ明日の相場が、思惑や結果で荒れる可能性には十分準備しておきたい。

経済指標としては、ユーロ圏各国の10月サービス業PMIは改定値なので数字が前回から変化がなければ影響は少ない。
ただ、9月卸売物価指数の結果に強弱が見えた場合、相場が一定の動きを示す可能性は考慮しておきたい。

一方北米では、カナダでは9月住宅建設許可件数や米国の9月JOTLS求人件数などが焦点だが、中間選挙を睨んで結果での相場の反応は限定されそうだ。

要人発言としては、クーレECB理事(ブノワ・クーレ)ラウテンシュレーガーECB専務理事(サビーヌ・ラウテンシュレーガー)の講演が予定されている。

ユーロ圏経済やイタリアの財政問題、更に直近話題となっている追加緩和策などに発言が見えるか注目だが、サプライズがなければ大きな反応はなさそう。

また引き続き株価の動向もチェックしておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=112.80~113.80
ユーロドル=1.1350~1.1450

今日のデイ・トレード戦略「ドル円・ユーロドルは基本逆張りだが、買いを優先したい」

ドル円は揉み合いで、引き続き逆張りだが、押し目は買いを優先したい。

上値は113.30-40を超えて113.45-50、113.55-60のそれ以前の安値、113.65-75、113.85-95が視野となるが押さえると上値追い出来ない。
リスクは114.05-10越え。

一方下値は113.05-10の維では強いが、割れると112.90-00、112.65-80が視野となる。
維持では堅調が続くが、112.50-60を割れると112.40-50、112.25-35や112.10-20を割れると、111.95-05まで視野となる。

戦略は売りを113.45,113.60、113.70、113.90に置いて、ストップを114.10とする。
買いは113.15、112.90、112.75、112.50に置いて、ストップを112.15とする。
利食いは30BPとする。

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは、1.13がダブル・ボトムとなるのか注目されるが、それでも上値は重そうだ。
一応逆張りだが、戻り売りを優先したい。

上値は1.1425-35を越えても、1.1440-50が押さえると弱い。
1.1450-60の上抜けから1.1475-80や1.1485-95を越えて、1.1495-05、1.1510-20、1.1525-35が視野となる。
リスクは1.1545-55越え。

一方下値は1.1390-00、1.1375-80、1.1365-70の維持では良いが、1.1355-60を割れると1.1345-50。
1.1335-40を割れると1.1325-30、1.1310-20が視野となる。
維持では更に突っ込み売りは出来ない。リスクは1.1295-05や1.1285-95割れ。

戦略は売りを1.1445に置いて、ストップを1.1460。
更に1.1475、1.1495、1.1515、1.1530に売りを置いて、ストップを1.1555とする。

買いは1.1380に置いて、ストップを1.1355、更に1.1345、1.1320に置いて、ストップを1.1295とする。
利食いはこちらも動きが少ない可能性を考慮して、30BPとしたい。

ユーロドル2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました