» » 衆議院議員 今井雅人氏に突撃取材!【第2弾】

衆議院議員 維新の党 今井雅人氏に突撃取材!
  • 今井雅人氏インタビュー第一弾
  • 今井雅人氏インタビュー第二弾
  • 今井雅人氏インタビュー第三弾

衆議院議員 維新の党 今井雅人氏に取材!特別企画

今井雅人氏 衆議院議員 今井 雅人氏×FX@外為比較ランキング 特別企画
「1ヶ月半で5,000万円の利益を出すルーツを探れ!」というテーマのもと、衆議院議員 維新の党 今井 雅人氏のプライベートなお話から「1ヶ月半で5,000万円もの利益を出したFX取引法の話」「これからのFX市場」を取材!
その内容をシリーズ全三弾にしてお届けしたいと思います。

第一弾では「今井氏がどんな人物なのか?」を探るべくプライベートな質問にも答えて頂きました。
そちらの内容も合わせてご覧ください!

シリーズ全三弾の内容

今回は、前回に引き続いて第二弾!
「今井雅人氏がFXで5,000万の利益を出した話」についての内容をお届けしたいと思います。

FX初心者の方でも取引に役立つ情報が満載ですので、是非取引をする前に読んで下さい。

Q 初心者がFXをはじめる時に、まずやった方が良いことはありますか?

今井氏の回答
何でもいいので『自分でこれを見てやるんだ』というのを1つ身につけた方がいいね。
どうやって世相(社会の様子)が動くのか?どういう風に円安になったり円高になったりするのか?等、それくらい勉強してやるのもいいと思います。

各FX会社デモトレード(無料)があるので、本番でいきなり入金して取引をする前にそちらを利用しても良いかもしれないですね。
ただデモトレードはリアルな資金でトレードをするのとは違うので、真剣味が入らないことがあるかもしれないですが…

今井氏の回答
デモ口座をやるならやるでいいけれど『ただやっているだけじゃダメ』です。

今井氏 何を見て取引をするか決めてやらないと、何となくやっているだけでは上達もしないし、経験値も上がらないです。

初めてだと、そんなに難しいことをできないから、ニュースを見ながら勉強する程度でもいいと思います。

それに、ニュースなどにはディーラーのコメントが書いてあるので、そういったものを読んでみるのもいいと思います。
勿論、中には全然当たらない人もいるし、いい加減なことを言っている人もいるけど『なるほど』と思える人もいるし、読んでいればそういった事が分かってくると思うので、そういうのはたくさん読んだ方がいいです。

なるほど…
勉強になります!!!

今井氏がコメント!投資情報サービスのサンプル

投資情報サービスのサンプル 投資情報サービス「グローバルインフォ24(GI24)」より

今井氏の回答
…読んだ方がいいけれど、参考程度にしたほうが良いです。

なるほど…
鵜呑みにはしないということですね。

今井氏の回答
僕は基本的に人を信用していません。
誰と話していても人の話を聞いた時には『まずは嘘だろう。』と思って聞いています。

そうなんですか…!
※思わずドキッとする取材スタッフたち。

今井氏の回答
話を聞いていく内に『これは本当かもしれない。』と思っていく順番が多いです。
信用から入ってしまうと、そこから中々抜け出せなくなってしまうんです。

反省する取材スタッフ そういうことだったのですね…!
他人をまず信じるところから入っていく「騙されやすさNo.1」の取材スタッフには、目からウロコなお話です…!

確かに今までに中々抜け出せず、まんまと騙されるパターンが無きにしもあらずな人生でした…。←

Q FXで5,000万円の利益を出した際のお話を聞かせてください。

今井氏の回答
5,000万といっても(利益を出したのが)1ヶ月半ぐらいで、去年の10月〜年末までだから…2ヶ月かかっていないと思います。
その前は全然(FX取引を)やっていないです。

そんなに短期間で…!(驚)
ポジションは不定期に持たれているのでしょうか?

今井雅人氏 去年は金利でも稼ごうと思って1月に豪ドル円を買ったんです。
年始は動かないと思ったので預金感覚でやっていたんですけど『ちょっと変だな』と思って4月か5月くらいにやめてしまったんです。
そこからずっとやらないで、次が10月だったので5〜6ヶ月はトレードしていないですよ。

そんなに長い間やっていなかったのですね。
トレードをしていない間でもマーケットは見ているのでしょうか?

今井氏の回答
(ニュースに)コメントを書いたりするので見てはいたけど、トレンドも出ないし忙しいし、まぁいいやと思って。

なんと!(笑)まぁいいや!!
FXで利益を出している方でも『トレードをしない』時期はあるのですね…!

今井氏の回答
あまり細かいところを見ていられないんですよね。
ハッキリしているとき以外はもうやらない。仕事じゃないですからね。『趣味』(笑)

取引をするときはする』『休むときは休む
今井氏は取引スタイルもハッキリしていますね…!

休むも相場 今井氏はご自身の著書にもディーラー用語として『休むも相場』という言葉を紹介されています。 個人投資家には、自信がなければ必ずしも相場に入らなくて良いという最大のアドバンテージがあります。

体調が良くない時や動かないと予想される相場など相場で乗り切れていない時は取引を休んだり、取引回数を減らすこともFX取引では大切なんです。

Q メインでトレードされている口座はどこですか?

今井氏の回答
FXトレード・フィナンシャルさんです。
でも、もう1つ2つ(口座を)持っておかなきゃいけないのかなとも思います。
どのFX会社もそうですが、絶対にシステムが落ちないことはありえないですからね。

なるほど…
他にも口座はありますか?

今井氏の回答
他には…
外為どっとコムさんも持っていますよ。

ちなみに…
パソコン、スマホではどちらをメインで取引しますか?

今井氏の回答
スマホのほうが多いです。

先ほどもう1つ、2つ口座を持たないと…
というお話でしたが、FX口座は複数持っておいたほうが良いのでしょうか?

今井氏の回答
本来は(口座を)2つ3つくらい持って、いざという時にトレード出来るようにしないといけないと思うんですけど、なにせ自分がいい加減なものですから…(笑)

なんと!そこツッコミづらいところです…!!笑

合間に入れてくれる、今井氏の気さくな発言でなごむ取材スタッフ。

今井雅人氏が実際に口座を持っているFX会社

FXトレード・フィナンシャル(MT4) 「システムの安定性が抜群!FX初心者にも高人気◎」
約定能力が非常に高く、安定したシステムの元、安心してトレードすることが出来ます。
今井 雅人氏をはじめ、FX投資家から高い評価を受けているのも魅力の1つです!
外為どっとコム 「取引ツールが充実している!」
初心者でも使いやすく、上級者でも満足の機能を取り揃え!
取引環境もパソコンは勿論、スマートフォン、タブレッド、モバイル、アプリにも対応。
取引する場所やスタイルに合わせて利用が出来るのでいつでも取引が可能です!
基本情報
FX会社名 FXトレード・フィナンシャル(MT4) 外為どっとコム
ドル円
ドル円スプレッド
0.3銭 0.3銭
取扱通貨数 29通貨ペア 20通貨ペア
売買手数料 無料 無料
レバレッジ 25倍 25倍
スマホ・モバイル対応
スマホ
モバイル
取引機能
マージンコール ×
ロスカットルール
価格通知
追証通知 ×
約定通知
入金サービス
初回入金額 規定なし 規定なし
取引単位 1,000通貨 1,000通貨
入出金手数料 クイック入金の場合は無料
※条件有
クイック入金の場合は無料

そんな今井氏ですが、FX取引に必ずといっていい程ついてくるリスク管理
こちらは一体どのようにしているのでしょうか??

誰でもFXをはじめる際に、一度はこの言葉を目にしたことがあると思います。
この『リスク管理』ですが、ポイントとするところは人それぞれです。
例を挙げると「レバレッジ」「損切り」「勝率にこだわらない」「取引メモをつける」など。

この他にも多々あると思いますが、取引の仕方やその人の性格、取引環境、目的…などによって1人1人異なるポイントを持っていると思います。

では今井氏のポイントは何なのでしょうか?
実は取材スタッフ、今井氏の『リスク管理』の部分が相当気になっていました。

今井氏は著書にて、何度もなんぴん厳禁というお話を書かれています。
そのお話を思い切って聞いてみました。

Q 著書には「なんぴん厳禁」と書かれていますが、リスク管理はどうされてますか?

※下部に「なんぴん」についての説明があります▼

今井氏の回答
『なんぴん』という事と『買い下がっていく』という事は基本的に違うんです。

今井氏 買いたいんだけどどこまで下がるかわからないし、ちょっとづつ買っていく分には全然問題ないと思うんです。

買った後に下がって来て『困ったなぁ』と思ってコストを下げようと思う…

そういうのをなんぴんって言うんです。

技術的な問題って言うより、気持ちの問題で失敗したっていうのをごまかそうとしてるわけでしょ?

だからそういう根性でやると、失敗するってことなんです。


ワザというより、気持ちの問題なんですね。

今井氏の回答
でも人によっては時々それがうまくいったりするから『あの時うまくいった!』と思ってまたやると、ドーンと突き抜けた時に損したりするんです。

【なんぴんとは?】
あるポジションのレートがマイナスになっても、損切りせず更にポジションを買い増す

【例】
1ドル=100円で買った場合(ドル円)
その後で1ドル=95円まで下落、損益がマイナスに。
ここで更に買いを入れるのがなんぴん買い

※下げた平均価格まで上がれば損益がトントン(損益分岐点)となる

しかし実際に取引をしていると、どうにもそのダメな根性が出てしまう場合が…!!

特にFX初心者の方はなんぴん含め「損切り」で悪戦苦闘している方も多いのではないでしょうか。
これは人の心から生まれるもので、「損切り」がどうしても出来ない…!
と、抜け出せない人は中々抜け出せない場合もあります。

そういった時にはどうしたら良いのでしょうか??

Q 自己ルール(損切り)を厳守する秘訣とは?

今井氏 自分の中にあるストーリーが崩れちゃったらダメだよね。
例えば、チャートを見ている人が『ここは抜けないから買っているんだ』と言っていたのにも関わらず、そこを抜けちゃっても(ポジションを)持っているのはおかしな話でしょ。

抜けちゃったのになんで持っているの?』という話です。

その時点で、それは自分の考えたストーリーが変わっているでしょ。

例えば僕なんかは『ドルが上がるよな〜』と思っていたその時に『上がる』と思うにはそれなりの理由があるんです。

だけど自分の思っていた理由がちょっと違うな、と思ったらそれはもうやめなきゃいけないですよね。

【損切りとは?】
どのくらい損失が出たらストップするのかを、自分で決めておくこと。
トレードする人の資金力や取引方法は人それぞれですが、一定の自分ルールを決めてそれを徹底し、実行することが大切です。

確かに、例え上手くいっていたとしても、いかなかったとしても自分が思い描いていた通りに進んでいなかったら、その後で何が起こるのかもうわからなくなってしまいます。
演劇やテレビドラマでも「台本どおりに進んでいなかったら最終回は一体どうなるの?!」と、
監督も役者もわからなくなってしまいます。

目先のものに捕らわれずに、自分の世界が崩れたその瞬間にストップをかけないといけないということなんですね。

真っ直ぐで、とてもシンプルだけど一番大事な自分ルールを徹底している今井氏。
そんな今井氏が、今までにFX取引で失敗したことはあるのでしょうか?

今まで「なんぴん」「損切り」でやらかしてばかり…
今井氏のお話に心打たれまくっている取材スタッフには、今井氏がFX取引で失敗する話なんてまるで想像できませんでしたが… 伺ってみました。

Q FX取引での失敗談はありますか

今井氏の回答
失敗は連続…
この1週間も大失敗でしたよ。

…なんとタイムリーだった――――――!!!

今井氏の回答
2,000万くらいマイナスかな。
ポジション持ちすぎなんだけどね(笑)

2,000万円ですか!!
(驚きを隠せない取材スタッフ一同。。。絶句。。。)

今井氏の回答
今は自分で『どれぐらいの損失に耐えられるか。
というチャレンジをしているんです。

チャレンジというのは、
自分の限界を知るということでしょうか?

今井氏の回答
脱皮しようと思っているんです。
ワンステージ上にいけるかどうかやってみようと思ったけど…うまくいかないね(苦笑)
ここは堪えないといけないな、と思っています。

ここで注意しておきたいのですが、ポジション能力は個人差があります。
決して、負けを推奨するものではありません。

今井氏の回答
(自分の限界を)ちょっとずつ超えていけばいいんです。
僕の中では自分の考えている限界があって、本当はその中でやっていけば良いんですが、これは僕の『チャレンジ』なんです。

今井氏 僕はこの殻を抜けることが出来るんだろうか?と思って。
これは僕の話なので皆さんに言えるのは、自分がもう耐えられないような損をしてしまうことは避けた方が良いです。

基本的には損をするものだと思っていないとダメだし『いくらまで損をしたら耐えられるか』を持っていないとダメです。

1年くらい部屋に閉じこもってヒザを抱えながら『何であんなことをしてしまったんだろう…』
と思わないようにしないと。

一晩飲んで、忘れるくらいがちょうどいいんですよ。

確かに、ヤケクソになって全財産をなくしてしまっては元も子もありません。。
無理のない程度に』が一番です!

…けど2,000万円は一晩飲んで、忘れるくらいなのでしょうか…(;▽;)

…再度絶句する取材スタッフたち。。。

ここまで、今井氏が1ヶ月半で5,000万円もの利益を出した話を紹介してきました。
次回の第三弾では、今井氏が実際に利用している情報ツールや最近流行している「自動売買」について、そして今後FX市場がどう変化していくのか?などのお話をお届けしたいと思います!
そちらも是非、お楽しみにしてください…!

  • 今井雅人氏インタビュー第一弾
  • 今井雅人氏インタビュー第二弾
  • 今井雅人氏インタビュー第三弾
≪ 第一弾を読む 第三弾を読む ≫