» » FOMC後の急落を取り戻せるか

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
山根亜希子
(有)ユビキタストレーディング代表
1973年大阪生まれ。元文部省・科学技術庁 記者クラブメンバー。
大学卒業後、サイエンスライター(文部科学省・記者クラブ所属)をした後、
地元に帰り失業中にFXに取引を開始。FX関連の書籍がベストセラーとなり
証券会社やFX会社などでもセミナー講師をする。趣味は海外旅行とアロマテラピー。
山根亜希子氏が注目する経済ワード!   ※ワードをクリックすると、関連する記事へジャンプします

2017.04. 7

FOMC後の急落を取り戻せるか

山根亜希子氏は◯◯のFX業者を使ってトレード!プロが愛用する業者とは…?>>

2017年4月7日 本日注目のポイントはこちら
15:00 独・鉱工業生産
17:30 英・鉱工業生産
21:30 米・雇用統計

豪ドル/円は83-84.5円のどちらにブレイクするかに注目。

経済指標やアナリストレポート(20種)等のマーケット情報が充実しすぎるFX業者がここ>>

週末にかけて天気が良くないので、家にこもって色々と用事を片付けたいと思っていますが、為替も株価も下落リスクがおさまりませんね。

昨日は、FOMC発表後に大きく下落し、日本時間には日経平均も300円超の下げとなりました。

1万8600円を割り込み、日経平均のチャートは形が崩れてきています。
中長期的には株価は大きな調整局面に入っていくリスクが高まっています。

FOMCでは、今年後半にバランスシートの見直しをするというようなことを発表しました。

金融緩和で膨らんだバランスシートを縮小するということですが金融政策の変化が株の下落を引き起こし、NYダウも直後に下げました。

株価についてもかなり割高という意見が出たことも、株価にとってはマイナスに働きました。

北朝鮮のミサイルのせいで株価が下げたのかと思った人もいるかもしれませんが、金融政策の変化が株価を直撃し、為替もリスク回避の流れとなりました。

ただし、日経平均は安値更新となりましたが、ドル/円は110円ではしぶとく下げ止まっているので、底固めができれば短期的な戻りの流れになる可能性があります。

豪ドル/円 1時間足チャート
豪ドル/円 1時間足チャート (DMM.com証券より)

クロス円もそろそろ下げ止まるかもしれませんが、売り圧力が継続していることが少し心配です。
毎日色々なニュースが入ってきますが、雇用統計だけでなく、今日、明日と米中首脳会談が行われています。

北朝鮮問題についても話し合われるということですが、中国は米国が武力行使に踏み切った場合、朝鮮戦争に発展するとして武力行使は認めない方向のようですが、米国がどう判断するかも気になります。

武力行使ということになれば、日本も当然巻き込まれてマーケットにも大混乱が予想されます。

ドル/円、クロス円ともに水曜高値を超えてくるまでは、下落リスクを意識しながらトレードしたいです。

雇用統計の結果次第では、昨日の安値を割り込むリスクもあるため、買いポジションの損切りは入れておくのが安全そうです。

山根氏がFXを始めた時からずっと使い続けるFX業者…その愛用のツールって何?>>

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ