• 投稿:2018.09.12 (最終更新:2018.09.12)

方向感が掴みづらい為替相場でまだ逆張り?アップル(Apple)新製品も斬新的な改良は無さそう

アップル(Apple)新製品発表

昨日のFX為替相場マーケット(対ポンド中心にドルが荒れた)

昨晩の海外市場は大きな材料に薄い中、対ポンド中心にドルが荒れた動きとなった。
米経済指標としては、7月卸売売上高や卸売在庫が予想を下回り、中小企業楽観度指数が強い内容となったが影響は限定された。

ポンドドルは英8月雇用指数が良好だったことで1.3088まで上昇後、大口の売りが出たこと。
また英紙イブニングスタンダードに、
「英当局は欧州連合の前向きな声明を誤解している」
ブレグジットに悲観的な記事が掲載されたことで1.2965まで売りに押された。

ただその後ハモンド英財務相(フィリップ・ハモンド)
「ブレグジットの交渉は、6-8週間以内での合意が可能」
と述べた。

またユーロドルは、イタリアの財政不安などが和らいだことで、1.1645まで一時買いが優勢となったが、その後ポンドの急落などもあり1.1566まで値を下げ。
ドル円は安く始まった米国株が持ち直したことや米長期金利の上昇を受けて、111.28から111.64じり高となった。

一方クロス円では、ユーロ円が129.83の高値から128.78まで下落。
ポンド円も145.93から144.36、オージー円が79.51から78.92、NZD円が72.96から72.43まで売りに押されたが、カナダ円はフリーランド加外相が
「ライトハイザーUSTR代表と週末に協議」
と述べたことでNAFTA交渉に対する楽観的な見方やハリケーンの懸念から原油が反発したことで84.53から85.02まで反発した。

ただその後トルドー加首相(ジャスティン・トルドー)
「カナダに不利益となるならば、NAFTAに合意しなくともよい」
と述べている。

昨日のポジションはユーロドルの1.1580の買いを1.1630でオーダー通り決済。
また1.1640の売りを1.1590で決済した。
一方ポンドドルの1.3065の売りは一時の急落でつかず、1.3037で止める形とした。

従ってデイでは、+1.426円、月間損益は+3.10円、累計損益は+31.86円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★ 18:00(ユーロ圏)7月鉱工業生産[前月比](前回-0.7%予想-0.5%)
★★★ 20:00(南ア)7月小売売上高[前年同月比](前回0.7%予想1.6%)
★★ 21:30(加)第2四半期設備稼働率(前回86.1%)
★★★ 21:30(米)8月卸売物価指数[前月比](前回0.0%予想0.2%)
★★★ 21:30(米)8月卸売物価指数[前年同月比](前回3.3%予想3.2%)
★★★ 21:30(米)8月卸売物価指数・コア指数[前月比](前回0.1%予想0.2%)
★★★ 21:30(米)8月卸売物価指数・コア指数[前年同月比](前回2.7%予想2.7%)
★★ 22:30(米)ブラード・セントルイス連銀総裁講演
★★ 23:30(米)週間原油在庫(前回-430.2万バレル)
★★ 01:45(米)ブレイナードFRB理事講演
02:00(米)10年物国債入札(230億ドル)
★★ 03:00(米)米地区連銀経済報告(ベージュブック)
★★★ アップル新製品発表

今日の為替相場「アップル(Apple)の新製品発表では斬新的な内容は無さそう」

今日の注目材料としてはユーロ圏7月鉱工業生産は結果の強弱次第となるが、影響の大きくない指標。
ただ、南ア7月小売売上高は若干注意が必要で、弱いGDPを受けてリセッション入り懸念が高まっており、今日の小売売上高も弱いと中銀の利下げ思惑を誘う可能性に注意しておきたい。

また、加第2四半期設備稼働率は直近のカナダ経済の良好を受けて、強い結果がカナダ相場を支えるか注目されるが、原油価格の動きには注意しながら対応したい。

米国では、8月卸売物価指数が明日のCPIの発表を控え、良好な結果となるなら思惑を誘いそうだが、今月のFOMCの利上げはほぼ織り込まれており、影響は大きく出ない見通し。
また原油価格はハリケーンに対する懸念から反発しているが、週間原油在庫では需要期が終わっており、想定外の在庫の増額が見えると原油価格を押し下げそうだ。

NY午後ではベージュブックが発表されるが、良好な米経済が示されても近年ベージュブックに対する金融市場の反応は鈍く、無視して良さそう。

要人発言としてはブラード・セントルイス連銀総裁(ジェームズ・ブラード)ブレイナードFRB理事(ラエル・ブレイナード)の講演が予定されているが、貿易戦争懸念などハト派的な発言が出ても市場の反応が大きく出ることはなさそう。

一方株価面ではアップル(Apple)の新製品発表が予定されており、この結果が焦点となるが、斬新的な改良が発表されるとは想定できず、結果を受けたアップル株の失望の動きには注意しておきたい。
特にアストロ的(アストロロジー)にも、NYダウが重要変化日となっており、この奇妙な一致には注目したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=111.00~112.00
ユーロドル=1.1550~1.1650

今日のデイ・トレード戦略「トランプ米大統領が寝ている間にトレード?」

ドル円は堅調に上昇も、トランプ米大統領がまた何を言い出すか分からず、上値は追いづらいが一応、トランプ大統領が寝ている間は大丈夫か?(笑)

上値は111.55-65が押さえると弱い。
111.75-80や111.80-90を越えて、111.95-112.10が視野となる。
リスクは112.15-25超え。
一方下値は111.35-50の維持では強いが、111.25-30を割れると111.15-20、110.95-05が視野となるが、維持では堅調が続く。
リスクは110.85-95割れとなる。

戦略は買いを111.40、111.15に置いて、ストップは110.85とする。
売りはレベルが迷うので111.95だけに置いて、ストップを112.25としておく。
利食いは30BPとして、少額でも利食いを優先する。

ドル円日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは昨日は上下したが、基本は1.15前半から1.17前半の揉み合いを前提に対応したい。
ただ騙し的な展開もあるので注意。

上値は1.1605-25、1.1635-40が押さえると弱い。
1.1645-55や1.1655-65を越えて1.1665-75、1.1685-95を越えて1.1700-10が視野となる。
リスクは1.17815-20や1.1725-35超え。
一方下値は1.1570-95の維持では良いが、1.1565-70を割れると1.1540-65が視野となるが維持では堅調。
リスクは1.1525-35割れとなる。

戦略は売りを1.1620に置いて、ストップを1.1650。
更に1.1700に置いて、ストップを1.1735とする。
買いは1.1585に置いてストップを1.1565、更に1.1550に置いてストップを1.1525とする。
利食いは50bpとしておくが、少額でも利食いを優先する予定。

ユーロドル日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

作成時間2018年09月12日 10:30AM

それでは、今夜も「Good Deal!」

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました