FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

ドル円は想定外の動きに!本日NY市場は休場だが、注目指標が多く相場が荒れる可能性も?

ドル円は想定外の動きに!本日NY市場は休場だが、注目指標が多く相場が荒れる可能性も?

昨晩の海外市場は、株価下落からのリスク回避でドル・円買いが強まる

昨晩の海外市場は、一時欧州市場で進んだドル売りがNY市場に入って、米長短金利がフラット化した。

その結果、米景気減速感が高まりNYダウが800ドル超えの下落。 リスク回避のドル買いや円買いが強まった。

ただウイリアムズNY連銀総裁(ジョン・C・ウィリアムズ)
「米経済には来年も強い追い風が吹く」「政策金利の更なる漸進的な引き上げを予想」
と述べたことが、下値を支えた。

ユーロドルは欧州株の下落を受け、リパトリニーズから1.1419まで上昇後、1.1319まで下落。

ポンドドルは、EU司法裁判所法務官が
「英国には、EU離脱の決定を一方的に撤回できる権利がある」
との見解を示したことで、1.2840まで反発。

その後、英首相(テリーザ・メイ)の報道官が
「英政府は、離脱手続きを定めたEU基本条約50条の発動を撤回しない」
との見解を示したことで1.2660まで下落した。

またドル円は、日経平均先物や米長期金利の下落が続いたことで113円割れのストップをつけて112.58まで下落。

一方クロス円は、リスク回避の売りが強まった。
ユーロ円が127.63まで値を下げ、ポンド円が144.78を高値に142.86まで下落。
オージー円が82.57、NZD円が77.98、カナダ円が82.92まで売りに押された。

昨日の相場は思ったより荒れた展開となったが、どうにか生き残った。
ポンドドルの1.2770と1.2790の売りは1.28302でストップがヒットしたが、その後1.2840の売りが約定し、これはオーダー通り利食い

更にユーロドルの1.1365と1.1390の売りは、両方1.1340で決済してプラスを維持した。
デイでは、+0.971円、月間損益は+1.88円。
累計損益は+38.07円となる。

本日の注目材料はこれだ!
★★★米株式市場休場(ブッシュ元大統領の死去にともなう国民追悼の日)
★★★17:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
17:50 (仏) 11月サービス業PMI・改定値 (前回55.0 予想55.0)
★★17:55 (独) 11月サービス業PMI・改定値 (前回53.3 予想53.3)
★★18:00 (ユーロ圏) 11月サービス業PMI・改定値 (前回53.1 予想53.1)
★★★18:30 (英) 11月サービス業PMI (前回52.2 予想52.5)
★★18:30 (日) 黒田東彦日銀総裁講演
★★★19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前月比] (前回0.0% 予想)0.2%
★★★19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前年同月比] (前回0.8% 予想2.1%)
★★★22:15 (米) 11月ADP雇用統計 [前月比] (前回22.7万人 予想20.5万人)
★★22:30 (米) 第3四半期非農業部門労働生産性・改定値 [前期比] (前回2.2% 予想2.4%)
23:45 (米) 11月マークイット・サービス業PMI・改定値 (前回54.4)
23:45 (米) 11月マークイット総合PMI・改定値 (前回54.4)
★★★00:00 (加) カナダ銀行・政策金利公表 (現行1.75% 予想1.75%)
★★★00:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数 (前回60.3 予想59.3)
★★★00:15 (米) パウエルFRB議長・「経済見通しについて」議会証言(上下両院合同経済委員会)
★★00:30 (米) 週間原油在庫 (前回+357.7万バレル)
04:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

NY市場休場で動きが限定的に?参加者が減ることで相場が荒れる可能性も

昨晩は想定外に荒れた展開となりました。
今日は米国で、ブッシュ元大統領の死去に伴う国民追悼の日として、NY市場が休場に。
その面に関しては、動きが限定される可能性もあります。

しかし今日は材料の発表も多く、逆に参加者の減少から相場の動きが激しくなる可能性には注意しておきたい。
また米国の予定の一部が変更・延期される可能性があることは留意しておきたい。

経済指標としてユーロ圏では、各国の11月サービス業PMIの改定値や10月小売売上高が焦点。
弱い結果は一定の織り込みで、逆に強い数字の方がサプライズとなりそう。

米国では11月ADP雇用報告、第3四半期非農業部門労働生産性・改定値、11月マークイット・サービス業と総合PMIの改定値や11月ISM非製造業景況指数の発表が予定されている。

直近では、来年以降の米経済の減速懸念が高まっているが、良好な結果が安心感に繋がるかどうかに注目したい。

カナダは、カナダ中銀から政策金利が公表される予定。
一応据え置きが想定されており、予想通りなら影響は少ないが、声明の内容次第でカナダドル相場に動きが出る可能性に注意しておきたい。

要人発言では、世界的な株価下落からのハト派的発言が出そう

要人発言として注目したいのはドラギECB総裁(マリオ・ドラギ)ラウテンシュレーガーECB専務理事(サビーヌ・ラウテンシュレーガー)の講演。
株価の下落などもあって、ハト派的な発言が出易そう。

黒田日銀総裁(黒田 東彦)の発言は影響が少なそうだが、パウエルFRB議長(ジェローム・パウエル)の発言には注意。
経済見通しについて米上下両院合同経済委員で議会証言をする予定で最悪、中止になる可能性もある。

実施された場合は、パウエルFRB議長が、
「直近政策金利が中立金利に近づいている」
と発言したことが相場に影響を与えているため、同じような発言が繰り返されるか、または発言が市場に影響を与えたことを気にして、否定的な発言となるか注目して対応したい。

一方NY午後の米週間原油在庫では、在庫の減少が原油相場を支えるか注目。
米地区連銀経済報告は市場の関心度が落ちているので、もし米景気の減速懸念などが示された場合、相場が反応を示す可能性に留意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=112.20~113.30
ユーロドル=1.1290~1.1390

今日のデイ・トレード戦略「ドル円は売り戦略を立て、ユーロドルは逆張り!」

ドル円は動かないと見るも、想定外の動きとなった。
これで戻りは売り戦略がはっきりとしそうだ。

上値は112.85-90が押さえると弱く、113.00-10を越えても113.10-20から113.25-30の窓のCapでは上昇もおぼつかず、113.35-40を越えて、113.50-60が視野となるが売りが出易い。

リスクは113.65-75や113.75-85越え。

一方下値は112.65-70の維持では良いが、112.55-60を割れると112.45-55まで視野となる。
更に突っ込み売りは出来ないが、112.25-35を割れると112.10-20、111.95-05まで視野となる。

また維持できない場合111.85-90、111.75-80,111.65-70、111.45-55まで視野となる。
リスクは111.30-40や111.10-20を割れるケース。

戦略は売りを112.95、113.15、113.30、113.50に置いて、ストップを113.80とする。
買いは深めに置いて、112.15、112.00、111.80、111.60に置いてストップを111.20としたい。
利食いは一応動きが激しくなるか分からないが、50BPとして後は臨機応変に対応する予定。

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円60分足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ユーロドルは揉み合い気味。
年末を控え、レパトリ(レパトリエーション)もあり、日替わり相場なのは注意しておきたい。
慎重な逆張りで臨みたい。

上値は1.1355-65が押さえる弱く、超えても1.1380-90、1.1395-00、1.1405-15では売りが出易い。
1.1415-25や1.1425-35を越えても1.1440-50の上抜けは不透明。
リスクは、1.1470-80越え。

一方下値は1.1335-40の維持では良いが、1.1315-25や1.1305-15を割れると1.1295-00、1.1285-95が視野となる。
維持では更に突っ込み売りは出来ないが、1.1260-70を割れると1.1245-55、1.1235-40が視野となる。
このリスクは1.1215-25割れ。

戦略は売りを1.1380、1.1400に置いて、ストップを1.1430とする。
買いは1.1300、1.1285に置いて、ストップを1.1260とする。
利食いは50BPとしておく。

ユーロドル2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ユーロドル2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX会社を特徴・目的別に比較, システムトレード(自動売買)

    シストレ(自動売買)が使えるFX業者を徹底比較【初心者向け】
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    予算5,000円でスタート!少額トレードOKの初心者向けFX業者や取引方法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

FXトレーダーの実践ブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

最もアクセスが多い人気ページ

メニュー