• 投稿:2018.10.10 (最終更新:2018.10.10)

ブレグジット絡みのニュースには注意!ドル円相場は113円を挟む動き?

凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 取引単位 通貨数 ポイント
GMOクリック証券 10,000通貨 19 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適!(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得に!(YEN蔵)
凄腕トレーダーが使うFX会社
会社名 ポイント
GMOクリック証券 GMOクリック証券だけの“はっちゅう君”はスプレッドの開きも滑りもなく快適(だいまん)
ヒロセ通商(LIONFX) 取扱通貨や発注システムが豊富で取引幅が広がる!キャンペーン利用で更にお得(YEN蔵)

ブレグジット絡みのニュースには注意!ドル円相場は113円を挟む動き?

昨日のFX為替相場マーケット(イタリア株が持ち直したことで巻き戻し優勢)

昨晩の海外市場はプラス圏で始まった欧州株が軒並み下落したことで一時もリスクオフが強まるも、その後イタリア株が持ち直してことで、巻き戻しが優勢となった。

その他米長期金利が上げ渋ったこと、トランプ米大統領が
「金利についてそんなに急ぐ必要はないと考える」
と述べたことが、ドルの上値を抑えた。

ドル円は113.39から112.87まで売りに押され、ユーロドルは1.1432の安値から1.1503まで反発。
ポンドドルも
「欧州連合と英国のブレグジット交渉について、月曜日までに離脱条件が決まる可能性」
と一部報道が伝えられたことで1.3033から1.3150まで買い戻しが優勢となった。

一方クロス円ではユーロ円が130.23から129.34で上下。
ポンド円は147.36から148.76まで反発、オージー円が79.84の安値から80.30、NZD円が72.76から73.15まで反発し、カナダ円が87.45から87.01まで下落後反転的となった。

昨日のポジションはドル円の113.12の買いは利食いが遠く、113.199で決済。
ユーロドルの1.1475と1.1440の買いが約定。
1.1440は1.1490で利食いが成約。
1.1475の買いは1.14941で成行きで決済した。

従ってデイでは+0.859円、月間損益は+1.06円、累計損益は+34.30円となる。

本日の注目材料はこれだ!
15:45(仏)8月鉱工業生産指数[前月比](前回0.7%)
★★ 17:30(英)8月貿易収支(前回-99.73億ポンド)
★★★ 17:30(英)8月鉱工業生産指数[前月比](前回0.1%)
★★★ 17:30(英)8月製造業生産指数[前月比](前回-0.2%)
★★★ 17:30(英)8月月次GDP[前月比](前回0.3%予想0.2%)
20:00(米)MBA住宅ローン申請指数[前週比](前回0.0%)
★★★ 21:30(米)9月卸売物価指数[前月比](前回-0.1%予想0.2%)
★★★ 21:30(米)9月卸売物価指数[前年同月比](前回2.8%予想2.7%)
★★★ 21:30(米)9月卸売物価指数・コア指数[前月比](前回-0.1%予想0.2%)
★★★ 21:30(米)9月卸売物価指数・コア指数[前年同月比](前回2.3%予想2.6%)
★★ 21:30(加)8月住宅建設許可件数[前月比](前回-0.1%)
★★ 23:00(米)8月卸売在庫[前月比](前回0.6%(0.8%)
★★ 23:00(米)8月卸売売上高[前月比](前回0.0%)
01:15(米)エバンズ・シカゴ連銀総裁講演
★★ 02:00(米)3年物国債(360億ドル)、10年物国債(230億ドル)入札

今日の為替相場「ブレグジット絡みのニュースには注意」

今夜の注目はまず英国では8月貿易収支、8月鉱工業生産指数や製造業生産指数、今年からスタートした8月の月次GDPなど発表だが結果の強弱でポンド相場が一定の動きを示すとしても、マーケット市場の関心は10月を期限としたブレグジットの行方となっている。

ブレグジット絡みのニュースには引き続き注意しておきたい。

米国では9月卸売物価指数と卸売物価指数・コア指数、8月卸売在庫と卸売売上高が焦点。
強い内容が米国債の入札と絡めて、米長期金利を押し上げるか注目しておきたい。

またカナダでは8月住宅建設許可件数が公表されるが、強弱が見えても影響は限定される見通し。

その他ではイタリアの政局の行方、米中貿易戦争などとニュースと絡めて、株価の動向なども注目して対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=112.60~113.60
ポンド円=147.50~149.50

今日のデイ・トレード戦略「ドル円は113円台を挟む動き?ポンド円はブレグジット次第」

ドル円は調整も更なる展開となっていない。
今日も株価次第だが、基本揉み合いと見ておきたい。

上値は113.15-25が押さえると弱く、113.35-45を超えても113.55-60のそれ以前の安値。
113.65-75、113.85-95が押さえると弱い。

リスクは114.05-10を越え。
一方下値は112.85-95の維持では良いが、112.75-85を割れると112.65-75が視野となるが、維持では更に突っ込み売りは出来ない。
このリスクは112.50-60や112.35-45を割れ。

戦略は買いを112.90、112.70、112.55に指してストップを112.35とする。
売りは113.25、113.55、113.90に指して、ストップは114.10として利食いは昨日の反省やレンジ的で動きが鈍そうなので30BPとする。

ドル円4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ポンド円はなんだかんだ言っても、現状は147円から150円でのレンジの動きで、ブレグジットの方向感が見えるまでは、逆張りスタンス。

上値は148.75-80を越えて148.95-05、149.15-45が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。
149.45-55や149.65-75を越えて149.95-15が視野となるが上値抜けは不透明。
リスクは150.55-65や150.85-90超え。
下値は148.35-40の維持では強いが、割れると147.95-00、147.65-70、147.45-50が視野となる。
維持では良いが、リスクは147.35-40を維持出来ずに147.20-30や146.95-00を割れるケースとなる。

戦略は、売りを149.00、149.40、150.00に置いて、ストップを150.60とする。
買いは148.00、147.50において、ストップを146.95とする。
利食いは60BPとしておきたい。

ポンド円4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ポンド円4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)
(チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

作成時間2018年10月10日 09:30AM

それでは、今夜も「Good Deal!


新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4が使えるFX会社を徹底比較!5分でわかる!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  5. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました