» GDPとは?小学生でもわかる解説!為替の関係も理解しよう!
GDPとは?小学生でもわかる解説!為替の関係も理解しよう!

「GDPって何何?おいしーの?」は、今日で卒業!    (更新日:2016年3月15日)

いきなりですが、GDPってなんのことだかわかりますか?
FXをやったことのある人や経済ニュースをよく見る人ならなんとなくわかると思いますが、
つい先日、どっちにもあてはまらない友人にGDPを知ってるか、質問をしてみました。


:「ねーねー、GDPって何のコトか知ってる?」
:「知ってるよー!GDPってあの、自分の現在位置がGoogleとかでわかるあれでしょ??」
:「あ、、、それ、GPSね。笑」


・・・惜しぃ。笑

まぁ期待はしてなかったですが、この後も正解は返ってきませんでした。笑

私の友人を始め、GDPについて全くわかってないけど恥ずかしくてなかなか人に言えない!!
なんて人もいそうだったので、今回はGDP特集ってことで色々解説しちゃいます( ´ 。•ω•。)っ

GDPは、FXの為替の動きと少〜し関係があります。
GDPとは一体なんなのか?”.....“FXとどういった関わりがあるのか?”.....etc

今までうやむやにしていたGDPへの疑問を、一気にここで解決してしまいましょうっ!

このページでわかること

GDPってなに?

GDP GDP(じーでぃーぴー)

Gross(合計)Domestic(国内)Product(生産)』の
頭文字をとった略語です。

グロス ドメスティック プロダクトと読み、
直訳すると『国内総生産』となります。

意味としては、『一定期間の間に国内で生産された付加価値の合計金額』をさします。
日本国内で生み出されたモノの儲かった金額って考えるとわかりやすいかなと思います。

超絶簡単に解説すると、こんな感じです。

あなたは電機屋さんで5万円のテレビを買いました。
電機屋さんがあなたにテレビを売った時点で5万円の売上が出ます。

GDP解説「5万円の売上」

電機屋さんはお客様にテレビを売る為に、仕入れ先に2万円の支払いをしていました。

GDP解説「2万円で仕入れ」

つまり、あなたが5万円のテレビを買った時点で、電機屋さんは3万円の儲けが出ます。
この時、電機屋さんは「3万円の付加価値を生み出した」ということになります。

GDP解説「3万円の付加価値を生む」

電機屋さんがうまいセールストークでお客様にテレビを売る度に、3万円の価値が生まれる
=付加価値を生み出すということは、「もとの材料の価値を上げること」をさします。
つまり、電機屋さんの利益となった3万円がGDP(国内総生産)として計上されるのです。

GDP解説「3万円の付加価値×5台のテレビを売ると、15万円のGDPが生まれる」

このように、付加価値とは国内の誰かが稼いだ金額というように、
新たに生み出された価値(お金)」と考えるとわかりやすいと思います。
電機屋さんは、その儲けた3万円の中から従業員に給料を払ったりします。

GDPとは『一定期間の間に国内で生産された付加価値の合計金額』のこと。
つまり『国内の誰かが稼いだ金額の合計』ということになるので、GDPを見れば国内の人達の稼いだ金額の合計がいくらなのかがわかります。

ニュースなどで「GDPがマイナス」という報道があったときは、
GDPの成長率が昨年より小さかった=国内の市場規模が昨年より減少した..ということになり、 企業や個人等のサービスや種類が少なくなるかも!→経済悪化につながっていく..となります。

・・・つまり、マイナスだと良くないってこと。

GDP発表で為替レートは動くのか?

GDPは国の景気が良いのか悪いのかを表す指標なので、数値(成長率)が良かった場合、その国の通貨は買われやすい傾向にあります。

ここでワンポイントアドバイス的なものをひとつ・・・。
GDPが発表されたからと言って、為替相場が超スーパー大変動をすることはほとんどないです。

それはなぜか。
GDPはサプライズが起きにくい 理由は、サプライズが起きにくいからです。

経済指標の発表で相場が大きく動くのは、何かサプライズが起きたときです。
例えば、発表された数値が予測していた数値と離れていた!などです。

経済指標の結果を予測しているのは、世界中のアナリスト達。
そのアナリストはかなり優秀で頭がキレッキレな人が揃っていると思います。
なので、予測が大きく外れることは少ないわけです。うんうん

ちなみに毎月第一金曜日に発表される米雇用統計は、予測とは全然違う数値が発表されることも多いので、為替レートも変動が激しくなることがあります。

GDPは予測とほぼ同じような数値が発表される為、のほほんとした変動になるんですね。

実際の変動チャートを見てみよう!

まずは、我らが日本のGDPが発表されたときの様子。
例として、2016年4〜6月期(2次速報)GDPを見てみましょう。

日本のGDP発表時の為替相場<ドル円>

GDP解説「日本のGDP発表時の為替相場<ドル円>」 (DMMFX PLUS チャートより)

2016年9月1日の予測では、『前期比+0.2%』から変更はないだろう..と予想されていました。
9月8日に発表された結果は『+0.2%』となり、 1次速報の『+0.0%』より上回る数値に。
…つまり、前年と同じ推移でプラスとなり、予測通りだったことがわかります。

見た感じ、ほんのちょぴっとぐらいしか動いていません。じわっと上昇したくらいです。


次に、アメリカのGDPが発表されたときの様子。
こちらも同じく例として、2016年4〜6月期(2次速報)GDPを見てみましょう。

米国のGDP発表時の為替相場<ドル円>

GDP解説「米国のGDP発表時の為替相場<ドル円>」 (DMMFX PLUS チャートより)

この時の市場予測は『前期比+2.6%』とされていました。
が!発表では『+1.2%』となり、エコノミスト予想を大きく下回る結果となりました。

よくよく見てみると、発表後にどーんと下がってきているのがわかると思います。

GDP指標は、大きなズレがない限りゆったりと為替変動が起こることが特徴的ですが、発表内容次第では大きな変動となることがあるので、見逃せない経済指標となるのです。

GDP発表のスケジュールを確認しよう!

日本もアメリカも、四半期に一度のペースで発表が行われます。
がしかし、日本とアメリカでは発表方法が少し違うので、解説しておきますね。

日本のGDP発表スケジュール

四半期の終了後、約1ヶ月半後に【1次速報】、またその約1ヶ月後に【2次速報】が発表されます。 下記は2016年の下半期のスケジュールです。 ※今後日程が分かり次第追記予定

対象期間 発表予定日 発表時刻
2016年7-9月期(1次速報) 2016年12月8日(木) 8時50分
2016年7-9月期(2次速報) 2016年11月14日(月) 8時50分
2016年10-12月期(1次速報) 2017年2月13日(月) 8時50分
2016年10-12月期(2次速報) 2017年3月8日(水) 8時50分

アメリカのGDP発表スケジュール

アメリカも四半期の終了後に随時発表されますが、速報値、翌月に改定値、翌々月に確報値、といった3段階の順番で発表されます。
基本的に速報値は【1月、4月、7月、10月】の下旬に発表されます。
下記を参考に、今後の発表スケジュールを把握するとわかりやすいかと思います。

対象期間 発表予定日 発表時刻(日本)
10-12月期(速報値 1月下旬 22時30分
10-12月期(改定値 2月下旬 22時30分
10-12月期(確報値 3月下旬 21時30分
1-3月期(速報値 4月下旬 21時30分
1-3月期(改定値 5月下旬 21時30分
1-3月期(確報値 6月下旬 21時30分
4-6月期(速報値 7月下旬 21時30分
4-6月期(改定値 8月下旬 21時30分
4-6月期(確報値 9月下旬 21時30分
7-9月期(速報値 10月下旬 21時30分
7-9月期(改定値 11月下旬 22時30分
7-9月期(確報値 12月下旬 22時30分

生産系の重要な経済指標はこの6つ!

生産に関する指標は、対象国の経済状況を表したりと、GDPの結果予想をするコトにもつながるので結構な重要指標となります。

下記は主に企業活動に関する経済指標をピックアップしてみました。
一見ほっときそうな指標ですが、その時の相場テーマと一致する時にはトレンドを変えるくらいの影響力が出る場合があるので、これらにも注意して見ておくと良いと思います!

経済指標 発表日
(米)耐久財受注 毎月25日前後の午前中
(米)鉱工業生産 毎月15日前後の午前
(米)設備稼働率 毎月15日前後
(米)住宅着工件数 毎月第3週
(米)製造業受注 毎月上旬
(米)建設支出 毎月上旬

※上記は全て米国の指標となります。


最後に。。。
たかがGDP、されどGDPです。

為替相場はいつ変動するかわからないので、絶好のチャンスを逃さない為にも、日頃からチェックする癖をつけておくといいかと思いますっ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ ほいでは〜

経済指標・チャートが見やすいFX会社!

DMM.com証券(DMM FX)
DMM FX詳細 おすすめツールは、DMM FX PLUS!!
豊富なテクニカル指標と高機能ツールが人気のFX会社!
パソコン画面の場合、マーケットニュースが常に表示されているので、チャートを見ながらのリアルタイム分析が可能! (ニュースは、株式会社時事通信社より提供)
外為どっとコム
外為どっとコム詳細 圧倒的な情報量!SNSも随時更新中!
マーケット情報の多さは業界トップクラス!
主要なニュース(ロイター、フィスコ、ダウジョーンズ、グルーバルインフォ24)や、アナリストによる20種以上のレポート、無料セミナーなど情報が豊富!
外為どっとコムの情報ツールを駆使しましょ〜!
GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券詳細 情報・機能・サポート、総合力ならココ!
ダウ・ジョーンズ等の主要な経済ニュースを提供!
取引ツールも難しい機能はなく、パソコン・スマホともにシンプルな操作が人気の秘密です。
総合的バランスを選ぶならGMOクリック証券(FXネオ)
前ページ次ページ

FXと経済指標に関する記事一覧