» » 期待したほどではない可能性も

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
山根亜希子
(有)ユビキタストレーディング代表
1973年大阪生まれ。元文部省・科学技術庁 記者クラブメンバー。
大学卒業後、サイエンスライター(文部科学省・記者クラブ所属)をした後、
地元に帰り失業中にFXに取引を開始。FX関連の書籍がベストセラーとなり
証券会社やFX会社などでもセミナー講師をする。趣味は海外旅行とアロマテラピー。
山根亜希子氏が注目する経済ワード!   ※ワードをクリックすると、関連する記事へジャンプします

2017.03.10

期待したほどではない可能性も

山根亜希子氏は◯◯のFX業者を使ってトレード!プロが愛用する業者とは…?>>

2017年3月10日 本日注目のポイントはこちら
18:30 英・鉱工業生産
22:30 米・雇用統計

ドル/円は115円を超えると115.4円が次のターゲットに。

経済指標やアナリストレポート(20種)等のマーケット情報が充実しすぎるFX業者がここ>>

週末が終われば少し寒さが和らぎそうですね。
まだまだ寒いのでマフラーに手袋としっかり冬衣装で出かけていますが、日の入りが遅くなってきているように感じるのでが少しずつ近づいています。

米国のADP全国雇用者数が予想を大きく上回る結果となったことでドル/円、クロス円も再び上昇してきましたが勢いは限定的にも感じます。

3月の利上げについてはかなり織り込み済みだという話もあり、先週1週間くらいの動きでこの利上げに対してはある程度ドル高が進んだとの話です。

さらに、ドル/円については115円超で買っているロングのポジションもそれなりにあるようで、どんどん買い進む動きが出にくいという指摘もあります。

逆に、皆が一斉に売りポジションを持っている場合は、損切りの買戻しが一気に起こって急騰する動きにつながるのですが、買いの方が多いとなると新規の買いがどれくらい入ってくるのか微妙です。

相場ではニュースが出たら素直に動く場合もありますが織り込み済みとか材料出尽くしで瞬間的な動きの後は、逆の動きになってしまうこともあります。

このあたりの見極めは上級者でも判断が難しかったりします。
米国の利上げは、3月利上げとなると次の利上げがかなり遅くなるかもしれません。

ユーロ/ドル 4時間足チャート


ユーロ/ドル 4時間足チャート
(DMM.com証券より)

年に3回ではなく、2回になるかもしれません。
その場合は、3月と12月とかになってしまえば春以降は逆にドル売りの動きになるかもしれず、大きくドル買いに動きにくいというところでしょうか。

トランプ大統領の動きが読めないため中期的な予測ができないというのが本音かもしれません。

とりあえずは、ドル/円、クロス円ともに今日の米国の雇用統計と来週のFOMCを前に上値トライの動きが続きそうです

値幅的にはそれほど大きな上昇にはならないかもしれないので、利益が出ればしっかりと確定したいです。

昨日はユーロ圏の金融政策が発表され、直後にはユーロ/ドルが1.60を超える動きとなりましたが、レンジ内の動きにおさまっています。

山根氏がFXを始めた時からずっと使い続けるFX業者…その愛用のツールって何?>>

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ