» » 欧州の選挙日程は頭に入れておきたいです

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.06. 6

欧州の選挙日程は頭に入れておきたいです

2017年6月6日 本日注目のポイントはこちら
13:30 豪・政策金利発表
18:00 ユーロ圏・小売売上高

ユーロ/円は123-125円程度のレンジをどちらにブレイクするかに注目。

そろそろ関西は梅雨に入る時期になっていますが今年は少し遅れそうです。
最近は涼しくて快適な日が続いているので、夏が来るのが遅れてほしいと思います。

テレビをつけると加計学園問題など安倍政権の疑惑が毎日放送されていますが、不思議なくらいに自民の支持率が高いのが謎ですね。

森友学園といい、国民はかなりおかしいと感じているはずですが、他に支持する政党がないということでしょうか。

また、都議選が近づいてきましたが、未だに築地か豊洲か決断しない小池知事の優柔不断な対応は都民をイラつかせていると思います。

どこの国も政治への不満がかなり出ていますが、8日の英国の総選挙に続き、11日にはフランスでも下院選挙の1回目があります。2回目は18日です。

また、先週はイタリアでも前倒しの総選挙を9月か10月に行うとレンツィ首相が示唆したことで、イタリアの株や国債が売られる動きが一部でありました。

9月にはドイツの連邦議会選挙もあり、ユーロの動きがどうなっていくのかも気になりますね。

先日行われたG7の様子を見ると完全にトランプ大統領だけが浮いている感じでした。
パリ協定からも離脱し、今後も欧州とは摩擦が予想されます。

ポンド/ドル 週足チャート

ポンド/ドル 週足チャート ※クリックで画像拡大
いいね!LINEアカウントとお友だちになるとお問い合わせもLINEでできちゃう💬
(チャート:DMM FXより引用)

そんな米国ですが、今月の利上げへの期待もありますが先週末の雇用統計が悪かったことで流れはドル安となっているので、どこでドル安の流れが止まるかが直近のポイントになりそうです。

そういえばカタールが中東6か国から国交を断絶されるというニュースもありましたね。
サウジ、UAE、バーレーン、エジプト、イエメン、モルディブの6か国です。
理由はカタールがテロを支援しているからということみたいです。

原油が下げてきているので中東情勢も気になります。
英国の総選挙前で動きが取りにくい状況ですが、ポンド/ドルの週足のチャートを見ると高値・安値が少しずつですが切り上がりの形となっています。

1.305の直近高値を超えてくる動きとなれば中期的には1.35を目指す動きになるかもしれないので、ポンドは跳ねる可能性もあると考えておきたいです。

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ