FX会社を特徴・目的別に比較一覧ページへ

特に材料もないのにドル円の反発はなぜ?あくまでショートカバーか

特に材料もないのにドル円の反発はなぜ?あくまでショートカバーか

米経済指標が良好でも様子見ムードが強い海外市場

昨晩の海外市場は米3月卸売物価指数が概ね良好な内容となり、加えて週刊新規失業保険申請件数が50年ぶりの水準まで改善されたことでドルの巻き戻しが優勢となったが、ただ総じて様子見ムードの強い展開が続いた。

ドル円は111.70まで反発。 ユーロドルが1.1287から1.1250まで下落。 ポンドドルも1.3110から1.3052までじり安となった。

なおEU臨時首脳会合では英国のEU離脱期限に関して10月末まで延期することを認めたが、英議会がこれを受け入れるかは不透明で相場の買い戻しにはつながっていない。

クロス円ではユーロ円が125.72、ポンド円145.97まで反発。 オージー円は79.65から79.44、NZD円が75.17から74.90の狭いレンジで上下。 カナダ円は83.10から83.52まで反発した。

前日(4/11)のポジション&損益

昨晩のポジションはドル円の111.15の売りを111.111、更に111.45の売りを111.437の微益でやめており、デイでは+0.52円。 従って月間損益は+2.34円、年間累計損益は+11.01円となる。

損益比較 前日 本日
デイリー損益 +0.445円 +0.52円
月間損益 +2.29円 +2.34円
年間累計損益 +10.95円 +11.01円

今日のだいまん氏の“ぼやき"

昨日は想定外に円安。 あまりやる気がなかったので、早々と決済したのが功を奏したが、しかし買うよねぇ。。。不思議。

本日の注目材料はこれだ!
★★ 15:00(独)3月卸売物価指数[前月比](前回0.3%) 16:00(スペイン)3月消費者物価指数[前年比](前回1.3%予想1.3%) ★★★ 18:00(ユーロ圏)2月鉱工業生産[前月比](前回1.4%予想-0.6%) ★★★ 18:00(ユーロ圏)2月鉱工業生産[前年同月比](前回-1.1%予想-1.0%) ★★ 21:30(米)3月輸入物価指数[前月比](前回0.6%予想0.4%) ★★ 21:30(米)3月輸出物価指数[前月比](前回0.6%予想0.2%) ★★★ 23:00(米)4月ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(前回98.4予想98.0) G20財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン) ★★★ 英国・EU離脱期限 世銀・IMF春季会合、 ★★★ 米企業決算:JPモルガン・チェース、ウェルズ・ファーゴ、ピーエヌシーFSG

ユーロ圏指標は弱い結果がリスクに?

今夜の材料としては独3月卸売物価指数、スペイン3月消費者物価指数、ユーロ圏2月鉱工業生産と結果次第も、引き続きユーロ圏の指標は弱い結果がリスクとなりそう。

米国では3月輸入・輸出物価指数と4月ミシガン大学消費者信頼感指数の速報値が焦点。 ただ直近の米経済指標は強弱が入り混じっており、結果次第で相場が一定の動きを示してもFOMCでの利上げ停止姿勢は変わらないだろうから、大きな動きには繋がり難そう。

その他では本日の英国の離脱期限に関しては、EU臨時首脳会合が10月末まで延期を認めたが、英議会がこれを受け入れるかは不透明。 もし英議会がこれに反発するなら、ハードブレグジットに対する懸念が高まるので注意しておきたい。

また、G20財務相・中央銀行総裁会議や世銀・IMF春季会合からは、いろいろ要人発言が出ているが、相場への影響は見えていない。 今夜も特別なことはなさそう。 ただ週末なので米企業決算に絡めた株価、ドルのポジション調整の動きには注意しておきたい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=110.95~111.95
ユーロドル=1.2950~1.3150

今日の戦略「ドルは戻り売り狙い、ポンドドルも売り目線」

ドルは想定外に反発も、やはり戻り売りを狙いたい。 上値は111.85-95を超えても、111.95-05の上抜けは不透明で、あくまで112.05-15を越えて112.25-30、112.35-40、112.45-55が順次視野となるが売りが出易い。

下値は111.45-55の維持では強いが、割れると111.25-35、111.15-25、110.95-05が視野となる。 維持では堅調が続くが、110.85-90や110.75-85を割れると110.55-65、110.45-55、110.25-30、110.15-25が順次視野となる。 リスクは109.95-05や109.65-75割れ。

戦略は既に111.67で1単位売っており、更に111.80、112.00に売りを置いてストップを112.15とする。 買いは111.30と111.00に置いてストップを110.85とする。 利食いは30BPとする。

ドル円2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ドル円2時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

ポンドドルはEUの延長承認も英議会の反応次第で荒れそうだ。 ただ混迷が続く可能性からは売り目線で。

上値は1.3085-90、1.3095-00が抑えると弱い。 1.3105-10や1.3115-25を超えて1.3130-50、1.3160-70が視野となるが押さえると上値追い出来ない。 リスクは1.3190-00越え。

下値は1.3040-50の維持では良いが、1.3025-35を割れると1.3015-25、1.2995-05が視野となるが維持では更に突っ込み売りは出来ないが、1.2985-90を維持出来ずに1.2975-80や1.2955-65を割れると相場は崩れる。

戦略は売りを1.3085に置いてストップは1.3125の倍返し。 倍返しのストップは1.3175として更に1.3150、1.3180に売りを指してストップを1.3205とする。

買いは1.3005に置いてストップを1.2985、更に1.2955と1.2905に置いてストップを1.2885とする。 利食いは一応大きめの80BPとしたい。

ポンドドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより)

ポンドドル4時間足チャート相場(GMOクリック証券FXネオより) (チャート:GMOクリック証券 FXネオより)

作成時間2019年04月12日 10:00AM

それでは、今夜も「Good Deal!

だいまん(元外銀ディーラー)のプロフィール

だいまん
文 一雄(通称:だいまん)
アジア系外銀にて外国為替の貿易事務、マネー、債券、為替ディーラーを歴任。
ディーリング及び決済関連業務に精通し、2002年に20年間勤務した同銀行を退職。
銀行在籍時より運営していた外国為替予想サイト「円を救え」やインターネット・ラジオをベースに、個人のFX取引を支援するために、リポート配信やセミナー活動を続ける。
著書「外貨建て投資入門&実践ガイド」「あなたのお金を10倍にする外貨投資術」
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  2. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    損失500万円!FXで損切をしなかった失敗談とすぐ出来る対処策
  5. FX会社を特徴・目的別に比較, システムトレード(自動売買)

    シストレ(自動売買)が使えるFX業者を徹底比較【初心者向け】

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ だいまん YEN蔵

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました