• 投稿:2018.08.09 (最終更新:2018.08.09)

日米新通商協議でFX相場に動きが出るか注目!リスク回避一方通行と考えるのは危険?

凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 取引単位 通貨数 ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適!(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得に!(YEN蔵)
凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 ポイント
GMOクリック証券 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得(YEN蔵)

日米新通商協議で動きが出るか注目!ただリスク回避一方通行と考えるのは危険?

昨日のFX為替相場マーケット(中国政府が対米報復関税の実施を発表)

昨晩の海外市場は中国政府が、8月23日から対米報復関税を実施すると発表したことでリスク回避的な展開が優勢となった。

ドル円はアジア株の下落を受けて110.84まで下落したが、その後111.19まで反発もじりじりと売りに押され、ユーロドルが1.1573の安値から1.1620まで反発。
ポンドドルは、ブレグジットを再考する国民投票が実施される可能性が高まったことで1.2854の安値まで売りに押された。

一方クロス円ではユーロ円は128.56、ポンド円が142.74、オージー円が82.09、NZD円が74.72まで一時下落。
カナダ円は84.73まで下落後、カナダがNAFTA協議(北米自由貿易協定)に早ければ来週から参加するとの報道を受けて85.33まで反発した。

昨日のポジションは遊びとか言って最悪の結果。
ドル円の111.30から111.10までの5銭刻みの買いが、全て110.95でストップをヒットしており、▲1.25円となった。
レンジの想定が、小動きとしても、111円を割れない前提だったのが間違い。
大反省だが逆にやる気が出てきた。
今日はがんばろう!

従って月間損益は▲1.02円とマイナス転落、累計損益は+26.91円となる。

本日の注目材料はこれだ!
シンガーポール(建国記念日)、ヨハネスブルク(女性の日)市場休場
14:45 (スイス) 7月失業率 (前回2.4% 予想2.4%)
★★ 17:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行・ECB月報公表
★★★ 21:15 (加) 7月住宅着工件数 (前回24.81万件)
★★★ 21:30 (加) 6月新築住宅価格指数 [前月比] (前回0.0%)
★★★ 21:30 (米) 7月卸売物価指数 [前月比] (前回0.3% 予想0.3%)
★★★ 21:30 (米) 7月卸売物価指数 [前年同月比] (前回3.4% 予想3.4%)
★★★ 21:30 (米) 7月卸売物価指数・コア指数 [前月比] (前回0.3% 予想0.3%)
★★★ 21:30 (米) 7月卸売物価指数・コア指数 [前年同月比] (前回2.8% 予想2.8%)
★★★ 21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回21.8万件 予想22.0万件)
★★★ 23:00 (米) 6月卸売売上高 [前月比] (前回 2.5%)
★★ 23:00 (米) 6月卸売在庫 [前月比] (前回0.6% 予想0.0%)
★★ 02:00 (米) 30年物国債入札(180億ドル)
★★★ 日米新通商協議開始(FFR)
米企業決算:バイアコム

今日の為替相場は「ドル買いは限定される見通し?」

今日は比較的材料が多いが、ECB(欧州中央銀行)月報は普段からあまり注目されておらず、カナダの住宅指標は結果の強弱次第も直ぐに金融政策に影響を与える可能性は低く、影響は限定されそう。
また米国では、卸売物価指数や卸売売上高が焦点となるが、良好な結果も既に周知されていることで、こちらもドル買いは限定される見通し。

一方注意は今夜から日米間で、新たな通商協議が開始される。
米国が検討している自動車輸入制限に関する協議が最大の焦点だが、初日ということでどこまで踏み込んだ話し合いが行われるかは不透明。
ただ保護主義的な姿勢を強めるトランプ政権が、日本にとって厳しい要求を突き付けて来るなら、リスク回避の動きにつながり易い。
ライトハイザーUSTR代表(ロバート・ライトハイザー)の発言には、十分注意しておきたい。

その他では引き続き地政学リスクを高めるような報道や発言、株価や米長期金利の動向には細心の注意を払って対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=110.50~111.40
ユーロドル=1.1560~1.1660

今日のデイ・トレード戦略「ドル円は売りを持ってないとまずそう」

ドル円は動きは鈍いけど、既に111円ミドルが押さえる形からは、今日はやはり下値模索となりそう。
ただ日米通商協議から、具体的なものが聞こえてこない場合、案外戻りもあるので早期は売ってもしっかりと買い戻して買いも検討してみたい。

上値は111.05-15が押さえると弱く、111.15-25を超えても、111.25-45が押さえると上値は追えない。
111.45-55を越えて、111.55-80が視野となるが押さえると引き続き弱い。
一方下値は、110.85-90の維持では良いが、110.75-85を維持出来ずに、110.65-75や110.55-60を割れると110.35-55まで視野となるが買いが入り易い。
リスクは110.25-30を維持出来ずに、110.05-10や109.95-00を割れるケースとなる。

戦略はやっぱり売りを持ってないとまずそうで、111.00、111.35、111.70に売りを置いて、ストップは111.90とするところだが、つかない事を前提とするなら112.15が良さそうなので112.15として置く。
利食いは40BPとしたい。
一方買いは110.55、110.35、110.15に置いてストップを109.85としたい。
こちらの利食いは50BPとしておく。

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは上値は1.1630-40を超えて、1.1645-60が視野となるが、押さえると上値追い出来ないが1.1665-70を越えて、1.1675-95が視野となるが売りが出易い。
リスクは1.1695-05を越え。
一方下値は1.1585-00の維持では良いが、1.1565-75や1.1545-55を割れると1.1635-45、1.1525-35を割れると1.1515-20が視野となる。
このリスクは1.1505-10割れとなる。

戦略は買いを1.1585において、ストップを1.1545として売りは1.1645、1.1675、1.1695において、ストップを1.1710とする。
利食いは全て50BP。

ユーロドル60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

作成時間2018年08月09日 09:00AM

それでは、今夜も「Good Deal!」


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました