FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

揉み合いが続く為替相場は週末のポジション調整で反動的な動きに注意

揉み合いが続く相場は週末のポジション調整で反動的な動きに注意

全体的に下落傾向でリスク回避的展開となった昨晩の海外市場

昨晩の海外市場はドルの買い戻しが優勢となった。

クドローNEC委員長(ラリー・クドロー)
米中通商協議で両国にはまだかなりの距離がある」
との発言と、CNBCが
トランプ大統領は交渉期限の3月1日までに習近平中国国家主席と会談しない可能性が高い」
と報じたことを嫌気して、NYダウが370ドル超えの下落。

リスク回避的な展開となった。

ドル円は、110.09まで上昇後109.61まで下落。
ユーロドルは伊政権(イタリア政権)によるフランスへの非難や挑発的言動を受けて、イタリア駐在大使の召還を決定したことなどから1.1325まで売りに押された。

ポンドドルは英中銀の四半期インフレ・リポートにおいて、今年のGDP見通しを大幅に下方修正したことや、
「今後3年間で1回の利上げが基本となる」
とのハト派的な見解を示したことで売りが強まり1.2854まで下落。

その後カーニー英中銀総裁(マーク・カーニー)
「国内のファンダメンタルズは健全」
との発言と、メイ英首相(テリーザ・メイ)ユンケル欧州委員長(ジャン=クロード・ユンケル)の会談でEU側が
「忍耐を要したが、建設的だった」
との声明を発表したことにより2月末までに再び会談を行う予定であることが明らかになり、1.2997まで値を回復した。

クロス円ではユーロ円が124.35まで下落。
ポンド円は141.14まで下落後142.65まで反発し、オージー円が78.15から77.76まで売りに押された。
NZD円は74.34から74.10で上下、カナダ円は83.15から82.39まで売りに押された。

昨日のポジションはポンドドルの1.2860の買いに1.2960の利食い約定

更に1.2970の売りが約定したがこれは早々と1.29644で止め、デイでは「+1.158円」従って月間損益は「▲0.80円」年間累計損益は「+1.43円」となる。
(でも、まだマイナス!!)

本日の注目材料はこれだ!
中国市場休場(春節)
14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査・現状判断DI (前回48.0 予想48.3)
14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI (前回48.5 予想48.1)
15:45 (スイス) 1月失業率 (前回2.7% 予想2.7%)
★★16:00 (独) 12月貿易収支 (前回205億ユーロ(204億ユーロ) 予想165億ユーロ)
★★16:00 (独) 12月経常収支 (前回214億ユーロ 予想233億ユーロ)
16:45 (仏) 12月鉱工業生産指数 [前月比] (前回-1.3% 予想0.6%)
★★★22:15 (加) 1月住宅着工件数 (前回21.34万件 予想20.50万件)
★★★22:30 (加) 1月新規雇用者数 (前回0.93万人(0.78万人) 予想0.80万人)
★★★22:30 (加) 1月失業率 (前回5.6% 予想5.7%)
米企業決算:フィリップ・モリス、エクセロン、PG&E、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー、ハズブロ

カナダ雇用統計と週末ポジション調整の動きに注意

今週は若干揉み合い気味の展開が続いているが、今日はカナダを除いてあまり大きな材料はない。
週末のポジション調整の動きが中心となりそう。

経済指標としては日本の1月景気ウォッチャー調査、スイス1月失業率、独12月貿易収支経常収支仏12月鉱工業生産指数などがあるが、影響は少ない。

注目はカナダの1月住宅着工件数や雇用統計
結果の強弱次第だが、寒波の影響や米国の政府機関の一部閉鎖がカナダにも悪影響を与えている可能性に注意しておきたい。

その他では米中通商交渉の行方、株価も引き続き注目だが週末ということもあり、今週の動きに調整的な反動の動きには注意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=109.20~110.10
ポンドドル=1.2850~1.3050

揉み合いが続くドル円は売り狙い、ポンドドルは戻り売り狙い

ドル円は揉み合いが続いているが、昨日から日足のの上限が110.10前後で横ばいとなっている。
こういった位置が押さえ続けるなら、下値リスクとなりそうか?
慎重に売りを狙ってみたい。

上値は109.85-95が押さえると弱い。
110.05-10や110.15-20を越えて110.25-35、110.45-55を越えて110.65-75、110.75-85、110.95-05が視野となるが売りが出易い。
リスクは111.05-15超え。

一方下値は109.65-75の維持では良いが、109.50-60を維持出来ずに109.35-45を割れると109.10-20、108.95-00、108.80-90が視野となる。
リスクは108.70-80割れ。

戦略は売りを109.90、110.05、110.30、110.45に置いてストップを111.15とする。
買いは109.20、108.90に置いてストップを108.50として利食いは50BPとする。
負けているので利食いを優先したい。

ドル円日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円日足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ポンドドルは案外反発したが、次の会合でもうまく行く気がしない。
引き続き慎重に戻り売りを狙いたい。

上値は1.2965-85が押さえると弱い。
1.2995-05を越えて1.3010-30が視野となるが、上抜けは不透明。
1.3045-55を超えて1.3065-70、1.3085-90が視野となるが売りが出易い。
1.3095-05越えて1.3115-25、1.3135-40が視野となる。
リスクは1.3155-65超え。

下値は1.2935-45の維持では良いが、割れると1.2915-20、1.2885-95が視野となる。
維持では更に突っ込み売りは出来ない。
リスクは1.2845-55や1.2825-35割れで、その場合1.2795-05、1.2745-55までポイントが薄くなる。

戦略は売りを1.2970、1.3020、1.3065、1.3090に置いてストップを1.3160とする。
買いは1.2920、1.2885に置いてストップを1.2825とする。
利食いは一応100BPとするが臨機応変にする。

ポンドドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ポンドドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

それでは、今夜も「Good Deal!

だいまん(元外銀ディーラー)のプロフィール

だいまん
文 一雄(通称:だいまん)
アジア系外銀にて外国為替の貿易事務、マネー、債券、為替ディーラーを歴任。
ディーリング及び決済関連業務に精通し、2002年に20年間勤務した同銀行を退職。
銀行在籍時より運営していた外国為替予想サイト「円を救え」やインターネット・ラジオをベースに、個人のFX取引を支援するために、リポート配信やセミナー活動を続ける。
著書「外貨建て投資入門&実践ガイド」「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  2. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    損失500万円!FXで損切をしなかった失敗談とすぐ出来る対処策
  5. FX会社を特徴・目的別に比較, システムトレード(自動売買)

    シストレ(自動売買)が使えるFX業者を徹底比較【初心者向け】

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ だいまん YEN蔵

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました