1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
山根氏が厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュバック
ピックアップ!
ひと言メモ
外為どっとコム 1,000通貨 20 最大50,000円 山根氏が初めて開設した口座
情報量がかなり多い。
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 最大56,000円 キャンペーンでおもしろい商品をくれる。
チャートも見やすい。
FXブロードネット 1,000通貨 24 最大20,000円 トラッキングトレード(何度もIFD注文を繰り返す機能)などの注文も使えて便利。
楽天証券(楽天FX) 1,000通貨 24 最大80,000円相当
楽天ポイント
安心の楽天グループ。マーケットスピードでテクニカル派も納得のチャート分析ができる。

ポイント 地政学的リスク(北朝鮮問題など)に振り回されたくない!外為どっとコム会員(無料)のみ限定のレポートをチェック!>>

2016.01.27

底値を拾いたい高金利通貨

2016年1月27日 本日注目のポイントはこちら
24:00 米・新築住宅販売件数
28:00 米・FOMC政策金利発表
29:00 NZ・政策金利発表

ドル/円は117.6−118.9円のどちらにブレイクするかに注目。

【経済指標】どこよりも見やすい!重要経済指標をリアルタイムに近いスピードで速報する「経済指標フラッシュ! 」とは・・?>>

今日の深夜に米国のFOMCがありますね。
ほとんどの人が寝ている時間なので、リアルタイムで発表を見るのはちょっと厳しいですが米国が今年何回利上げをするのかについて関心が高まっています

2回とか3回という声がありますが3回も利上げをしたら利上げのできない日本と金利差が開いてきますね。

米国の利上げに伴って、新興国も利上げに動かざるを得ない状況になるのでしょうか。
国によってはデフレ懸念があるから利上げは当分ないということもあるでしょう。

日本と欧州の利上げはいつになるのか誰にもわかりません。
数年サイクルでは米国の利上げをきっかけとして株式市場が崩壊していくという動きがかなり顕著に見られます。

中国経済への先行き不安が消えないまま次の利上げに踏み切れば株にとってはマイナスです。

今回利上げはないだろうということで、先月のFOMCほどは注目が集まっていません。
それよりは日銀の追加緩和に対しての期待(警戒?)感が強いのではないでしょうか。

しかし、黒田バズーカも第3弾が最後になるだろうということで、日銀としては最後の手段は温存しながら今回の急場をしのぎたいというのが本音ではないでしょうか。

<リラ/円 日足チャート>
リラ/円 日足チャート
(外為どっとコムより)

甘利大臣の不祥事が政権にとっては痛手ですね。
TPP阻止のための陰謀ではないかという話もありますがアベクロ相場は今年はもう機能しなくなってくると考えてリスク管理はしておきたいです。

ショック的な動きは今年も3か月から半年おきくらいの間隔で起こると考えておきたいですが、カナダドルや豪ドルやポンドなどの資源国通貨は原油安の動きと連動することもあり、下げがきつくなる可能性があります。

そう考えるとトルコのリラはかなり底値圏にあるので、計画的ナンピンが比較的やりやすいのではないでしょうか。
40円台に抵抗があるので、底値で買った人はこのあたりは利益確定の目安にもなると思います。

暴落のたびに1円ほど安値を更新するような動きになっていますが37円、38円台より下は買いで、35円程度までの下落を想定しておけば慌てることもなさそうです。

なんと言っても高金利なのが魅力です。
ランドは6円台を上手く拾っていくというような戦略でじっくりいきたいです。

ポイント 業界最狭スプレッドを常時提供している外為どっとコムが今、さらにスプレッドを縮小している件。>>

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ