» » 日曜にはフランス国民議会総選挙

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.06. 9

日曜にはフランス国民議会総選挙

2017年6月9日 本日注目のポイントはこちら
17:30 英・鉱工業生産、貿易収支
NZドル/円は高値更新の動きが出ているので80円を回復できるかに注目。

そろそろ夏休みの予定を考えないといけない時期ですね。
最近はお盆などを避けるとLCCの格安航空券で飛行機代もかなり安くおさえることができます。

旅行業界も経営が厳しくなってきているので、贅沢な旅をしてくれる人が増えないと利益が出せなく大変ですね。

お金持ちが派手に使ってくれて、その利益で安いサービスを庶民に提供するというビジネスモデルが成り立たなくなると困るので、時々は贅沢な旅をしてみたいと思いますが。

さて、相場は経済イベントよりも政治的な動きで読みにくい状況が続いています。
英国の総選挙が終わったと思ったら11日、18日とフランス議会選挙が待ち構えています。

英国とEUの離脱交渉も今後どうなっていくのかまだ不透明な点が多く、中長期的にどの通貨が上昇していくのかわかりにくいです。

米国も今までと違って少しトーンダウンしそうになってきました。
政治面での不安もありますが、利上げについても夏以降は慎重な判断を迫られる可能性がありそうです。

相場への影響は今のところ出ていませんが、日本の政治もこの数か月でひどいことになってきています。

NZドル/円 日足チャート

NZドル/円 日足チャート ※クリックで画像拡大
いいね!LINEアカウントとお友だちになるとお問い合わせもLINEでできちゃう💬
(チャート:DMM FXより引用)

さらに、原子力機構で起きたとんでもない被ばく事故は、海外にどのように受け止められるのでしょうか。

東海村JOCでもバケツに入れていたものを素手で扱い最悪な臨界事故を起こしたことがありますが、今度はビニール袋が破れたことを想定外と言っています。
しかも26年前のビニールということで、今まで破れなかったのが不思議なくらいです。

この状態で東京五輪が無事に開催できるのか日本人でも不安です。
何かのきっかけで日本の政治不安が欧米の政治不安と同じように相場を揺るがすことになるかもしれないので、国内のネガティブニュースもとりあえずチェックしておきたいです。

さて、相場ですがドルは少し戻しています
ユーロ圏の金融政策については特にサプライズもなく、ユーロもそれほど大きな動きは出ませんでした。

ただし、週明けには結果の出るフランスの議会選挙(1回目)の結果次第で大荒れとなる可能性もあるため、週末持ち越しポジションは控えめにしておきたいです。

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ