» » リップル(XRP)の手数料を2社で比較!最も安く購入できる取引所は?!

10万円FX!FX初心者実践ブログ

2017.10.26

リップル(XRP)の手数料を2社で比較!最も安く購入できる取引所は?!

台風 こんにちは!
先週末は本州へ台風が上陸して大変な被害が出ましたね。。 関東は日曜のうちに通り過ぎて一安心(*˘︶˘*)

と思ったら、また今週末にも台風が超接近するとの予報が・・。

やたらとおでかけしたくなる秋。
今週末も予定を入れていたのにどうしよう。。

私の友達がスーパー雨女なので、いつもその友達とのイベントは雨の写真ばっかりなんですが、今回はついに台風までも呼んじゃったみたい。。笑

色々予約を入れているので今からキャンセルするとキャンセル料とかかかるし、強行突破で行こうと思うのですが、どうなることやら。

台風がそれるかもしれないですが、週末におでかけされる方は十分にお気をつけくださいね!

さて!そろそろ本題に参りましょうか。
今回も前回ブログの続きで、Tさんの仮想通貨トレード編です!

リップル(XRP)のスプレッド差を人気取引所2社で比較してみた!

前回、Tさんは今まで使っていたコインチェック からビットトレードに メイン口座を乗り換えたというお話をされていました。

その理由として挙げていたのが、「コインチェックってスプレッド(購入・売却の差額)高くないか?」と疑問を抱いたからなのだそう。

Tさんは現在メイン口座を「ビットトレード」、サブ口座を「コインチェック」として運用されています。

前回は、ビットトレードとコインチェックがどのくらいスプレッドの差があるのかを聞けていなかったので! 今回は、どれだけのスプレッド差があるのか、Tさんにも協力してもらって比較・検証をしてみました!

リップル(XRP)とは、そもそもどんな仮想通貨なのか?

今回は、Tさんもトレードをしているリップル(XRP)でのスプレッド差を比較・検証してみたいと思います。

リップルとは、ビットコイン(Bitcoin)と同じ仮想通貨。 リップルの通貨単位は「XRP」といって、単純な通貨としての機能以上の武器を持つ「アルトコイン」と言われる仮想通貨です。

仮想通貨の中だと有名で人気なのはビットコインですが、リップルもかなりの人気。取り扱っている取引所も多くあります。

人気の理由は、あのGoogleが投資をしたから。
世界的大手IT企業であるGoogleが投資をしたということは、リップル(XRP)に将来性を感じた!ということなのです。

では、実際にレート画面を見ながら比較・検証していきましょうっ!

コインチェック(coincheck)のレートを見てみよう!

下記は、コインチェックのスマホアプリで見た、リップルのレート(チャート画面)です。
(2017年10月24日現在)

コインチェックのレート画面

この時は1リップル「¥22.6734」でした!
たった1時間で1円以上も変動していますね。。すごっ

さてさて、売りと買いの注文画面も見てみましょう。

コインチェックの取引画面

左側が売却画面、右側が購入画面です。

売却レート 21.7540 XRP / JPY
購入レート 23.4560 XRP / JPY

つまりスプレッド差は→ 1.70 でした!(小数点2位以下まで計算)


ビットトレード(bittrade)のレートを見てみよう!

下記は、ビットトレードで見た、リップルのレート(チャート画面)です。
(2017年10月24日現在)

ビットトレードのレート(チャート)画面

ビットトレードはスマホのwebサイトでも見れますが(アプリはまだ未対応)、今回はパソコン版の画面を見本にしてみました。

こちらの取引所でも、売りと買いの注文画面を見てみましょう。

ビットトレードのレート(チャート)画面

左側が売却画面、右側が購入画面です。

売却レート 22.55 XRP / JPY
購入レート 23.393 XRP / JPY

つまりスプレッド差は→ 0.84 でした!(小数点2位以下までで計算)


ビットトレード対コインチェックのスプレッド比較対決!結果は?!

上記で比較したの図を見ての通り、2社のスプレッド差は下記のようになりました。

コインチェック → 1.70
ビットトレード → 0.84

なんと、コインチェックはビットトレードのほぼ倍!!!


ビットトレードのスプレッドの方がかなり優秀だということがわかりました。

今回の1リップルの場合はスプレッドも小さい金額なのであまりパッとしませんが、 例えば、1リップル「22円」の時に10000リップルを取引しようと思った場合のスプレッド差は、、、

【計算】22円 × 10,000リップル = 220,000円

コインチェック → 17,000円
ビットトレード → 8,400円

コインチェック、、高額ぅぅっっ!その差なんと、8,600円!


手数料でこれだけ取られてたらバカになりませんね。。。
うまいこと手数料もなるべく低くして取引するのが、賢いトレードの秘訣ではないでしょうか。

とはいえ!

手数料だけで判断するのもどうかと思います。
取引画面が自分に取って見づらい取引所でがんばって取引しても、なかなか勝率は伸びないかもしれません。

スマホアプリにも対応していて、見やすさを重視したいなら「コインチェック」。
見やすさよりも何よりも、手数料重視したいというなら「ビットトレード」。

Tさんは、「スマホアプリは捨てがたいけど、それよりも手数料が安い方が良いから、メイン口座はビットトレード」って言ってました!

みなさんも、自分の使い方や重視する点に合わせて取引所を選んでくださいね!

Bittrade(ビットトレード株式会社)の詳細

TさんイチオシのBittrade(ビットトレード)の詳細はこちら!
リップルを始め、取扱仮想通貨のスプレッドが狭く、多くの取引所の中で低コストで運用が始められる業者!

こじるり_ビットトレードイメージキャラクター

会社ロゴ ビットトレード
金融庁登録番号 関東財務局長 第00007号
取引仮想通貨 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)

Coincheck(コインチェック株式会社)の詳細

スマホアプリの見やすさ&使いやすさはピカイチのCoincheck(コインチェック)の詳細はこちら!
仮想通貨トレードを始めたいけど、初心者だから見やすくてなるべく簡単な取引画面が良いという人にかなりおすすめ!

コインチェックTOP

会社ロゴ コインチェック
金融庁登録番号 継続審査中
取引仮想通貨 Bitcoin(ビットコイン)、Ethereum(イーサリアム)、Ethereum Classic(イーサリアム クラシック)、LISK(リスク)、Factom(ファクトム)、Monero(モネロ)、AUGUR(オーガー)、Ripple(リップル)、Zcash(ジーキャッシュ)、NEM(ネム)、Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)、MONA COIN(モナコイン)

ビットコイン(仮想通貨)についてもっと知りたい方は、下記の解説ページでぜひお勉強してくださいm(_ _)m

ビットコイン取扱説明書

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ



DMM FX主催のデモ取引バトルに参戦中!トレーダー実践ブログ



▼ここなら間違いなし!のFX会社
GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ)

当サイト×GMOクリック証券限定タイアップキャンペーン実施中! 口座開設+FXネオ取引で最大30,000円キャッシュバック!!
他と比べてその差が分かる!全19通貨ペアが驚きの異次元低スプレッド!
業界最高水準のスワップポイントでスマホ対応した専用取引ツールの他、
三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行での100%信託保全で資産も安全です!

▼業界最狭水準スプレッドのFX会社
DMM FX
DMM FX

全20通貨ペア!業界最狭水準スプレッドといえばDMM FX ネット環境があれば何処でも取引が可能な取引ツールは
カスタマイズも可能で自分にあった使い方ができます!
初心者から上級者にまで使いやすい、わかりやすいと大好評!
抜群の操作性を誇る豊富な取引ツールや安心・安全の完全信託保全など
PCは勿論モバイルやスマートフォン用のツールも豊富に取り揃えています!

▼情報コンテンツが豊富なFX会社
外為オンライン
外為オンライン

お客様に選ばれて5年連続FX年間取引高No.1! わかりやすい取引ツールや豊富な情報コンテンツなど、
初心者から上級者にまで大好評!
口座開設費・入出金手数料、取引手数料など全て無料!
今の値動きや本日の値動きなど変化する為替市場で
取引出来るから、デイトレ派の方にも使いやすいです!