予算10万円から無理なくFXを始める方法と基本のトレード法を紹介

予算10万円から無理なくFXを始める方法と基本のトレード法を紹介

このページでは、初心者が予算10万円から無理なくFX取引を始める方法を紹介します。
さらにFX初心者が最初に参考にして欲しい基本トレードや、稼ぐための方法についてイメージが掴みやすい例題も載せていきます。

最後に少額トレードに最適なFX会社も記載していますので、小額でのFXトレードに挑戦しようと考えている方は参考にして下さい。

最初のトレードで必要な実質資金

冒頭で10万円以内の予算でFXを始められる方法とお伝えしましたが、10万円以内でも初めてにしては金額が大きすぎると考えた方もいるかもしれません。

そこで最初にトレードする上で必要な最低資金(FXトレードでは「証拠金」と呼びます)とはいくらぐらいか見ていましょう。

1,000通貨単位のトレードとレバレッジ25倍がポイント

最低資金でFXを始めたい方には「1,000通貨単位のトレード」がおすすめです。

実はFX会社によってトレードする場合の最低単位はまちまちです。
通常は1万通貨単位という場合が多いのですが、中には1,000通貨単位でのトレードを行うことができる会社もあります。

例えば、日本人にとって最も馴染みがある「米ドル/円」という通貨ペアを、1,000通貨単位でトレードする場合を考えてみます。
必要最低限の資金である「証拠金」はいくらになるのか、以下の例を見てください。

【米ドル円の例(1ドル=100円の場合)】
①トレードしたい通貨単位1,000でいくらの証拠金が必要か?

〔1,000通貨単位〕ドル ×〔100〕円=100,000円

いきなり、必要証拠金が10万円と出ました。
やはり、最低でも10万円は覚悟しなければならないのでしょうか。

実はFXには資金を効率よく使える仕組みがあります。
それが「レバレッジ」です。

レバレッジとは実際の証拠金の数倍の金額でトレードできる仕組みのことです。
日本では個人のトレードに対して最大で25倍までのレバレッジが認められています。

ですから、先ほどの計算式にレバレッジ25倍を掛けるとどれくらいで収まるのかの計算式が以下のものです。

②レバレッジ25倍の場合、いくら必要か?
①で出た金額 〔100,000〕/希望のレバレッジ〔25倍〕=4,000円

つまり、最大レバレッジの25倍で1,000通貨トレードの場合、ドル円トレードで必要な最低証拠金はたったの4,000円で済みます。

4,000円の証拠金をFX会社に入金すれば、最大10万円分のトレードが出来るということです。

実際のFXトレードで必要な資金はいくら?

数値の上では4,000円でもトレードできますが、実際は少しリスクがあります。
それは4,000円というトレード可能なギリギリの金額しか入金せずにトレードすると、証拠金維持率が100%になってしまうことです。

100%という証拠金維持率は、それを割り込んでしまった場合、「強制ロスカット(強制的な損切り)」の水域に近づくことを意味しています。

通貨ペアの中で比較的安定している「ドル円」ですが、一日で1円以上の値が動くことは珍しくありません。
そんな状態で大きく相場が動いてマイナスになるとあっという間に証拠金率が100%を割ってしまい、最悪の場合FX会社から強制ロスカット(強制的な損切り)にさせられてしまいます。

強制ロスカットになるとその途端にそれ以上のトレードができなくなり、追加資金を入れなければそのまま退場になってしまいます。
ですから、トレードを始めてから損失になってもある程度まで持ちこたえられるように証拠金率は少なくとも200%は保っていたいところです。

先ほどの4,000円の例で言うなら8,000円以上は欲しいところです。
ですからちょうど切の良いところで「1万円」がおすすめの必要資金(証拠金)と言えます。

次にFXトレードをするために必要な「スプレッド」と呼ばれる手数料についてお伝えしていきます。
スプレッドとは「売値と買値の差」のことで、FX会社に払う実質的な手数料です。
1回のトレードごとに必ず発生します。

例えば、米ドル円が「スプレッド0.3銭」のFX会社の場合、その意味は「3円の1,000分の1」のことです。
この場合1,000通貨単位でトレードすれば「3円」が、10,000通貨単位なら「30円」がスプレッドになります。

FX会社のトレード画面上でスプレッドは「売値:110.370」「買値:110.373」などとも表示されています。

DMM FXのストリーミング(USD/JPY) DMM.com証券(DMM FX)の管理画面より

このスプレッドは、先ほどの例であげた米ドル円を売りでも買いでも1回トレードすると、スプレッドの分だけマイナスとなってトレードが始まります。

このスプレッドはポジションを持った瞬間にすでに払う手数料となるのです。

FX初心者向け基本トレード法と利益を得るまでの流れ

少額トレードの考え方やスプレッドのことがわかったところで、実際のトレードについて見ていきましょう。

ここでは1,000通貨単位で米ドル円を買い、その日のうちに決済(売り)する例を見ていきます。

A男さんはFX初心者でFX会社に今1万円を入金しています。
今日は米ドル円(ドル円)を午前9時に113.10円で1,000通貨の買いを入れました。
A男さんが利用しているFX会社のスプレッドは0.3銭です。

買いを入れた理由は日本時間で今朝方までのニューヨーク市場がダウもS&Pも急上昇したまま勢いを残して終えたというポジティブな要因があり、今日は日経平均もドル円もその流れを引き継いで上昇すると考えたからです。

そして、A男さんの読みの通り、ドル円は順調に上昇して114円を突破し、午後5時にその週の高値である114.10を少し上回りました。
A男さんはそこでいったん止まるだろうと考え、利食いのために反対の売りを入れてそのポジションを決済しました。

A男さんのトレードをまとめると以下の通りです。

ドル円のスプレッド(手数料)0.3銭のFX会社でトレードした場合

午前9時トレード開始:113.10円で米ドル円の買い
午後5時決済:114.10円で米ドル円の売り決済

利益はどれくらい?
1円(114.10円 - 113.10円)の利益獲得!!

実際の利益=997円(利益1円×1,000通貨-スプレッド3円※)
※スプレッド3円=0.3銭÷100円×1,000通貨

A男さんは1,000通貨トレードなので、1円×1,000通貨=1,000円の利益を得ました。

しかし、実際には買いを入れた時点でFX会社へのスプレッドを払っているので、997円(1,000円 - スプレッド3円分)がこの日に儲けた利益になります。

A男さんの証拠金はトレード開始前の1万円に今日得た利益分(997円)が加わり、合計10,997円になりました。

スワップポイント目的のトレード手法と必要予算

FXで稼ぐ方法は「安く買って高く売る」あるいは「高く売って安く買い戻す」のいずれかのトレードから得られる「為替差益」が主流です。

しかし実はFXにはもう一つ利益が得られる方法があります。
それがこれからご紹介する「スワップポイント」によって稼ぐ方法です。

スワップポイントの概要とトレード

スワップポイントとは、2つの通貨の間で生まれる金利差のことです。

各国にはそれぞれ異なる政策金利というものがあり、高い金利の国もあれば低い金利の国もあります。
高金利の国の通貨を買って、低金利の通貨を売ると、その金利差分がスワップポイントとなり毎日FX会社から利益として受け取れるのです。

仮にA国の通貨金利が4.0%、B国が1.0%だとすると、A通貨を買ってB通貨を売り、そのポジションを持ち続けている限り、毎日3.0%分の金利差を受け取れます。

スワップポイント狙いのトレードなら、毎日FXチャートを見てトレードしなくてもその通貨ペアを持ち続けるだけで利益が入ってくるということになります。

上記の通貨ペアを具体例で見ていくことにしましょう。
この例としては豪ドル/円という通貨ペアの買いポジションを保有することで金利差1.40%を毎日得ることができます。

オーストラリアドルの現在の政策金利が1.50%であるのに対し、日本円は0.10%の金利です。
つまり、両者の金利差である1.40%がスワップポイントになるわけです。

このように高金利通貨を買って低金利通貨を売り、そのポジション保有からスワップポイントが毎日受け取れることがわかりましたが、このようなトレード手法には注意点があります。

それは高金利通貨の多くがボラティリティと呼ばれる相場変動のリスクが高い傾向にあるからです。

高金利通貨の代表格はすでにご紹介したオーストラリアドルですが、他にも南アフリカランド、トルコリラ、最近ではメキシコペソなどのトレードがあります。

しかし、オーストラリアドルなど先進国通貨を除いて高金利通貨の多くが経済的にも政治的にも不安定な国の通貨です。
そのように国の信用力が低い国の通貨の場合、金利を高くしないと誰にも買ってもらえないがために政策的に高金利にしているのです。

ですからひとたびマーケットでそのような国に関する不安材料となるトピックが出てくれば、一気に売られて大暴落するリスクが高いとも言えるのです。

そのような大暴落が起これば、それまで日々スワップとして受け取ってきた利益を一瞬で吹き飛ばすほどの損失が発生する可能性があります。

スワップポイント狙いのトレードでは「ほったらかし」はNGであることを覚えておきましょう。
一度購入しても定期的にチャートを見て、その時々の値動きに注意を払う必要があります。

スワップトレードの例と利益を得るまでの流れ

スワップポイントで稼ぐ方法がわかったところで実際の例でその仕組みを確認してみましょう。

A男さんは豪ドル円トレードをするために1万豪ドルの買いを入れて6か月間、保有しました。
FX会社が提示するスワップポイントは1日あたり33円でした。

期間 計算式 スワップポイント
1カ月目 33円×30日 990円分
2カ月目 33円×30日 990円分
3カ月目 33円×30日 990円分
4カ月目 33円×30日 990円分
5カ月目 33円×30日 990円分
6カ月目 33円×30日 990円分
スワップポイント合計 5,940円分

6か月間の合計スワップポイントは合計で、5,940円分を獲得!!

A男さんはただ保有しているだけなのに6か月間で5,940円もの利益を得ることができました。

FXトレードに必要な予算のまとめ

ここで必要な資金についてまとめてみます。
先ほど紹介したように、証拠金率などを考慮すると安心してトレードできる資金は1,000通貨単位であっても最低1万円は予算として見ておきましょう。

ただし、先ほど1,000円の利益を出す例を挙げていましたが、初心者の方に限らずある程度のベテランでも1,000通貨単位で毎日1,000円分の利益を出すのは非現実的と言えるでしょう。

毎月のお小遣い程度、稼ぎたいのであれば予算として10万円ほど用意しておきたいところです。

証拠金が10万円なら1回のトレードで1万円の利益を2~3回ほど出せれば、ちょっとしたお小遣いになりますし、10万円ならリスクにさらしても一般的にそれほどまで問題ない金額と言えるのではないでしょうか。

ただし、1万円の入金で始めてもトレードに慣れてきたら徐々に証拠金を増やしていくというのが理想です。

少額トレードを可能にするおすすめのFX会社

上記までは少額トレードで手軽にFXをスタートする方法について解説してきました。
紹介した少額トレードするのに、当サイトがおすすめする初心者向けのFX会社を紹介します。

なぜ次の会社がおすすめなのかの理由も書いていきますので、合わせて参考にしてください。

ヒロセ通商(LION FX)
ヒロセ通商(LION FX) ヒロセ通商は「LION FX」として有名なFX会社の老舗の一つで、これまで業界内では常に最高水準の低スプレッドを競ってきました。
また、先ほどご紹介したスワップポイント狙いのトレードでも業界内では高いスワップポイントを誇っています。
さらに50通貨ペアもの様々な通貨ペアでトレードできる点や多彩で高機能なトレードツールも魅力です。
当然のことながらFX初心者に優しい1,000通貨トレードも可能ですのでおすすめです。
FXトレード・フィナンシャル(MT4)
FXトレード・フィナンシャル(MT4) FXトレード・フィナンシャル最大メリットはMT4(メタトレーダー4)が使えるところです。
しかも1,000通貨からの取引が可能です。
MT4は世界中のトレーダーに使われているトレードツールです。
MT4はテクニカル分析に有効かつ自分が好きなインディケーター(テクニカル指標)を入れたりしてカスタマイズしていけるので自分だけのオリジナルチャートが作れる点も魅力です。
最初は難しいかもしれませんが、MT4は世界中のトレーダーに使われているので、少しでも興味がある方はFXTFのMT4を使って基本的な操作に慣れておくのもおすすめです。
トレイダーズ証券(みんなのFX)
トレイダーズ証券(みんなのFX) トレイダーズ証券の「みんなのFX」も業界内では低スプレッドと高いスワップポイントが魅力の会社です。
少額1,000通貨のトレードができるのはもちろんのこと、みんなのFXはすべてのトレードをシステムにお任せの自動売買(システムトレード)もできてしまいます。
初心者でも迷わず使えるトレードツールも魅力的です。

このページではを少額でFXトレードを開始するための方法や稼ぎ方、必要予算についてお伝えしました。
比較的、少額で始められることも分かったと思いますので、その気になった方もいるのではないでしょうか。

最初のうちはデモトレードの他、リスクを抑えた少額トレードで経験を積んでいくことをおすすめします。
口座開設はすべて無料ですので、少しでも興味をもったらぜひ上記で紹介した内容も参考にして下さい。

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


おすすめ記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    失敗続きのFX初心者におすすめ!ライントレード手法でプラス5万円稼ぐ
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4インジケーター追加の仕方!初心者におすすめのインジケーターは?
  3. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  5. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?

メニュー

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました