» » 高まる金融政策への期待 - 今後のトレンドの見通しとは?

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.07.12

高まる金融政策への期待 - 今後のトレンドの見通しとは?

2017年7月12日 本日注目のポイントはこちら
18:00 ユーロ圏・鉱工業生産
23:00 加・政策金利発表
27:00 米・米地区連銀経済報告(ベージュブック)

NZ/ドルが下落してきているので0.7ドルあたりまで調整の可能性あり。

今週末は海の日の3連休ですね。
4年ぶりに沖縄にダイビングに行く予定です。

船に酔って、ひどい目にあったことがあるのでボートダイビングはちょっと憂鬱です。
海の中は熱帯魚が泳いでいる水槽の中のような感じなので、ストレス解消になります。

ダイバーも高齢化が進んでいますが、レジャー・観光なども海外からのお客さんを本格的に呼び込まないといけない時代かもしれませんね。

連休やお盆などをはずせば格安航空で沖縄にもびっくりするような飛行機代で行けるのでふらりと1人旅も楽しいと思います。

さて、相場は変わらず強気推移していますね。
今日は、カナダが政策金利を発表しますが利上げ期待が高まっています。

米国がこれだけ利上げに動くとカナダも利上げに動かざるを得ない状況なのだと思いますが気になるのは、すでにカナダドルが上昇してしまっているということです。

テクニカルチャートを見るとドル/円、クロス円ともに過熱感が出ています。
特に、カナダドル/円とポンド/円は抵抗線にぶつかっているので、ここを超えてさらなる強い上昇にならなければ反落リスクがあるということです。

前回高値、そして前々回高値の88円台まできています。
週足チャートで89円を超える動きが出れば中長期的にも上昇を確認できます。

カナダドル/円 週足チャート

カナダドル/円 週足チャート
いいね!LINEアカウントとお友だちになるとお問い合わせもLINEでできちゃう💬
(チャート:DMM FXより引用)

欧州、そしてカナダも金融緩和からの脱却となれば円安トレンドができてきそうです。
カナダドル/円は、昨年の夏を底に上昇に転じた可能性が高いので、4月安値の81円あたりを割り込むような動きがでない限り、来年にかけて上昇していく可能性が出てきました。

ドル高というよりも円安トレンドになっていきそうですね。
ただし、数週間程度のサイクルで見ると過熱感が出てきているため今月下旬からお盆あたりにかけて一度大きめの調整が入るリスクもありそうです。

その前に、いけるところまで行ってしまえというのがマーケットです。
上値トライが続いている状態での売りはリスクが高いので、売る場合は 試し玉程度にしておいた方がよさそうです。

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ