» » 今週の相場見通しと狙い目通貨ペアは?NZ/ドルショート、豪ドル/NZのロング

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.10.23

今週の相場見通しと狙い目通貨ペアは?NZ/ドルショート、豪ドル/NZのロング

今週のドル円週間見通しと狙い目の通貨ペアをご紹介したいと思います。

先週の振り返り

ドル円は上値が重かったのですが週後半から少しずつ上値を伸ばしてきました。
衆議院選は自民党の圧勝ということで日経平均もドル円も上窓を明けてスタートしました。

間もなくセルザファクトといった感じでしょうか?

明日は利食いに売りに押されそうです。
これから日本は憲法改正に取り組み、有事に備えた対策を進めるでしょう。

ドル円日足分析

ドル円日足分析
(チャート:GMOクリック証券より)

少し嫌な形状になってきております。
高値追いは禁物ですし、しばし様子見でしょうか?

今週後半から112.50円を割り込まずにレンジ相場で耐えきれるならば買っていきたいと考えております。

但し、注意点としてはRCI26が既にダイバージェンスしていることとと、RCI52も振り切っていることから、上昇チャネルレンジを演じる程度かもしれませんし、今一度、深い調整をしたのちに上昇をしていくのかもしれません。

買い目線で行く予定ですが、ひとまず週前半は様子見です。

ユーロドルチャート分析

ユーロドルチャート分析
(チャート:GMOクリック証券より)

次の視点はECBへと市場の関心が移っていくでしょう。
ユーロドルは少々買われ過ぎておりまして、日足で教科書に書いたようなヘッドアンドショルダーを形成中です。

今週のECB金融政策発表にて、大きく動き出すと思われます。
市場のコンセンサスでは、フォワードガイダンスの変更にて、QE減額+期間延長など、細かいコントロールを中央銀行は実施してくるはずです。

非常に緩やかに緩和の解除を推し進めているように思えます。
週足ベースでは少しユーロドルは買われ過ぎていた形状ですし、下落しそうな足形になってきております。

ECBを終えますと、ユーロ買いはいずれにしても一旦出し尽くしとなるように考えておりますので、売りで良いのではないでしょうか。
但し、ECBの結果を待ってからでも遅くはないと思われます。

そしてFRB議長の後任人事も間もなく発表されると思われます。

こちらはコンセンサスでは、テーラー氏=ドル高 イエレン議長再任orパウエル理事が昇格で議長でドル安といった構図になっておりますが、いずれにしても最終的には少しドル高に振れるのではないかとも考えております。

米株は誰がなってもポジティブに反応するような気がしております。

こういったことを考慮して、ドル円は上昇圧力を維持しやすくなるのかなっと考えております。