移動平均線さえ読めればOK!FX初心者でもわかりやすい使い方と読み方

移動平均線さえ読めればOK!初心者でもわかりやすい使い方と読み方

FX取引にて、売買タイミングを図るために知っておくべき指標として「移動平均線」があります。
値動きの流れを知るためのテクニカル指標の中で、最もポピュラーな指標のひとつです。
FX取引をするなら、移動平均線の意味を理解し、正しい使用法を習得しておく必要があります。

移動平均線とは

チャート FXの会社や相場の解説で、みなさんがご覧になるチャートには、よくローソク足やバーチャートに加えて、折れ線で描かれた線が加えられています。

この折れ線が「移動平均線」と呼ばれるものです。

移動平均線とは、過去に遡って一定期間の終値の平均値を算出し、そのレートを1本線で表したものです。

為替レートは毎日上下に変動していますので、そういったデータの平均値を連続表示することで方向性を把握することが可能となります。

簡単にいうと、移動平均線は過去の相場の相対的な動きを教えてくれるものということになります。
一目見るだけでトレンドが確認できるので、テクニカル分析の基本中の基本ということになります。

移動平均線はそれぞれの期間における終値の平均値となります。
移動平均線の計算期間が短いほど、現在の値動きの影響を強く受け、逆に平均する期間を長くすれば現在の為替レート変動への影響が小さくなり、平均線の動きは緩やかとなります。

移動平均線を理解するには、移動平均線がどのように作成されるのかを知っておきましょう!

ここでは日足の移動平均線である『5日の移動平均線』の作成方法を説明します。
ひとつでも移動平均線の作成の仕方を覚えてしまえば、あとはその応用となりますので「結構簡単だった!」と思えるようにもなります。

移動平均線の作成方法

移動平均線のチャートにおいて、日足(ひあし=1日ごとのローソク足)の場合は5日、25日、75日という期間で作成されるのが一般的です。

この期間は、5日=1週間、25日=1ヶ月、75日=3ヶ月ということを意味しており、5日を短期、25日を中期、75日を長期の移動平均線と呼びます。

5日移動平均線とは

直近5日間の終値の平均値を1日ずつずらし、その数値を連続表示して作成された線のことです。

(例)7営業日分の終値が下記の数値だった場合
1日=100円/2日=105円/3日=110円/4日=115円/5日=120円/6日=125円/7日=130円

1日目の100円から5日目の120円までの数値の平均値を算出すると、110円になります。
5日間の平均値110円を5日目に点として配置、移動平均線のスタート地点が作成されます。

移動平均線のスタート地点

次に、2日目の105円から6日目の125円までの終値の平均値を算出すると、115円になります。
これを6日目に点として配置して、スタート地点である平均値110円と繋げると一本の線ができます。

移動平均線の2点目

このように作成方法を1日ずらして作業していくと移動平均線が作成される仕組みとなります。

作成方法をご説明しましたが、ほとんどの会社ではコンピュータが自動で計算して作成してくれるので、自分で作成する必要はありません。
しかし、どうやって作成されているかを知ることは大事なので、覚えておきましょう。

移動平均線の使い方

移動平均線は、1日の終値が更新されるとローソク足とともに変化しながら移動していきます。
では実際にどのように活用していけば良いのでしょうか?

チャートには、一般的に短期と長期の2本の移動平均線が表示されています。
FX取引にどう生かせば良いのかというと分かりやすいのは「トレンドの確認」です。
一目でトレンドがわかるので、初心者にも見やすいかと思います。

短期的な為替レートの流れを見る場合は短期の移動平均線を利用し、長期的な為替レートの流れを見る場合は長期の移動平均線を利用します。

移動平均線はFX初心者にわかりやすい分析方法で売買のタイミングを判断できる方法の1つ。
移動平均線を終値が上回ったら『買いシグナル』、下回ったら『売りシグナル』です。

買いのシグナルと売りのシグナル

移動平均線の種類

確認 移動平均線にはいくつかの種類があり「移動平均線の作成方法」でも説明した日足で作成されるもの、週足(しゅうあし=1週間の値動きのローソク足)で作成されたものがあります。

日足の場合5日(1週間)、25日(1ヶ月)、75日(3ヶ月)期間で作成されることが多く、週足は13週(3ヶ月)、26週(6ヶ月)、57週(1年程度)が一般的に利用されます。


平均線 線の内容 利用目的
5日移動平均線 直近5日間の終値の平均値を算出 短期的な為替レートの変動を図る
25日移動平均線 直近25日間の終値の平均値を算出 約1ヶ月の為替レートの流れの確認
スイングトレードなどでも使用可能
(※スイングトレード=数日間で売買を済ませる短期売買のトレード方法)
75日移動平均線 直近75日間の終値の平均値を算出 25日移動平均線とのクロス確認で為替レートの流れがどう変動するか確認
13週移動平均線 直近13週間の終値の平均値を算出 日足とは異なり、週足チャート上で閲覧可能
翌日の移動平均線は1日手前にずらした13週間のデータの平均を計算
26週移動平均線 直近26週間の終値の平均値を算出 平均線が右肩上がりの時は上昇トレンド
57週移動平均線 直近57週間の終値の平均値を算出 ほぼ1年間の平均線なので長期トレード向き

それぞれの移動平均線を、ご自身の状況に合わせて確認してするようにしましょう。

ゴールデンクロス・デッドクロスとは

移動平均線についてWEBなどで調べてみると『ゴールデンクロス』や『デッドクロス』という言葉を目にしたことがある人も多いと思います。

ゴールデンクロスやデッドクロスは、テクニカル分析の中では有名な売買シグナルです。
(※売買シグナル=FX会社から提供される売買に関する情報のこと)

ゴールデンクロス

テクニカル分析を行うために使われる言葉で、「買いのシグナル」として知られています。

移動平均線など使用する際に見られるシグナルで、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き上げる時点のこと。

ゴールデンクロス

デッドクロス

テクニカル分析を行うために使われる言葉で、「売りのシグナル」として知られています。

移動平均線など使用する際に見られるシグナルで、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下へ突き抜ける時点のこと。

デッドクロス

上記は移動平均線の特性を利用して相場の方向性などの予測をする為のチャートパターンの1つ。
トレンドを意識した取引を行う上で基本的な売買シグナルといえます。

しかし、このチャートパターンには注意しなければならないことが2点あります。
1点目は、トレンドフォロー系指標の特徴とも言える遅効性です。
値動きの変動が指標に出されるまで遅いことがしばしばあるので、気をつけましょう。

2点目は全テクニカル分析に言えることですが、売買シグナルに「ダマシ」があることがあります。

ゴールデンクロスやデッドクロスは100%信頼できるものではなく、ゴールデンクロス後に下降したり、デッドクロス後に上昇するケースも珍しくものではありません。

ダマシを避けるため、他テクニカル指標の売買シグナルも確認し、いくつか照らし合わせる事もひとつの方法です。

ダマシ

移動平均線についてまとめると、

トレンドを把握できる
売買タイミングの目安にできる

上記が活用できるようになりますので、FXを始めたばかりの方はぜひ覚えておくと良いでしょう。

代表的な移動平均線を紹介

移動平均線はテクニカル分析の基本中の基本で、とてもポピュラーな分析手法です。
そのため利用する期間の調整だけではなく、派生する様々な移動平均線が開発されてきました。

とても数が多いので、ここで全てをご紹介することは出来ませんが、代表的なものを見てみましょう。
またそのため基本の移動平均線は、その他と区別するため「単純移動平均線(SMA)」と呼ぶことがあります。

修正移動平均線(RMA)

修正移動平均線(RMA)= 修正移動平均線

原価計算等で用いる会計学上の移動平均です。
計算方法は、以下のようになります。

5日間の修正移動平均(1日目)=(C+C1+C2+C3+C4)÷5
5日間の修正移動平均(2日目以降)={(5-1)×前日の数値+C}÷5
(注:Cは終値。数字が多い方が近似値)

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線(WMA)= 加重移動平均線

直近の価格にウェイトを置いて計算します。
計算方法は、以下のようになります。

5日間の加重移動平均={(5×C)+(4×C1)+(3×C2)+(2×C3)+(1×C4)}÷(5+4+3+2+1)

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線(EMA)= 指数平滑移動平均線

累積加重平均のことです。
計算方法は、以下のようになります。

5日間の指数平滑移動平均(1日目)=(C+C1+C2+C3+C4)÷5
5日間の指数平滑移動平均(2日目以降)=前日の数値+α(C-前日の数値)
α(平滑化定数)=2÷(5+1)

尚、株式市場などでは出来高加重移動平均線(OVBMA)といって、出来高を加味して計算された移動平均線が利用されています。
ただ、為替市場では出来高が把握できませんので、利用されることはあまりありません。

以下は一つの日足チャートに、25日の単純移動平均線、加重移動平均線、指数平滑移動平均線を表示したものです。
各移動平均の価格にずれがあることが分かりますが、特に反転のタイミングなども大きく異なっていることは注目してください。

日足チャートに25日単純移動・加重移動・指数平滑移動 平均線を表示

日足チャートに25日単純移動平均線・加重移動平均線・指数平滑移動平均線を表示 チャート:外為どっとコムより

如何でしょうか?
どの移動平均線が利用価値が高いかは断定できませんが、色々試して頂けると自分にびったりと合ったものが見つかるかもしれません。

グランビルの法則とは?移動平均線の基本中の基本

グランビルの法則」とは米国のアナリスト、チャート分析家で初めてオンバランスボリューム(On Balance Volume:OBV)という出来高に注目したテクニカル分析手法を見出したジョゼフ・E・グランビル氏が考案した、移動平均線と価格の乖離(かいり)に注目し、相場の先行きを判断する投資理論です。

この法則は、価格チャートに移動平均線を表示して、そのパターンから4つの「買いシグナル」と4つの「売りシグナル」からの8種類で成り立っています。

移動平均線と言えばまず「グランビルの法則」が基本中の基本となりますのでしっかりと勉強しておきましょう。

買いシグナル 売りシグナル

1.(買いの第1段階)
移動平均線が長期間下落、または横ばいで推移した後、価格が上昇に転じ移動平均線を下から上に突き抜ける

2.(押し目買い)
価格が移動平均線を下回った場合でも移動平均線が上昇中の間は買いが継続

3.(買い乗せ)
移動平均線より上にある価格が足踏み状態の時、上昇中の移動平均線が価格を割り込むことなく再度上昇に転じる。

4.(自立反発の買い)
下向きになっている移動平均線より価格が大きく乖離し下落しても自律反発する可能性が高いと判断する

5.(売りの第1段階)
移動平均線が長期間上昇、または横ばいで推移した後、価格が下落に転じ移動平均線を上から下に突き抜ける

6.(戻り売り)
価格が移動平均線を上回った場合でも移動平均線が下落中の間は売りが継続

7.(売り乗せ)
移動平均線より下にある価格が足踏み状態の時、下落中の移動平均線が価格を上回ることなく再度下落に転じる

8.(自立反発の売り)
上向きになっている移動平均線より価格が大きく乖離して上昇しても自律反落する可能性が高いと判断する

グランビルの8法則

グランビルの8法則」に関してはあまりに一般的となり過ぎていること、またグランビル自体が自身の投資で優れたパフォーマンスを残していないことで、その効力を疑問視する見方もあります。

確かに5分から60分など短期足では、効力の持続性に疑問もあります。
また揉み合い相場の場合は騙しに合うことも多々ありますが、相場の大きなトレンドを見極めるには無視できない法則なので、しっかりとチェックしておきましょう。

移動平均線の期間設定

移動平均線の期間(パラメーター)の設定に関しては、どの期間が最良なのか諸説入り混じっています。

基本的に期間を短くとれば変化に素早く対応できるというメリットがある一方「ダマシ」も多くなるというデメリットがあります。
また期間を長くとれば「ダマシ」が少なくなるというメリットがある一方で、変化が緩慢になり認識の遅れを招くというデメリットがあります。

こういった問題はテクニカル指標全般に存在する課題ですが、相場は「生き物」と言います。
その時期・時期によって、ファンダメンタルや相場環境の変化に適切に対応しなければ、トレードの役立たないということもあます。

常にパラメーターのバック・テスト(過去の価格を見てそのトレード手法が適切か確認すること)を行いながら、その期間設定が適正かチェックしながら対応するしか方法がないようです。

加えて通貨ペアごとに適性のパラメーターが異なることは覚えておいてください。

元外銀ディーラーだいまん流!移動平均線の利用法

当サイトにてトレード戦略ブログを執筆してくれているFXトレーダー、だいまん氏が紹介する「だいまん流 移動平均線の利用法」をご紹介します。

移動平均線に関してはあまりに一般的であることから、私個人で特別の利用法があるわけではありません。
ただ基本的に移動平均線単体でみるより他のテクニカル指標を加えてみることで、相場の転換の判断により優位性を与えてくれます。

以下にその例として、2つの方法をご紹介します。

① 移動平均線とトレンド・ラインを併用する方法

以下は日足チャートに20日単純移動平均線とトレンド・ラインを作画してものです。

比較的シンプルと思われるでしょうが、実際移動平均線は過去の動きを平均したものでトレンド・ラインと整合性が高く、ダブルでサインを確認できることなどからトレードの判断に確証性が高めると考えています。

  • ① レジスタンを超えずに移動平均線を下回る=売り狙い
  • ② 価格が反転し移動平均を上回る=買い戻しや買い狙い
  • ③ 上ヒゲをつけレジスタンスやサポート・ラインを下回る=利食いや売り狙い
  • ④~⑥ レジスタンスや移動平均が上値を抑える=売り継続
  • ⑦ レジスタンスや移動平均線を上抜ける=買い戻しや買い

日足チャートに20日単純移動平均線とトレンド・ラインを作画

日足チャートに20日単純移動平均線とトレンド・ラインを作画 チャート:外為どっとコムより

トレンド・ラインは相場の流れを把握し易く、慣れれば誰にでも簡単に引けます。
色々と何度も引き直して一番相場の流れにマッチしたラインを残すように心がけましょう。

② 移動平均線とスロー・ストキャスティクスを併用する方法

移動平均線は「騙し」が多いと言われています。
価格中心の指標ですので、相場が乱高下したり、一気に価格が一方向に動くと移動平均の数値がブレて相場の判断を難しくする傾向があるようです。

そこでもう一つのテクニカル分析方法として、オシレーター系の代表的な分析手法であるスロー・ストキャスティクスを併用する方法をご紹介します。

オシレーター系指標は、相場のモメンタム(買われ過ぎや売られ過ぎを示す指標)を示してくれますので、長らく移動平均線が上昇または下落した場合など、相場の行き過ぎ感を教えてくれるので利用価値が高いと思います。

また通常のストキャスティクスはサインが早く出過ぎるので、ここではサインの遅いスロー・ストキャスティクスを利用しています。

以下は日足チャートに20日移動平均線とスロー・ストキャスティクス(%K=18、%D=9、Slow%D=9)を同時に表示したものです。

日足チャートに20日移動平均線とスロー・ストキャスティクスを表示

日足チャートに20日移動平均線とスロー・ストキャスティクスを表示 チャート:外為どっとコムより

① ではスロー・ストキャスティクスがゴールデン・クロスとなり買い戦略が示唆されています。
ただ①´では移動平均線を割れる動きが見えていますが、一方でスロー・ストキャスティクスの上昇が続けていることで買いが継続できます。

② ではスロー・ストキャスティクスがデッド・クロスとなり売りサインとなり、②´で移動平均線を割り込みながら下降をスタートしています。
売り戦略に自信が持てる展開です。

③ ではスロー・ストキャスティクスがゴールデン・クロスしています。
買い戻しや買いも検討する段階ですが、移動平均線が上昇を抑えています。
売りの継続ができればベターですが、もし買っても直ぐやめる判断が必要そうです。

④ は移動平均線が上値を抑える状況が続き、スロー・ストキャスティクスが再びデッド・クロスしており、売り狙いです。
もし、③で買ってしまっていても、ここは「度転・倍返し売り」のチャンスとなりそうです。

⑤ ではスロー・ストキャスティクスがゴールデン・クロスとなり、利食いや買いが検討されます。
また⑤´で移動平均線を上抜けましたので買い維持の判断ですが、直後に移動平均線を割り込んでいます。
若干不透明な展開ですが、移動平均線が横ばいとなっていることを考えると、買いのポジションにリスクが高いことが分かります。

この後の判断はスロー・ストキャスティクスの行方を見ながら判断する形となりそうです。

これはあくまでほんの一例です。
移動平均線に加えるテクニカル指標にご自身が慣れ親しんだ他のものを利用しても良いと思います。

また毎回思い通りに行くとは限りませんが、できれば同じテクニカル分析を継続利用してその癖やメリット・デメリットを把握して利用することが出来れば、尚良い結果を導きだせると思います。

実際のチャートで試してみよう!当サイトおすすめFX業者

外為ジャパン
外為ジャパン 1,000通貨から取引可能&手数料も無料!
FX会社の中でも狭いスプレッドを提供している外為ジャパンは、低コストで始められると評判の会社のひとつです。
スマートフォンやタブレッド端末にも対応していて、どれも見やすい工夫がされているので、細かいチャートもしっかりと確認できます!
外為ジャパンへ
外為どっとコム
外為どっとコム 多機能のチャートから分析が可能です!
1画面に必要な情報がまとめられているので、初心者でも見やすいツール画面となっています。
また、スピード重視の短期取引をしたい方に最適!多機能なチャート分析が行なえるため、情報収集もばっちりです。
外為どっとコムへ
ヒロセ通商(LION FX)
ヒロセ通商(LION FX) 口座を開設しておいて間違いない会社のひとつ!
取扱い通貨ペアは「50」と業界最多レベルです。
少ない資金から始められたり、トレンドがわかりやすいようにテクニカル分析の平均足を実装してくれるので、FX初心者には魅力的な会社です。
ヒロセ通商(LION FX)へ
セントラル短資FX
セントラル短資FX 高金利のスワップポイントで人気!
高金利通貨のスワップポイントが高いことから中・長期トレードをする方にも人気があります。
無料配信の情報サイト『FXライブ!』や、チャートパターン予想の『みらいチャート』も提供しており、情報収集ツールも充実しています。
セントラル短資FXへ
外為ジャパン
外為ジャパン 1,000通貨から取引可能&手数料も無料!
FX会社の中でも狭いスプレッドを提供している外為ジャパンは、低コストで始められると評判の会社のひとつです。
スマートフォンやタブレッド端末にも対応していて、どれも見やすい工夫がされているので、細かいチャートもしっかりと確認できます!
外為どっとコム
外為どっとコム 多機能のチャートから分析が可能です!
1画面に必要な情報がまとめられているので、初心者でも見やすいツール画面となっています。
また、スピード重視の短期取引をしたい方に最適!多機能なチャート分析が行なえるため、情報収集もばっちりです。
ヒロセ通商(LION FX)
ヒロセ通商(LION FX) 口座を開設しておいて間違いない会社のひとつ!
取扱い通貨ペアは「50」と業界最多レベルです。
少ない資金から始められたり、トレンドがわかりやすいようにテクニカル分析の平均足を実装してくれるので、FX初心者には魅力的な会社です。
セントラル短資FX
セントラル短資FX 高金利のスワップポイントで人気!
高金利通貨のスワップポイントが高いことから中・長期トレードをする方にも人気があります。
無料配信の情報サイト『FXライブ!』や、チャートパターン予想の『みらいチャート』も提供しており、情報収集ツールも充実しています。

FX@外為比較ランキング編集部のプロフィール

FX@外為比較ランキング編集部
FX@外為比較ランキング編集部。
初心者でもFXで稼げるようになる為の基礎知識から取引の仕方、優良FX業者を選ぶポイントなどを紹介。 入社1年目に、資金10万円からFX取引をスタートした当サイトの編集部員のリアルFXブログも公開!
その他、FX取引に役立つ最新情報やFXトレーダーのインタビュー企画、FX情報コラムなども配信!FX初心者~上級者が楽しめる内容をお届けします。
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  2. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    損失500万円!FXで損切をしなかった失敗談とすぐ出来る対処策
  5. FX会社を特徴・目的別に比較, システムトレード(自動売買)

    シストレ(自動売買)が使えるFX業者を徹底比較【初心者向け】

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました