» » 今週の見通しとターゲット通貨ペア(2017年4月24日〜)

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.04.24

今週の見通しとターゲット通貨ペア(2017年4月24日〜)

先週振り返り

先週の相場は非常に狭いレンジで推移をしておりました。
ドル円は小幅に推移。
108.50円〜109.50円を中心に推移をしました。

地政学リスクとフランス大統領選挙待ちだったのではないでしょうか。
そして今朝ほど、大きく動きがありました。

今週の見通し

すでに周知の通り、フランス大統領選挙の決選投票はマクロン氏ルペン氏で決まりました。

よって、市場予想どおり、マクロン氏が大統領になるだろうという視点からすでにユーロが買われてリスクオンの値動きになっております。

余程のことがないかぎりマクロン氏で決まりではないでしょうか。

個人的にはユーロドルも先日から狙っており、フランス大統領選挙が終える前には一度買っておきたかったのですが、願い叶わず、でした。

もうしばらく様子をみて買い場を探したいと思います。

さて、ドル円の分析をしていきたいと思います。

ドル円日足分析

ドル円日足チャート分析 ■出所:GMOクリック証券(iPhoneアプリ) ※公式サイトへリンクします。

今朝方大きく窓開けスタートです。

すべて埋めに行くようにも感じておりますがどうでしょうか。
109.50円あたりからが勝負なような気もしております。

ユーロ円はそれ以上に窓を開けてスタートとなっております。
現在、きれいなレジスタンスラインが引けるポイントとなっており、一旦は跳ね返されやすいポイントで推移をしております。

RCIは上昇を示唆し始めておりまして、次の押し目が最後となりそうです。
買いから入る場合は、まず押し目買いでしょう、109円台前半あたりからのロングが良いのではないでしょうか。

売りから勝負する場合は、現在のポイントからショートをしてみる。
または次の押し目買いポイントは見送って、次の上昇してきたポイントからゆっくりと売りから入るのが良いように感じます。

そういったチャンスは水曜日以降ではないでしょうか。

ユーロドル週足チャート分析

ユーロドル週足チャート分析 ■出所:GMOクリック証券(iPhoneアプリ) ※公式サイトへリンクします。

さて、注目のユーロドルです。
中期ポジションとして仕込みたかった通貨ペアです。
米ドルの利上げが多少緩やかになる、または利上げペースが年内MAX2回になる、またはそれ以下の可能性が出てきましたので、米ドル買い相場はそろそろ終わるのではないかと考えたからです。

ECBも年内に量的緩和を終了方向になるでしょうし、テーパリング観測で5〜6月あたりから買いが強まるのではないかと考えております。

押し目買いを狙いたいと思います。
願わくば1.06近辺まで押してくれればと思うのですが、1.07を割れたあたりから打診買いをしてみようかな、と思います。
トレンドラインをバックに考えて行く予定です。