» » とりあえず勢いが続くまで

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵
山根亜希子
(有)ユビキタストレーディング代表
1973年大阪生まれ。元文部省・科学技術庁 記者クラブメンバー。
大学卒業後、サイエンスライター(文部科学省・記者クラブ所属)をした後、
地元に帰り失業中にFXに取引を開始。FX関連の書籍がベストセラーとなり
証券会社やFX会社などでもセミナー講師をする。趣味は海外旅行とアロマテラピー。
山根亜希子氏が注目する経済ワード!   ※ワードをクリックすると、関連する記事へジャンプします

2017.07. 4

とりあえず勢いが続くまで

【PR】今だけ限定!口座開設で最大30,000円がもらえるFX業者って・・?>>

2017年7月4日 本日注目のポイントはこちら
13:30 豪・政策金利発表
ドル/円は113.5円を超えると5月の高値を目指す動きになるか。

【PR】経済指標やアナリストレポート(20種)等のマーケット情報が充実しているFX業者!無料会員になればいつでも閲覧可!>>

今日は米国が独立記念日で祝日ですね。
7月相場は前半強くなることが多いような気がします

07年、08年ともに8月以降のショック的な動きの前はかなり強い動きだったのを覚えています。

今週は週末に米国の雇用統計を控えていますが、昨日のISM製造業景況感指数が3年ぶりに強い数字になるなど米国の指標は堅調です。

最近のドル/円は米国の長期金利が上がると上昇し、長期金利が下がると下落するという金利連動型の動きとなっていますが株価に左右されることも忘れてはいけません。

株価が強いと全体的にマーケットは強気でリスクオンの動きになります。
株で利益がでているため強気のポジションで攻めることができるからです。

逆に、株価が下がってくると株の含み損や損切りの影響で手元資金が少なくなり、積極的にポジションを取ることが難しくなってきます。

そう考えると株の方がわかりやすく為替相場は、世界情勢を眺めながら色々とその時の状況で動きが違ってくるので分析は複雑かもしれません。

ユーロ/ドル 週足チャート

ユーロ/ドル 週足チャート ※クリックで画像拡大

いいね!山根氏が分析で使用しているGMOクリック証券の使い方やツールの種類を見る>>

週明けの動きを見ると、今まで勢いの強かったユーロやポンドが米ドルに対して少し頭打ちになってきそうな感じがあります。
ユーロ/ドルは週足の抵抗線まで来たので、ここを突破していくかにも注目したいです。

流れとしては、中長期的に上昇に転じる可能性が金融政策の面から見ても高まっているため売り戦略は短期の調整局面をタイミングよく狙う必要がありそうです。

中長期的に上昇トレンドにある場合は、低レバレッジで下がったところをじっくり買っていくという単純なやり方が一番失敗も少ないので欲張らずにチャンスを見ていきたいと思います。

ユーロ/円はドル/円が高値更新すれば上昇する可能性もありそうです。
ということで、クロス円は最後の上げ局面にあると考えたいです。

NYダウの調子がよく、高値更新していく可能性もあるため雇用統計のある週末までは堅調な地合いが継続する可能性がありそうです。

【PR】外為どっとコムのイメージキャラクターは深田恭子さん!CMも絶賛放映中>>

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ