» » ドル円は○○が起きた時、1円以上簡単に上昇する?!

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.09.11

ドル円は○○が起きた時、1円以上簡単に上昇する?!

今週のドル円週間見通しをご紹介したいと思います。

先週の振り返り

先週も北朝鮮リスク一色でドル円が乱高下しました。
ドル円は下値攻めをするものの、すぐに反発を繰り返し、しっかりと底割れする気配がありません。 非常に難しい展開です。

土日に北朝鮮の水爆実験やミサイル実験が行われなかったので、ドル円のショートカバーから週明けスタートをしております。

今晩の国連安保理時決議待ちとなっているのですが、北朝鮮への最後の経済制裁となるであろう、石油や食品の輸出が差し止めるか否か、協議は難航している模様です。
しかし、もちろん中国とロシアは反対をしており、協議は横一線状態のようです。

今回、決議する可能性は低いように思えます。 その場合、軍事衝突は遠のきますので、一旦嫌気がさしてドル円上昇となるのではないでしょうか。

こういったバックグラウンドがあり、ドル円の押し目買い戦略でいこうと考えております。

ドル円日足分析チャート

ドル円日足分析チャート
いいね! ひろぴーさんも使っている「プラチナチャート+」は、抜群の操作性、サクサク感が癖になる、超高機能取引ツール!
(出所:GMOクリック証券)

ドル円の日足分析をしていきます。
先週の安値は107.32を付けてすでに100ポイントも上昇しております。

RCI52はすでに振り切っており、−90を下回っている状況です。
またRCI26もダイバージェンスをしており、RCI9までもが−90以下で推移をしております。

反発した時の瞬発力は非常に高くなるでしょう。
市場にちょっとしたポジティブ材料を投下するだけで一気に弾け飛ぶ状態なのは間違いがないと思われます。 その場合、ドル円は1円以上簡単に上昇するでしょう。

米国もハリケーンのハービーやイルマで経済的損失を被っております。
米経済指標も来月発表分から大きく悪化が予想されております。

しかし、今回のドル円下落も既にそういったものも全て織り込まれているような値動きです。 この後は大きな反発でしょう。北朝鮮との維持の張り合い合戦が収まれば、ドル円はショートカバーが大きく起こると考えております。

ドル円の上値目処

この短期的なドル円下落相場は114.50銭からスタートしております。
7円以上の下落を演じましたから、半値ぐらいは戻すかもしれません。
その場合、3.5円の調整になりますので、111円の手前まで上昇する可能性があります。

今週からはこの値動きを狙ったトレードが良いと考えております。
秋相場はリスクオフと意識が非常に高い値動きが先取りしておりましたので、もしかすると、9月の月足は陽線になるかもしれません。

その場合買われ過ぎであったユーロドルも調整が深くなるでしょう。
ドルストレート全般、米ドル買いに動くターンがそろそろやってくるように感じております。

ストップは107.25割れに設定する予定です。

本日の記事に関連するページ