» » 多少の戻しはあるでしょうか

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
山根氏が厳選
おすすめFX会社
取引
単位
通貨
ペア
超豪華!
キャッシュバック
ピックアップ!
ひと言メモ
外為どっとコム 1,000通貨 20 最大50,000円 山根氏が初めて開設した口座
情報量がかなり多い。
ヒロセ通商(LIONFX) 1,000通貨 50 最大56,000円 キャンペーンでおもしろい商品をくれる。
チャートも見やすい。
FXブロードネット 1,000通貨 24 最大20,000円 トラッキングトレード(何度もIFD注文を繰り返す機能)などの注文も使えて便利。
楽天証券(楽天FX) 1,000通貨 24 最大80,000円相当
楽天ポイント
安心の楽天グループ。マーケットスピードでテクニカル派も納得のチャート分析ができる。

ポイント 地政学的リスク(北朝鮮問題など)に振り回されたくない!外為どっとコム会員(無料)のみ限定のレポートをチェック!>>

2017.04.18

多少の戻しはあるでしょうか

2017年4月18日 本日注目のポイントはこちら
21:30 米・住宅着工件数
22:15 米・鉱工業生産

ドル/円は108.8円を超えると109.3円あたりが視野に。

【経済指標】どこよりも見やすい!重要経済指標をリアルタイムに近いスピードで速報する「経済指標フラッシュ! 」とは・・?>>

週末のリスクはなんとか過ぎ去りました。
北朝鮮が15日に核実験をするのではないかという話がありましたが、米国と中国からの圧力により断念したようです。

中国が米国にかなり協力的な対応をしていることで、米国も中国に対してTHAAD(迎撃ミサイル)の韓国への配備を見送るなど、配慮の姿勢を示しています。

今後、北朝鮮が暴走しなければ韓国の大統領選が終わるゴールデンウイーク明けくらいまでは様子見となる可能性もあります。

中国も米国も韓国の次期大統領が米国寄りになるか北朝鮮寄りになるかを見極めたいと思っているのではないでしょうか。

日本は安倍総理が週末に芸能人たちと桜を見る会でのんきにお花見をしていたことも安心感を相場に与えたかもしれません。

ただし、大きく相場が戻ってくる可能性は期待しない方がよさそうです。
大きく下げ過ぎた反動で多少は戻ってくるというようなイメージがよいのではないでしょうか。

今週あたりから米国の企業決算の発表が活発になってきます。
経済指標や企業の業績が良ければ株価上昇の流れになってくることを期待したいです。

今週どれだけ戻せるかがポイントになってくるかもしれません。
23日にはフランス大統領選があり、連休明けに2回目のフランス大統領選、そして韓国の大統領選があります。

日経平均 日足チャート

日経平均 日足チャート(ヤフーファイナンスより)

フランス大統領選と北朝鮮情勢が2大リスクとして意識されているので、現段階で大きくポジションを傾けることにはならないと思います。

株価などを見る時にも使う恐怖指数と呼ばれるVIX指数も、4月1週目から上昇始め先週には15を超えてきました。

このVIX指数の上昇が止まるかどうかも投資家心理を見る時には重要です。
今の動きを見ると為替のリスク回避が最もひどくなっています。

もちろん、日経平均がNYダウなどに比べて下げ幅が大きいのは、極東リスクが高まっているからです。

日経平均1万8000円、ドル/円108円台を維持できれば下落の流れに変化が出てきそうです。

ポイント 業界最狭スプレッドを常時提供している外為どっとコムが今、さらにスプレッドを縮小している件。>>

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ