» » 欧州は北欧からテーパリング開始観測あり!

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.01.19

欧州は北欧からテーパリング開始観測あり!

ひろぴーです。
ここ最近、ユーロが対ドルに対して強い日が続いております。
ドルストレートが調整期間に入っていることには変わりないのですが、他の通貨ペアと比較して、少し違うタイミングでユーロドルが上昇したり、下落したりと徐々に上昇傾向です。

▼ユーロ/ドル日足チャート ユーロ/ドル日足チャート (外為どっとコムより)※画像をクリックすると公式サイトへリンクします。

スウェーデンに資金が回帰。

少し理由を調べてみたところ、スウェーデンがテーパリング観測があったようです。

2016年、スウェーデンの経済指標が回復傾向にありました。
失業率は年初7.5%程度だったものが、11月には6.2%まで下落。

消費者物価指数も12月に前年比で+1.7%の水準まで上昇をしてきました。
年前半は0.4〜1.0%の間で推移をしておりましたが夏以降、毎月徐々に改善がされてきました。

スウェーデンクローナの政策金利は-0.5%と異常な数値です。
この成果が功を成して物価が上昇してきたようです。

量的緩和を縮小し、ECB同様に資産買い入れ枠を450億クローナから300億クローナに減額。
EU圏と比較しますと、経済指標の改善も考慮されていたのか、年初からもスウェーデンクローナ買いが続いているようです。

▼スウェーデンクローナ/円チャート スウェーデンクローナ/円チャート (外為どっとコムより)※画像をクリックすると公式サイトへリンクします。

日足です。
ちょっとマイナーですが、最近のドル円と比較するとほとんど下落をしておりません。

高値圏のもみ合いで、現在12.82円前後で推移しております。
直近高値は12.97円です。

(わかりやすくイメージして頂くにはコンマ一つずらしてください。 128.20円で推移、直近高値が129.70円だったとお考えになれば、騰落率のイメージがつきやすいと思います。)

マイナス金利は金融機関の体力を奪うため、中央銀行こそは政策金利引き上げには否定的な発言をしていたようですが、本音は早く解除したいと思います。

意外にも、年後半あたりに-0.25%ぐらいまで引き上げるかもしれません。

マイナー通貨ペアですがユーロトレードをする場合にかなり参考になりそうなので紹介をしておきます。

ユーロドル上昇の一役を買っているようです。

ノルウェークローネは利上げ方面

▼ノルウェークローネ/円チャート ノルウェークローネ/円チャート (外為どっとコムより)※画像をクリックすると公式サイトへリンクします。

こちらも同じく、北欧通貨です。

唯一、EUに加盟していない国です。
原油価格の上昇と共に、インフレ率も持ち直してきております。

政策金利は0.5%ですが、昨年に一度2017年末〜2018年末に利上げができる見通しを一部の機関が報道しております。

経済指標を見る限り、その可能性は比較的高いように思われます。

最近の相場では、米ドル買い相場にも少し飽きが出てきているようにも思えますので、次のテーパリング観測、またはインフレ通貨を市場は探しに行っているように思えます。

個人的にはオセアニア通貨買いが一番ですが、北欧通貨も要注目だと思われます。
クロス円ロングでゆったりとしたキャリートレードが向いているのではないでしょうか。

今年は米国経済の良好=ドル高、トランプ政権からのドル高けん制=ドル安のラリーが継続すると思います。

見た目以上にトレードしにくくなりそうですので、ドル円よりもクロス円をロングしていたほうが取りやすいかもしれませんね・・・。