英国の政局不安でポンドは下落…記事中の画像はポンドドルの時間足チャートですが…

こんにちは。
YEN蔵(@YENZOU)です。

8日遅くに英国のデービスEU離脱担当相が辞任したことが明らかになりポンドの下落要因になっています。

またベーカー離脱担当副大臣も辞任しました。

メイ英首相は6日に閣僚会議で、離脱に関してのメイ首相の方針に関して同意を取り付けましたが閣内の不一致が露呈しました。

メイ首相の提案は、EUとの通商関係を重視する恩恵な内容となり、これに反対している保守党内の離脱強硬はデービス氏の辞任を賞賛しました。

メイ首相はものの自由貿易圏の創設をEU側に求め、貿易面でのつながりを維持しようとする提案を行いました。
この時点では閣僚も合意していた模様です。

これに対してデービス氏らの離脱強硬派は、これでは英国の交渉での立場を弱めるもので英国の立場が悪くなると主張しました。

またメイ首相がEUとの共通ルールを維持を提案に盛り込んだことに関して、英経済の大部分をEUが掌握することを認めることになり、国内法の支配権が英国に戻ることはなくなると主張しました。

保守党内の離脱強硬派は、閣僚会議での合意は、EUからの離脱を約束したメイ首相の裏切りで、名ばかりのブレグジットになると批判しています。

またロンドン時間午後に、ボリス・ジョンソン外務大臣が辞任を表明したことで、ポンドドルは一時1.32割れまで下落しました。

英公共放送のBBCによると、議会ではメイ首相に対する信任投票の実施の動きも噂されているとしていましたが、英保守党議員からは信任投票に関しては否定発言が出たことでポンドが一時反発しました。

チャートはポンドドルの時間足です。

6月28日の安値1.3049から先週末は一時1.3362まで上昇しました。

英国の政治不安を受けて一時1.3191まで下落しました。

しかしそのレベルは先週の上昇前の安値圏です。

また1.3049~1.3362のレンジのフィボナッチ・リトレースメントの50%にあたります。

短期的にはこのレベルがサポートされています。
しかし、昨日のアジア時間の安値1.3280~90もレジスタンスになっており、このレベルを上抜けできないと、再び下落となるのではないでしょか。

ポンドドル時間足チャート

ポンドドル時間足チャート (チャート:ヒロセ通商より)


関連記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  2. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  3. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編
  4. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FXで毎月2万円稼ぐ子育て主婦の話!ローリスクなトレード手法を紹介

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました