» » ドル円の買い、カナダ円の買い。今週動き出す可能性があるかも?

  1. トレーダーブログ一覧
  2. 山根亜希子
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
ひろぴー さん
趣味:釣り・バスケ
好きな漫画:スラムダンク
2015年秋に独立をして、専業トレーダーとして活躍されているひろぴーさん。
メディア出演も多数あり、トレードバトルでは好成績を残すなどその実力は本物。
FXを始めとする、株、CFD(原油、金)、仮想通貨(ビットコイン)の取引も行う。
スイングトレードが得意。MT4を使ったセミナー等も開催している。

2017.12.11

ドル円の買い、カナダ円の買い。今週動き出す可能性があるかも?

今週のドル円週間見通しと狙い目の通貨ペアをご紹介したいと思います。

先週の振り返り

ドル円が動き始めました。
米国の共和党より、インフラ投資の案が再浮上してきたからです。
法人税減税案も今月中に通過しそうで、可決待ちです。
徐々にドル高の材料が現実的になってきました。

共和党の目玉政策が徐々に頓挫していく見通しが前提だったため、これはサプライズ感が高いです。
雇用統計前にも関わらず、ドル円は高値を追いました。
おそらく今月中に115円を超えていくのではないでしょうか。

ドル円日足分析

ドル円日足分析
(チャート:GMOクリック証券より)

ドル円の日足チャートです。
今年は114円ミドルを3度も止められました。
このままもう100pips上昇しますと、今回は4度目の上値攻めとなりそうです。
相場で同じポイントで4度も5度も止められることは非常に稀です。
止まる確立は非常に低く、上値を攻めれば抜けていく確率のほうが圧倒的に高いでしょう。

そういった意味で日足レベルではこのまま成行き買いでドル円を勝負したいと考えおります。
先週後半から買いはじめたのですが、今朝もドル円を追加しております。

毎年ですが、10月〜11月本来よく相場が動く期間だったのですが、今年は例外でした。

例外の年は12月によく動きます。
こういった意味でも今週から動き出す可能性があるのではないでしょうか。

テクニカル的にですが、RCI52が上方向に向き始めております。
もう数日ローソク足がすすめば完全に上向きになるでしょう。
そうしますと、3本ともRCIが上に向きますからこれも中期的に上昇圧力になります。
ポジショントークでもありますが、期待してドル円のロングをしております。

米国の隣国のカナダ。〜カナダ円週足分析〜

カナダ円週足分析
(チャート:GMOクリック証券より)

先週もご紹介したカナダ円です。
雇用統計が10年ぶりに良好だったことから、個人的には買いに向かいました。
残念ながら先週の水曜日のBOCにてハト派の内容だったため、失望売りを誘いました。
但し、実体経済が悪くなったわけでもありませんから、徐々に価格を回復させていくと考えております。

カナダ円のロングは継続で行きたいと思います。
原油価格も堅調でして、カナダのインフレ率にも貢献してくると思われます。

今月、来月のカナダの物価上昇率には注目でしょう。
おそらく来年の利上げ通貨はカナダも完全に仲間入りすると思われます。
2018年度の利上げ回数は2回ぐらいあるのではないでしょうか?
カナダは今年の成長率を維持するだけで堅調な物価上昇を実現するはずです。

また資源国通貨は利上げサイクルに入るとペースが早いです。
思わぬ通貨高にも期待できますので、ドル円の上昇と併せてカナダ円のポジションをホールドしておきたいと思います。