為替相場(為替レート)の正しい見方とは?為替レートが見やすいFX口座比較

為替レートの正しい見方とは?為替レートが見やすいFX口座比較

FXをはじめたばかりの頃は、そもそも為替相場とは一体何なのか。
あるいはなぜ為替レートは動くのかといった素朴な疑問を抱いている方も多いことでしょう。

このページでは、為替相場が動く仕組みの話から、為替相場がどうなったら取引すべきなのか、そして最後に為替レートが見やすかったり、使いやすいチャートなどを提供しているFX会社を紹介します。

為替相場の見かたとは?

テレビのニュースなどで、
「現在の外国為替市場は1ドル=107円80~90銭で取引されています…」
という報道を聞いたことはないでしょうか。

これは現在、1ドルが107円80から107円90銭の価格で取引されている、という意味ではありません。

これが意味しているところは、現在のドル円の売値が107円80銭で、買値が107円90銭で取引されているということです。

つまり、ドル円相場での取引で、売りを入れる場合は1ドル当たり107円80銭で売ることができる一方、買いを入れる場合は107円90銭で買うことを示しています。

為替相場の見かた

また 「前日比60銭の円高ドル安で、1ドル=107円80~90銭で取引を終えました」
という報道もあります。

これは情報が配信された日の前日の終値と、当日の終値を比較している、という意味があり、頻繁にこの「前日比」という言葉が出てきます。

この言葉を聞いて、為替は週末を除いて24時間動いているのに、終値を報道する意味があるのかと思われる方もいるかもしれません。

しかし、終値は相場の勢いや明日以降の相場の行方や方向感を探る上で大変重要な情報で、ある意味では始値以上に注目されます。
そのため前日比の情報を報道することでその日の相場観を伝える狙いがあります。

為替が動く仕組みとは?

次に為替市場で為替が動く仕組みを解説していきます。
為替レートとは、そもそも異なる2国の通貨で構成される通貨ペア間の交換レートのことを示しています。

そしてこの「為替レート」は、2国間の需要と供給の関係で値動きが決まります。

つまり、経済力や金利の高さといった経済的な要因や地政学上の理由など「様々な要因」により、両国の力関係が決まります。
従って、その時々で力の強い国の通貨が買われ、弱い国が売られるという関係になります。

国同士の戦いイメージ

この受給関係に大きな影響を与えている「様々な要因」は「ファンダメンタルズ」と呼ばれ、通貨ペアによっても異なりますが、実に多くの要因が挙げられています。
代表的なファンダメンタルズは景気動向、政策金利、物価、雇用、国際収支、金融当局による為替介入などがあります。

従って、為替が動く仕組みを理解するには、ある程度の経済的な知識が必要です。

代表的なファンダメンタルズの中でも、特に景気動向と政策金利は通貨間の受給を決める大きな要因となり、比較的長い期間で為替動向を決める要因となることが多いです。

景気が良い国の通貨は、株価や政策金利上昇への期待感から買われ、上がりやすくなります。

一方、景気の悪い国の通貨は反対の意味合いから資金が逃げ、結果的に下がりやすくなります。

政策金利については、基本的に世界の資金の流れは低金利通貨から高金利通貨へと流れます。

よって、物価や景気が上向いている国の通貨は政策金利情報への期待感などから買われやすくなります。

世界の高金利通貨と取り扱いがあるFX業者を紹介

トルコリラ
トルコリラ 政策金利:24.00%(2018年10月時点)
中東を代表する高金利国で、FX業界でも高金利通貨として有名です。
トルコリラを取り扱う国内FX業者も多く、主にはスワップポイントでのトレードを行う投資家に人気の通貨です。
他の高金利通貨と比較してもずば抜けて金利が高いため、得られる利益も大きいですが、その分損失も大きくなるので注意が必要です。
GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ) トルコリラ/円のスプレッドが狭い!
GMOクリック証券(FXネオ)ではトルコリラの取り扱いがあります。
トルコリラ/円のスプレッドは1.9銭(※原則固定の適用対象外)で、スワップ金利は61円です。
はじめてのFX取引でも人気があるFX業者なので、トルコリラでの取引をしたいFX初心者にもおすすめです。
メキシコペソ
メキシコペソ 政策金利:7.50%(2018年10月時点)
メキシコはブラジル、アルゼンチンなどと同じ中南米を代表する新興国のひとつで、メキシコペソは高金利通貨です。
為替レートが一桁台ということもあり、少額からの投資がしやすいと言われています。
国内FX業者でもメキシコペソを取り扱う業者が増えており、注目度が高い高金利通貨でしょう。
ヒロセ通商(LION FX)
ヒロセ通商(LION FX) メキシコペソをはじめ高金利通貨の取り扱いが多い!
ヒロセ通商(LION FX)でのメキシコペソ/円のスプレッドは0.4銭※原則固定(例外あり)で、スワップ金利は業界最高水準の120円※です。
貰えるスワップの金額が他社と比較してケタ違いなので、それ目当てにヒロセ通商(LION FX)で口座開設する人もいるようです。
※単位:10Lot(100,000通貨)あたり。
スワップポイントは政策金利や為替変動等によって日々変動します。
また、プラス(受け取り)からマイナス(支払い)に転じる場合もあります。
南アフリカランド
南アフリカランド 政策金利:6.50%(2018年10月時点)
南アフリカランドはアフリカ大陸の中でも優良国と言われている国です。 金利だけを比較するとトルコリラやメキシコペソより低いですが、取扱業者も多くスワップ金利をたくさんもらえるため、日本人の投資家にも非常に人気が高い通貨です。
マネーパートナーズ(パートナーズFX)
マネーパートナーズ(パートナーズFX) 為替レートが見やすく使い勝手が良いと評判!
マネーパートナーズ(パートナーズFX)での南アフリカランドのスプレッドは、1.9銭(原則固定)で、スワップ金利は18円です。
マネーパートナーズ(パートナーズFX)は100通貨単位からの取引が出来るので、出来るだけリスクを少なく・低予算から取引したい方にもおすすめです。

為替を動かす要因は景気や金利以外にもある

景気や金利ほどではなくても、他の要因でも為替を大きく動かすことがあります。
特に金融当局による為替介入などが起これば、一時的に急激な上昇ないし下落を相場にもたらします。

為替介入は過度な通貨高や通貨安を是正するために金融当局が行うもので、日本の場合はこれだけ海外進出している中でも、貿易に依存する国であるため、特に輸出企業を守るためにも円高を正す政策があります。

日銀(日本銀行)が為替介入する場合は数兆円もの規模になり、為替相場に大きな影響を与えます。

また、需給関係以外にも為替相場を動かす要因があります。
それはテクニカル的な要因や地政学上の要因、さらに投機的な要因などが挙げられます。

テクニカル的な要因として代表的なものとして、日本では「レジサポ」などと略称で呼ばれることが多い「レジスタンスライン(抵抗線)」と「サポートライン(支持線)」があります。

このレジスタンスラインとサポートラインは、そのラインを上抜け、または下抜けするかを市場関係者が常に注目しており、一度ラインを抜けると抜けた方向に急激に動く性質があります。

さらに数字がゼロという切りのいい数字となる「ラウンド・ナンバー」も為替値動きに影響を与えます。

107円00銭や1.20000といった為替レート付近では、売りと買いの攻防が頻繁に見られ、抜けた方向に大きく動くことがあります。

その他にもヘッジファンド機関投資家といった投機筋(とうきすじ)からの短期的な仕掛けやテロや戦争といった地政学リスクも、為替レートを動かす大きな要因となります。

FX初心者が取引しやすい相場とは?

為替相場を動かしている要因を紹介したところで、その相場において初心者の方が取引しやすい場面について触れてみます。

基本的に初心者の方に限りませんが、特別なことは必要ありません。

いわゆる「トレンド相場」と呼ばれ、相場が一本調子で上がったり、下がったりする場面において、そのトレンドに逆らわない「順張りトレード」が最も有効かつわかりやすい取引手法でしょう。

基本的に為替相場では、機関投資家などの大口の投資家達によって構築された相場展開に、個人投資家は逆らわずについていくのが最も低リスクなトレード方法と言われています。

トレンド相場に乗った上での順張りトレードを行うには、売買のきっかけとなる「トレンド転換点(節目)」を見つける必要があります。
このトレンド転換点は、上昇あるいは下落トレンドを構築してきた流れが完全にひっくり返って、その逆方向に向かう際のきっかけとなる値動きのことです。

トレンド転換点(節目)

このトレンド転換点を見極める方法としては「レジスタンスライン(抵抗線)」と「サポートライン(支持線)」のブレイクアウトや「トレンドライン」や「ネックライン」のブレイクアウトを狙った手法が効果的でしょう。

さらに相場を形成する上で「ダウ理論」を理解し、今の相場がどの状態なのか、あるいは本当に転換点なのかを理解することも重要です。

また、テクニカル分析を利用したトレード方法として、トレンド系テクニカル指標の中で最も有名なツールである「移動平均線」や移動平均線に統計を加えたテクニカル指標である「ボリンジャーバンド」。

さらに日本で開発され、今や世界中のFXトレーダー間で使用されている相場分析手法「一目均衡表」などを用いたものがあります。

FXに慣れてきたら、徐々に併用してみるのもおススメです。
しかし、究極を言えば上記のレジサポトレードを基本とし、ロウソク足の足型を分析するだけでもトレードの精度を高めながら、それなりの成果を出し続けることは可能でしょう。

為替レートが見やすいFX口座の特徴を比較

為替取引に慣れてくると、為替レートの見やすいチャートを採用しているFX会社かどうかが気になります。
使いにくいチャートは心理的にいいものではありませんし、切迫した相場展開では一瞬の操作ミスなどでパフォーマンスにも悪影響を与えかねません。

そこで為替レートやチャートが見やすいFX会社をご紹介します。

為替レートが見やすい!当サイトおすすめFX口座

GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ) 為替レートが見やすく使い勝手が良いと評判!
見やすくて使い勝手の良いと評判のFX会社に「GMOクリック証券」がよく取り上げられます。
「はっちゅう君FXプラスは」は、コンパクトなチャート上に必要な情報がコンパクトにまとまっており、為替レートがとても見やすいという評判です。
スピード発注も容易にしてくれ特に操作に慣れていない初心者でもすぐに使えるようになります。
また、「プラチナチャートプラス」もレートが見やすく、さらに移動平均線、ボリンジャーバ ンド、など、実に38種類ものテクニカル指標を取り揃えており、多彩な分析手法を可能にしてくれます。
ヒロセ通商(LION FX)
ヒロセ通商(LION FX) 取扱通貨数が多く、各通貨のリアルタイムレートが見られます!
自分が見やすいように、管理画面を多彩にカスタマイズできる点がとても好評です。
チャート専用ツールとして、ぱっと見テクニカルやボラティリティ表などツールの種類も豊富な上、PCだけでなくアプリも充実しています。
マネーパートナーズ(パートナーズFX)
マネーパートナーズ(パートナーズFX) 100%信託保全で信頼・安全性は抜群!
マネーパートナーズ(パートナーズFX)は南アフリカランドなど高金利通貨の取り扱いもあるFX業者です。
管理画面はデザイン性に優れており、とても見やすい上スタイリッシュなのでそれが好きというファンも多いとか。
約定力も高いので、狙ったレートで約定できる点も、人気の理由のようです。

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました