» » マクロン・マジックで新党躍進

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.06.13

マクロン・マジックで新党躍進

2017年6月13日 本日注目のポイントはこちら
18:00 独・ZEW景気期待指数、ユーロ圏・ZEW景気期待指数
21:30 米・生産者物価指数

ポンド/ドルは1.263を割り込むと1.25あたりまで下がるリスクあり。

涼しい日が続きますね。
雨が降らずに涼しいので大阪はかなり快適ですが、降水量があまりにも少ないと水不足になるため適度には降ってほしいです。

さて、週明けのマーケットはフランス議会選挙の第1回目でどうなるかと思いましたが、ユーロはそれほど動いていませんね

まだ来週の2回目の結果が出ていませんが、1回目の結果を見るとマクロン氏率いる新党の共和国前進が7割以上の議席を獲得するのではと言われています。

この政党はまだ新しく1年程度ということで、どんな政策をするのかやや不透明です。
候補者も学生、退職者、闘牛士など様々ということですが、日本でも同じような現象が起こっているのかもしれません。

都議選が近づいていますが、都民ファーストが7割程度の議席を獲得するという話もあり、大阪でも維新が登場した時に同じような現象が起こっています。

世界的に政治的な不透明感が強まり、為替相場はますます予想が難しくなっています。
今週はFOMCだけでなく、日銀金融政策決定会合も何か政策変更があるかもしれないため、日銀の舵取りにも注目です。

すでに、国債の買い入れが限界に来ているという声も出ています。
今年になって少しずつ買い入れ額を減らす方向に動いていますが、今後さらに減らしていく可能性が高く、その時に為替相場の円高リスクがどうなっていくのか気になります。

そして、株価ですが反落してきました。
日経平均は2万円を割り込んできましたが崩れてしまったという状態ではありません。

日経平均 日足チャート
日経平均 日足チャート(ヤフーファイナンスより)

5月安値の1万9500円あたりで下げ止まれば問題ありませんが、1万9000円を割り込むと本格的な調整入りの可能性もありそうです。
利上げは株価にとってはマイナス要因なのでFOMC後の動きに注意したいです。

最近は為替と株の連動は崩れているので別々に見ておく必要がありますが、リスク回避の流れが強まると両方下落する動きも想定しておかないといけません。

ユーロ、ポンドも日足で見ると反落してきているため下げに注意したいです。

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ