» » ユーロドル2年ぶりのレンジブレイクなるか!?

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.02.23

ユーロドル2年ぶりのレンジブレイクなるか!?

久しぶりにユーロが売られ始めました。

フランス大統領選挙が近づいてきており、フランスのトランプともいえる、極右政党のマリーヌ・ル・ペン氏が票を徐々に伸ばしてきております。

フランス大統領選の仕組みは米国と違い、最初に予選投票のようなものが行われます。
そこで勝者の2人が決選投票という形で選挙を実施し、正式に大統領に就任をします。

よって、予選で1位を獲得していても、必ずしも決選投票で勝てるわけではないようです。

現在のルペン氏

しかし、現在の世論調査ではルペン氏が第一回目の大統領選挙は1位通過、決選投票では中道・無党派のマクロン氏か右派統一のフィヨン氏だと言われております。

要するに、ルペン氏が大統領になるなら、違う人が良いというフランス国民の思いが、第一回目の候補者2人の落選票が流れるという見方が優勢だからです。

現在、第二回目大統領選挙はルペン氏VSマクロン氏が最も有力です。

事前調査ではルペン氏35〜40%
マクロン氏が60〜65%となっているところが多いそうです。

とはいっても、ブレグジットや米国大統領選挙前と似たような世論調査の数字です。
何やらまた嫌な予感はしますが・・・・。

ユーロドルが安値を更新しそう。

ユーロドル月足分析チャート (GMOクリック証券より)※GMOクリック証券公式サイトへリンクします。

さて、ユーロドルの月足から紹介します。
長らく続いている1.05〜1.15メインのレンジ相場です。

今月からルペン氏の支持がジワジワと伸びてきていることから、
ブレグジット、米国大統領選挙の再来??っといった具合でユーロが売られてきております。

ルペン氏の公約では、フランスのEU離脱を掲げて活動しているため、ルペン氏が当選=フランス国民はEU離脱を指示していることになりますので、下落しているわけです。

ユーロドル週足分析

ユーロドル週足分析チャート (GMOクリック証券より)※GMOクリック証券公式サイトへリンクします。

週足に落として分析をしていきます。

テクニカルは、

SMA7

SMA25

SMA50

の移動平均線3本とRSI9です。

週足では下落トレンドの最中です。
ローソク足がSMA7を下抜けてきまして、再度下落の体制が整ってきているように見えます。

まだフランス大統領選挙は4月と5月ですので2か月以上も時間があります。

直近の安値は1.0340前後なのですが、あと200pipsというところまで迫ってきており、2か月間ここを防衛するのは無理があるのではないでしょうか。

何度も世論調査やヘッドラインニュースが流れてきますので、そのたびにプライスが降らされては徐々に下落していくのではないかと考えております。

1.03を割り込むとストップロスも巻き込むと思われます。
ようやくですが1.00のパリティが見えてきそうです。

4月末までには到達をしているかもしれませんね・・・。