勝率UPのFXトレード手法!RSIを使えば相場の過熱感が分かる!

勝率UPのFXトレード手法!RSIを使えば相場の過熱感が分かる!

RSIは身近なFXテクニカル分析のひとつ!基礎から覚えよう

FX取引で勝率を上げる為には、初心者であろうと上級者であろうと「分析して戦略を考えてから取引する」ことが不可欠となります。

何もわからないまま適当に取引をしても、そう簡単には勝てません。

そこで重要となるのがテクニカル分析です!
今回ご説明する「RSI」というテクニカル指標はとてもシンプルな指標のひとつです。

ほとんどのFX会社で取扱いがあるので、チャレンジしやすいテクニカル指標でしょう。

「RSI」の基本的な情報や使い方などを説明ますので、基本から覚えて活用していきましょう!

FX取引におけるRSIとは?

RSIとは、Relative Strength Indexの略称で、日本語の意味としては「相対力指数」となります。

一定期間の価格の変動を「上昇幅」と「下降幅」に分け、全体の値動きの中で「現在の為替相場は上昇と下降、どちらの方に傾いているのか?」を表したものが「RSI」です。

つまり「売られすぎ」なのか「買われすぎ」なのかを判断→数値化し、相場の強弱を教えてくれる、オシレーター系分析※の代表的なテクニカル指標です。

J・W・ワイルダーによって考案された指標のひとつで、威力を発揮できるのは相場の変動が激しい時ではなく、レンジ相場のような停滞感の強い一定の幅の時だと言われています。

※オシレーター系分析とは
分析方法には様々なものがありますが、共通しているのは「買われすぎ」「売られすぎ」を計測し、その反発を予測して逆張りをする為のサインとして使用します。

変動の大きさを見るものであり、為替レートの変動が大きくなればなるほど、オシレーター系分析の指標の値も大きくなります。

例えば、価格が数十日間も上昇し続けた時、投資家の多くは
「かなり買われたのでは?そろそろ下がるかもしれない!」(買われすぎ)

逆に数十日間かけて売られていたのであれば
「かなり売られた!そろそろ上昇するのでは?」(売られすぎ)
などと考えたくなることでしょう。

しかし、どこまでが「買われすぎ」でどこまでが「売られすぎ」なのか明確な基準となる数値があるわけではありません。

明確な基準が無い分、その場の状況で判断してしまっていると思います。
なので、何とか一定の基準を設定して「買われすぎ」「売られすぎ」を把握しなければなりません。

判断 そこで活躍してくれるのが「RSI」です。

RSIは「買われすぎ」「売られすぎ」を数値で示して着目し、把握しようとするものです。

為替レートが上昇し続ければ「買われすぎ」という判断をして売りを考え、逆に下降し続けるようなら「売られすぎ」という判断をして買いを考える、ということです。

RSIは為替相場の過熱感が分かる

FXでは、為替のレートが上がりすぎた際には利益確定の売りが増えて反落。
下がりすぎた際にはお得になるので買いが増えて反発。

ということが多くなる傾向にあるので、それを分析する為に注目するのが、現在動いているレートのトレンドの強さや相場の過熱感です。

・反落=上昇していた相場が一転して下降すること。
・反発=下降していた相場が一転して上昇すること。

RSIは、その過熱感がわかる指標とされています。
上昇幅と下降幅からそれぞれの勢いの強さを計測するものであり、50%を中心として、0~100%間で推移します。

50%以上=上昇局面
50%以下=下降局面
となり、一般的には、

70%以上=買われすぎ
30%以下=売られすぎ

と見られています。

つまりRSIが70%以上なら「売」のタイミング、30%以下なら「買」のタイミングとして考える事が出来ます。

為替レートは人の心理状態の影響を強く受けて動く

買われすぎの時は、すでに保有ポジションがある方は売りを考え、売られすぎの時は新たな取引通貨を探している人が買いを考えます。

為替レート上昇

RSIの値が高い(70%以上)ということは、市場が過熱しているということにあります。
高い値段で取引されやすく、熱が冷めて下降する可能性があります。

為替レート下降

RSIの値が低い状態では、通貨の価値が過小評価されている可能性が大きいです。
適正価格に戻ろうとする力が動いて上昇する可能性があります。

RSIまとめ

RSIを求める方法とは?計算式の作り方

公式は2通りあり、以下でRSIを求めることができます。

計算式

計算方法は以上のようになりますが、ご自身でテクニカル指標を作成する方やプログラムしなければいけないといった方でない限り、RSIの取り扱いがあるFX会社は自動的に計算してくれるシステムとなっているので、難しい算出方法などは無理して覚えなくても良いかなと思います。

計算式よりも、大切なのは出された指標の中にある売買シグナル(売買に関する情報)です。

算出方法を覚えなくても、どうしてこのような数値となるか理解しておきましょう。

チャートを使ったRSIの見方・使い方

では、実際のチャートを使ってRSIの見方・使い方を見てみましょう
先ほどもご説明したように、RSIはある一定期間(一般的には14日間)の価格変動の幅で、どのくらいレートが上昇または下降しているのかを 0%~100%までの中で計るものということでした。

下記の画像は、SBI FXトレードのチャート画面です。
RSIのチャートに注目してください。

ドル円(USD/JPY)60分足とRSI/14日間のチャート相場

ドル円(USD/JPY)60分足とRSI/14日間のチャート相場 (SBI FXトレードより)

一般的に、上部70%以上のゾーンに入ると「買われすぎ」となり、そして下部30%以下のゾーンに入ると「売られすぎ」といった判断となります。

また、それぞれのゾーンに入った後に相場が反転した場合「買われすぎ」の場面では売りを、「売られすぎ」の場面では買いの取引がされる傾向にあると考えられます。

たったこれだけ!非常にわかりやすくないですか??
その分かりやすさから、初心者~上級者問わずとても人気のある指標なのです。

また、RSIはトレンドの転換の先読みに使えて便利な指標です。

●上昇から下降への転換を見越して売る。
●下降から上昇への転換を見越して買う。

といったエントリーをする逆張りの戦略に大変役立ちます。

ドル円(USD/JPY)60分足チャートで反発・反落の見つけ方

ドル円(USD/JPY)60分足チャートで反発・反落の見つけ方 (SBI FXトレードより)

RSIを使う際の注意点

注意点 RSIを使うにあたって、ひとつ注意点(弱点)があります。

逆張り用テクニカル指標として最も有効とされる指標の1つですが、うまく機能するのは「持ち合い」または「穏やかな」トレンド相場だけで、しっかりとした上昇・下降相場では信頼性が低くなります

非常に強力なトレンドのある場合は、買われ過ぎとされる局面の時に売っても、その後さらに相場が上昇。
売られ過ぎとされる局面の時に買っても、その後さらに相場が下降することがあります。

例えば、強い上昇トレンドの時にRSIが高い数値を示したとしても、その勢いを維持したまま上昇トレンドが続くこともあるので注意しましょう。

以下のチャートをご覧ください。
パラメーターを「14」としてRSIを下段に表示した60分足チャートですが、白枠の位置では、RSIが「70」を超えて、買われ過ぎゾーンに突入。

一時「100」に近いピークをつけた後、逆に「70」を割り込んでいますが、相場はその間堅調に上昇しています。

パラメーターを「14」に、RSIを下段に表示した60分足チャート

パラメーターを「14」RSIを下段に表示した60分足チャート (外為どっとコムより)

これは「ダイバージェンス=乖離」と言われ、オシレーター系テクニカル分析で良く現れる現象です。
この原因は、はっきりとしています。

オシレーター系指標のほとんどが価格の強弱を100%の中でインデックス化(指数化)していることから、どういったオシレーター系指標でもこういった動きが必然的に出てきます。

こういった現象が出ることで「オシレーター系分析は全く利用する価値がない」と言うテクニカル・アナリストもいますが、為替市場では株式市場のように取引高を把握することができません。

つまり、取引量の増大や減少というような相場のパワーやモメンタムを判断する指標がありません。

その面では、オシレーター系分析にも一定の利用価値はあると思います。
ただあくまでこのダイバージェンスを理解して、その可能性を考慮しながら参考にするようにしましょう。 

・もち合い=為替レートが上げ下げを繰り返し、あまり価格変動がない状態のこと

元外銀ディーラーだいまん流のRSI利用法を紹介!

ここで、当サイトでもトレード戦略ブログを執筆してくれているFXトレーダー、だいまん氏が紹介する「だいまん流 RSI利用法」をご紹介します。

RSIは逆張りに有効な指標とされていますが、個人的にRSIは相場の動きに対する反応が他のテクニカル分析に比べて敏感なオシレーターです。

チャートをご覧になればお分かりと思いますが、RSIの数値が上下に振れやすく、チャート上も「ギザギザ」のラインが目立っています。

特に機械的に行うシステム・トレードなどではこの点が「騙し」となるケースが多く、無駄な売買が多くなって過去の検証では案外成績は良くありません。

そのため、定説とは異なった方法を利用しています。
つまり、RSIを「順張り的」に利用する方法です。

以下のチャートをご覧ください。
RSIが「50」を上回ったところで買い(①)、更に「70」を上回った時に買い足します(②)。
利食いは「70」(③)や「50」(④)を下回ったところで決済します。

売りは「50」を下回ったところで売って、更に「30」を下回ったところで売り足して、決済は「30」や「50」を上回った時点で利食います。

RSIを順張り的に利用した方法(英ポンド/円日足チャート)

RSIを順張り的に利用した方法(英ポンド/円日足チャート) (外為どっとコムより)

ただ、この方法も若干注意があります。
⑤の四角い枠の値動きです。

この場合、RSIは、「50」を中心に横ばいの変化しかしておらず、相場もレンジ的なもち合いとなっています。
これでは「50」を超えたり、割れたりして売買しても利益を出すことは難しいでしょう。

そういったケースを想定して利用する良い方法があります。

あくまでRSIの「70」と「30」だけに注目して、「70」を超えてから買って「70」を割れたら利食い。
「30」を割れて売り、「30」を超えて買うということに限定した使い方です。 

RSIはレンジ的な相場の場合「50」を挟んで揉み合うケースが多く、逆に「70」を超えるならそれだけ相場が強く、「30」を割れるとそれだけ相場が弱い形を示しています。

ワイルダーさんには申し訳ありませんが、この方法なら利益幅は大きく取れないとしても、ダイバージェンスなどの騙しにあう確率も低く、確実に利益を上げることができます。

いかがでしたでしょうか。
もしよろしければ、定説とは違う使い方も利用してみて下さい。

RSIのような使えるテクニカル指標はどんどん取り入れて、トレードに活用していきましょう!

FX初心者でもRSIの設定が簡単にできるオススメFX会社

SBI FXトレード
SBI FXトレード 本記事でチャート画像を使用したFX業者
チャート上で「テクニカル設定」から「インジケーター2」タブをクリック、その中にRSIがあります。
期間は、最初は14日に設定で良いでしょう。
そうするとチャート下部にRSIが表示されます。
初心者でも簡単に設定出来ますので、ぜひ実際に使って見て下さい。
SBI FXトレード
外為どっとコム
外為どっとコム FXトレーダーだいまん氏が使うFX業者!
FXトレーダーだいまん氏が実際に使うFX業者。
SBI FXトレード同様、チャート下部にRSIが表示されます。
「テクニカル指標追加・編集」をクリックすると一覧にRSIがあるので、追加するだけでチャート上に表示されます。
売られすぎ、買われすぎラインの設定も出来るので、初心者にも分かりやすいと思います。
外為どっとコムへ
株式会社マネーパートナーズ(パートナーズFX)
株式会社マネーパートナーズ(パートナーズFX) スマホアプリでもRSI分析が可能!
スマートフォンアプリの「HyperSpeed Touch」ではRSIを3本表示することが可能!
期間も個別に設定が可能なので、ほぼパソコンと同様の使い方ができます。
動画セミナーも充実で、初心者から上級者といった幅広い方に定評があります。
イ株式会社マネーパートナーズ(パートナーズFX)
SBI FXトレード
SBI FXトレード 本記事でチャート画像を使用したFX業者
チャート上で「テクニカル設定」から「インジケーター2」タブをクリック、その中にRSIがあります。
期間は、最初は14日に設定で良いでしょう。
そうするとチャート下部にRSIが表示されます。
初心者でも簡単に設定出来ますので、ぜひ実際に使って見て下さい。
外為どっとコム
外為どっとコム FXトレーダーだいまん氏が使うFX業者!
FXトレーダーだいまん氏が実際に使うFX業者。
SBI FXトレード同様、チャート下部にRSIが表示されます。
「テクニカル指標追加・編集」をクリックすると一覧にRSIがあるので、追加するだけでチャート上に表示されます。
売られすぎ、買われすぎラインの設定も出来るので、初心者にも分かりやすいと思います。
株式会社マネーパートナーズ(パートナーズFX)
株式会社マネーパートナーズ(パートナーズFX) スマホアプリでもRSI分析が可能!
スマートフォンアプリの「HyperSpeed Touch」ではRSIを3本表示することが可能!
期間も個別に設定が可能なので、ほぼパソコンと同様の使い方ができます。
動画セミナーも充実で、初心者から上級者といった幅広い方に定評があります。

FX@外為比較ランキング編集部のプロフィール

FX@外為比較ランキング編集部
FX@外為比較ランキング編集部。
初心者でもFXで稼げるようになる為の基礎知識から取引の仕方、優良FX業者を選ぶポイントなどを紹介。 入社1年目に、資金10万円からFX取引をスタートした当サイトの編集部員のリアルFXブログも公開!
その他、FX取引に役立つ最新情報やFXトレーダーのインタビュー企画、FX情報コラムなども配信!FX初心者~上級者が楽しめる内容をお届けします。
LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


当サイトおすすめ

最もアクセスが多い人気ページ

今月オススメの記事

  1. いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決

    FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    いつ取引(エントリー)すれば良い?FX初心者が最初に悩むポイントを解決
  2. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    FX初心者が失敗する原因は感情任せのトレード?克服のトレードルール教えます
  3. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    100円でFXを始める方法、初心者向けトレード手法、おすすめ口座をセットで解説
  4. FX攻略のために必要な知識と情報, 知っておくべき基礎知識

    FXを始めようとしている人必見!初心者によくある失敗例と対処法を紹介
  5. FX攻略のために必要な知識と情報, 押さえておくべき攻略法

    損失500万円!FXで損切をしなかった失敗談とすぐ出来る対処策

FXトレーダーの実践ブログ

ゆきママ

メニュー

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました