» » 高速売買と株高 - トレードでも主流プレーヤーはロボットに?

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.09.26

高速売買と株高 - トレードでも主流プレーヤーはロボットに?

2017年9月26日 本日注目のポイントはこちら
23:00 米・新築住宅販売件数
ユーロ/ドルは1.18を割り込むと1.166あたりまで下落する可能性も。

ついに、解散総選挙が決まりましたが、北朝鮮リスクがある中でのん気に選挙をしている場合なのか複雑な感じです。

安倍総理は、「与党が過半数割れなら辞任するとまで」と言っていますが、大丈夫なのでしょうか。 希望の党がどこまで躍進するのかよくわかりませんが何となく、今までの自民圧勝のような選挙にはならなさそうですね。

そして、不気味なくらい絶好調な日経平均は高値更新などをして、2万円台を回復しての推移となっています。

権利確定日との関係などがあるのかもしれませんが、この株高に貢献しているのが超高速のロボット売買だという話もあります。

バカほど回転させて買い注文を大量に入れてあるため下がりにくくなり、 見せ玉のような形で買いがたくさん入っているため下値が固いと思わせるような効果もあるのだとか。

今では色々な分野で人間様よりもロボットが活躍する時代になっていますが、 トレードの世界でも主流プレーヤーはロボット達なのですね。

FX会社の中には、何度もIFD(イフダン)注文をリピートさせる機能があったりシステムトレードができる会社もありますが、超高速売買にはなっていません。

ユーロ/円 日足チャート

ユーロ/円 日足チャート
いいね!抜群の操作性、サクサク感が癖になる、高機能取引ツール「プラチナチャート+」
(チャート:GMOクリック証券より)

(GMOクリック証券)

レンジ相場のように一定の範囲を行ったり、来たりの動きの時は、 上手くリピートさせれば2回とか3回程度なら上手に利益確定できることもあるので、少額から試してみるのもいいかと思います。

相場は何もなければ比較的堅調な動きとなりそうですが、 北朝鮮が週末のトランプ大統領の発言が宣戦布告だと言っており、 引き続き何が起こるかわからない状況のため高値圏でポジション放置は危険です。

利益が出たら、その都度、利益確定して次の売買に移りたいです。
ドイツの連邦議会選挙は、何事もなくメルケル首相が率いるキリスト教民主同盟が勝利をおさめましたが、 難民問題から求心力が落ち、議席は減らしています。

ドイツ銀行の経営も一時よりは少し懸念が和らいでいるようです。 とは言っても株価はまだ低迷中ですが。

ユーロはドルに対しても円に対しても少し上値が重くなってきているので、調整があるかもしれませんね。

本日の記事に関連するページ

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ