» » 妙な規制はカジノに影響あるのか…パチンコ出玉制限というニュースに驚愕

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.07.11

妙な規制はカジノに影響あるのか…パチンコ出玉制限というニュースに驚愕

2017年7月11日 本日注目のポイントはこちら
特になし
ユーロ/ドルは1,14台で上値が重くなってきているので1.13割れには注意。

連日暑くて、仕事の効率が日に日に落ちているのを実感しています。
毎日コンビニに行ってアイスを大人買いしてしまいます。

昨日はまた私のお気に入りだったデフレ店が潰れていました。
暑かったのでネットカフェに涼みに行こうと久しぶりに行ったら工事中でした。

しかし、閉店しているのは私の行きつけの安いお店だけではないようです。

駅前の高級毛皮店も今月で閉店です。
ミンクのコート400万円とかのチラシがたまに入っていたのですが、怖くて一度も店内に足を踏み入れたことがないお店でしたが。

リアル店舗の経営はどこも大変になってきているのでしょう。
その分、ネットでのビジネスは拡大しているのだと思います。

しかし、ネット上のビジネスの拡大は見えにくいため景気がいいという実感にはつながりにくいですね。

昨日のニュースで一番驚いたのはパチンコ出玉制限という記事です。
上限5万円というのはどうなんでしょうか。

ユーロ/ドル 日足チャート

ユーロ/ドル 日足チャート
いいね!抜群の操作性、サクサク感が癖になる、高機能取引ツール「プラチナチャート+」
(チャート:GMOクリック証券より)

ギャンブルの上限を決める流れが今後出てくるのか気になります。
宝くじは1人5万円までとか、競馬も馬券購入額は1日5万円までとかになってくると、ギャンブラーには痛いですね。

カジノへの誘導が目的のようですが一般人のギャンブル離れが加速する一方で、どうしようもない依存症や犯罪グループが増殖していきそうな気もします。
カジノはマネーロンダリングの舞台によくなりますからね。とにかく、色々な意味で今が過渡期ということなのでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨やカジノといった新しい投機(ギャンブル)がマネーの流れを活性化させる可能性はありますが、実体経済にまわってくるマネーとのバランスが崩れれば不況の引き金になりそうです。

さて、相場ですが週明けも堅調に推移しています。
ドル>ユーロ>円というような強弱関係になっています。

先週くらいまでは、ユーロ>ドル>円でしたが、金融政策的に円は不利な状況となっています。
ドルインデックスを見ると年初から下がり続けているので、欧州通貨やオセアニア通貨などは中長期的にドルに対して上昇していく可能性はありますが円は少し難しそうですね。

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ