1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.06. 5

今週の◯日は要注意?!

今週のドル円週間見通しと狙い目の通貨ペアをご紹介したいと思います。

先週の振り返り

ドル円はかなり小動きでした。
金曜日の雇用統計を迎えるまで、1円程度の値幅を行ったり来たり方向感もなく、僕もノートレの日々が続きました。

そしてようやく金曜日、ドル円が下方向に抜けましたのでショートエントリーです。
ある程度の値幅を取ることに成功をしました。

雇用統計の内容は雇用者数が市場予想を大幅に下回ったのですが、失業率が低下をして、結果的には良くも悪くもない程度の内容でした。

しかし、内容以上にドルが売られました。

FOMCも見据えてドル買いに偏っていた証拠でしょう。
少し早い段階でドル売りがスタートしたみたいです。

111円や110.50円以上で押し目買いをしたプレイヤーは多そうです。
金曜日のクローズしたプライスを考慮しても、ほぼ全員が捕まっているのではないでしょうか。

今週の戻りは限定的かもしれません。ショートトレードを継続し、戻りで追加をいくつか入れるぐらいのスタンスで臨むと良さそうです。

ドル円日足分析

ドル円日足分析チャート ■出所:GMOクリック証券(プラチナチャート+) ※公式サイトへリンクします。

ドル円の日足分析を実施します。
110円を間もなく割ってきそうです。

月曜日の東京時間はかなり注目かもしれません。
ここを抜けてきますと、4月に付けた安値をトライすると思われます。

108円〜110円が6月前半のコアレンジとなってくるでしょう。
3月頃からほとんどが戻り売りスタンスで継続しておりますが、引き続きこの投資戦略を維持したいと思います。

RCI9RCI26RCI52全て下向きです。
RCI52も下を向き始めてきましたので、トレンドが加速しやすいと思われます。

日足ベースでRCI3本共下を向きますと、かなり威力を発揮してきますので、ある程度期待をしててもよさそうです。

6月8日の晩から6月9日の明け方の間は注意!

そのほか、今週木曜日から金曜日の明け方にかけては注意です。
まず英国の下院解散総選挙が実施されます。

現在、野党である労働党が指示を伸ばしており、この選挙に勝利しますと、与党である保守党の統率力が衰えます。
これからEU側にブレグジット交渉があるのですが、かなり影響が出てくるでしょう。

ポンド安要因です。

また米国では前FBI長官のコミー氏による、議会での公聴会が実施されます。
トランプ政権からの圧力により罷免されたコミー氏ですが、その発言に注目です。
爆弾発言があれば、またトランプ大統領の痛手になります。

経済政策もまともに進められなくなってくるでしょうから、ドル円はさらに下落すると思われます。 かなり重要イベントになると思われますので、注意しておいたほうが良いでしょう。

木曜の晩から金曜日の明け方はトレードは控えたほうが良いかもしれませんね。