» » 底固めの動きに注目です

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2016.01.19

底固めの動きに注目です

2016年1月19日 本日注目のポイントはこちら
11:00 中・鉱工業生産、10-12月期GDP
19:00 独・ZEW景気期待指数、ユーロ圏・ZEW景気期待指数
30:00 米・対米証券投資

ドル/円は下値を固めて、117円を維持できるかどうかに注目。

今年は暖かいという話だったのが首都圏も雪ですね。
2年前は東京も大雪となって大変でしたが電車やバスなどの交通面での混乱が心配です。

トラブルに巻き込まれて寒いところで長時間待たされるなんてことになっても大丈夫なようにしっかりと着込んで出かけてください。

相場の暴落はようやく落ち着きそうに見えますがまだ弱い動きなので、安値トライの動きには十分に警戒しないといけません。

昨日休みのNY勢の参入で米株などがどう動くかも重要です。
NYダウは1万6000を割り込んで下げ止まるかどうかがポイントです。

テクニカル分析ではサポートラインがこのあたりにきているので、一旦は下げ止まる可能性があります。

ただし、戻しが弱い場合は春くらいに大きな暴落が再度襲うことも想定して、中長期のテクニカルチャートの崩れが本格的になってくるかどうかを見ていく必要があります。

サイクル的に見てもリーマン・ショック後の安値をつけたのが09年の春で、そろそろ7年が経過します。
数年サイクルとしてはかなり長い上昇トレンドです。

今日の中国の経済指標が株価に大きく影響するとの話もあり、中国、米国、そして原油価格の動きが今の相場を揺れ動かす要因として注目されています。

アベノミクスはすでに終わったという声もありますが日銀の黒田バズーカ第3弾があるのではという声も多く、今年の参議院選挙までのどこの段階で追加緩和を行うかです。

第3弾が最後のバズーカという予想が多いため夏の参院選後はマーケットが上がる要因がまた1つ消えるということです。

<NYダウ 5年チャート>
NYダウ 5年チャート
(ヤフーファイナンスより)


政治イベントもマーケットを動かす大きな要因として確認しておかないといけません。
日本の公的資金はGPIFが目標比率にほぼ近いくらいの株をすでに購入してしまったこともあり、日銀マネーが最後の資金との見方が強まっています。

ただし、もしバズーカ第3弾があったとしても第1弾や第2弾に比べると規模がかなり小さいということなので、期待はほどほどにしながら最後の上げがあることを期待したいと思います。

つまり、売り方はいつ跳ねるかに気をつけながらの戦略になるということです。

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ