» » 選挙とロケットマンの動き - 相場は急落リスクに注意

  1. トレーダーブログ一覧
  2. ひろぴー
  3. だいまん
  4. ゆきママ
  5. YEN蔵

2017.09.25

選挙とロケットマンの動き - 相場は急落リスクに注意

2017年9月25日 本日注目のポイントはこちら
17:00 独・IFO景況感指数
ドル/円は111円台を維持できればよいが割り込めば調整入りか。

朝晩も涼しくなって秋らしくなってきましたね。
9月もあと残すところ1週間ですが、週末は色々と動きもありました。

まず、解散総選挙が決まりました。
来月22日投開票ということで、10日から選挙戦に突入します。

もり・かけ隠し解散とか言われていますが、23日に加計学園の獣医学部の許認可がおりるという話で、どさくさに紛れて認可がおりるのではないかと言われています。

政治の動きはかなり流動的でどうなるかわかりませんね。 希望の党という新しい新党が立ち上がり、色々な政党から選挙を考えて希望の党へ移っていく方が続出しています。

政策がどうなのか不明ですが自民と安倍政権にとっては厳しい選挙となりそうです。
選挙後のご祝儀相場が今回もあるのかどうかはわからないので、とりあえずは目の前の相場の動きに集中したいと思います。

北朝鮮と米国がまた対立を深めていますね
トランプ大統領は「チビのロケットマンをのさばらせてはいけない」と発言していますが、北朝鮮は太平洋でも水爆実験をする計画だそうです。

もし、本当に水爆実験をすれば米国も黙っていないでしょう。
どこかで米朝の対話が実現すればいいのですが国連や中露などが間に入りそうな気配もなく、泥沼化していきそうです。 高値圏で北朝鮮リスクが炸裂すると急落リスクが高まるので注意がいります。

NYダウ 日足チャート

NYダウ 日足チャート (チャート:ヤフーファイナンスより)

ドル/円とNYダウの上値が重くなって、反落してきたら全体的にリスクオフの雰囲気になりやすいため警戒しましょう。

日経平均は一時、2万400円を超え、今年の高値を更新するほど上昇しましたが何となく違和感があります。

確かに、欧米が金融緩和をやめる方向に舵取りをしたのに日銀だけは流れに逆らって大規模緩和を継続し、 場合によってはさらに緩和を進めるなどと言っているので、金融政策的には日経平均と円安はセットで進んでもおかしくありませんが。

先週は急ピッチで上昇しただけに、今週は調整色が強まる可能性もあるため、週明けからの動きに注意したいです。

本日の記事に関連するページ

こちらも応援していただけると嬉しいです!!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログへ