» » FX初心者向けのトレード手法「スキャルピング」を極めるコツとは?

FX初心者向けのトレード手法「スキャルピング」を極めるコツとは?
このページで分かること

スキャルピングとは?

スキャルピングスキャルピング」はFXで時折使われますが、短時間で売買のトレードをする方法です。
1日のうち、数秒から長くても数十分で完了できる売買を繰り返して、1つ1つの利益が差ほど無くても、トレード回数を多くして大きな利益にする方法です。

また、「スキャルピング」という言葉は”頭の皮を薄く剥ぐ”という意味があります。
言葉だけでみるとなんだかちょっと怖いですよね。。。

英語の”スカル(頭蓋骨)”からきた言葉で、つまり、相場の中で頭の薄皮一枚を剥ぐような、
薄い利益を積極的に剥ぎ取ることをイメージした手法を指します。

「スキャルピング」は、順張り※でも、逆張り※でもできます。

※順張り=トレンドと同じ方向に「買う」または「売る」といった取引方法。
※逆張り=トレンドとは反対方向に「売る」もしくは「買う」といった取引方法。

自分が「ここならいけるだろう!」という時間帯を見極め、その時に「スキャルピング取引」をするというのが1番よいでしょう。

FX会社が提供してくれる取引ツールは常に進化していきますので、「スキャルピング」など色々な方法を試すうちに、自分に合う手法が必ず見つかります。

自分の希望通り、予測の的中率が高いポイントを見つけて取引ができればコツも掴めますし、
自信にもなると思いますよ。

スキャルピング

オススメの時間帯

「スキャルピング」は、自分の好きな時間にできて自分の好きな時間にやめる事ができるのが特徴ですが、スキャルピングに向いている時間帯というものもあります。

基本的に「スキャルピング」に向いている時間帯は1日のうちに3回やってきます。

1回目→日本時間の9時〜11時
この時間帯は東京市場がもっとも活発になります。
特に、5日や10日といったゴトー日は大きく円安になる傾向がありますので要チェックです。
2回目→日本時間の16時〜18時頃(夏時間 15時〜17時頃)
その次に、ロンドン市場が活発になる時間帯を狙うのもオススメです。
為替市場としてはロンドンが最大規模となっており、市場参加者も東京やアジアに比べると多いということもあって、この時間帯の価格変動はかなり大きくなポイントとなります。
3回目→日本時間の22時〜24時頃(夏時間 21時〜23時頃)
そして3回目となるのがニューヨーク市場が活発になる22時から24時になります。
この時間帯はロンドンも午後の取引を行っている最中です。
1日の中では市場参加者の数が最も多いので取引も活発となり、為替レートも大きく動くというわけなのです。

これらの時間帯は一日の中で最も値動きが荒れる時間帯なのでスキャルピング向きになります。
ただし、東京市場と違ってロンドン市場とニューヨーク市場にはサマータイムが存在します。
季節によって時間帯が多少前後してしまうので、ロンドン市場とニューヨーク市場を対象に取引をする際には今がサマータイムか否かまでチェックしましょう。

オススメの時間帯

スキャルピングの手法

では実際にスキャルピングを行う上で、ポイントとなる手法についてご説明します。

スキャルピングはトレード時間が短いぶん利益も小さくなりますが、1回あたりのトレードは利益になる確率が高くなります。
こういったことからレバレッジをできるだけ高く設定して、トレードを何度も繰り返し、薄い利益をコツコツと積み重ねるといった手法です。

レバレッジをかけると大きな金額の取引となるので、ポジションを持つタイミング、損切りのタイミングには、トレード技術というより瞬発的な力が必要にとなってきます。

スキャルピング取引を行う際は、以下の3つのポイントも参考にしてみましょう。

エントリーポイントを見極める
エントリーポイントとは、「どのタイミングでポジションを取るか」という、FXをする上で大切なことです。
為替相場が秒単位で変動するFX市場においては、「ここ!」という絶妙なエントリーポイントを見つけることはとても重要となってきます。

素早い利益確定をする
エントリーしたら次は出来るだけ利益率の高いポイントで利益を確定させます。
なるべく利幅が取れる相場を狙います。

損切りはのタイミングダメなら即退場すること
相場が逆を行き始めたら、潔く損切りすることも重要です。
「いつか買った時の値段に戻るからもう少しねばってみよう・・・」
などと、いつまでもねばり続けていると、タイミングを逃して思わぬ損失を生んでしまうこともありますので、損切りのタイミングはしっかりと見極めましょう。

スキャルピングの注意点

これからスキャルピング取引を行う上で、気をつけなければならない注意点をまとめましたので、
参考にしてみて下さい。

?狭いスプレッド&固定スプレッドを選ぼう
スキャルピングは少ない利益を狙っていき、取引数で利益を増やしていくものなので、
スプレッドは狭ければ狭いほど収益も増えます。

また、変動スプレッドの場合はレートが不安定な分、予測が不可能となるため、ある程度の予測も立てにくくなり、希望の取引ができる確立ができない場合が多いです。
できれば固定スプレッドのFX会社を選んだ方がよいでしょう。

?手数料は無料を選ぼう
1日何回も取引をするスキャルピングは、その都度手数料が発生するとその手数料分だけで利益が減ってしまい、最終的にマイナスになる可能性があるため、取引に勝つためには手数料無料は必須の条件です。

?安定したシステムの会社を選ぼう
スキャルピングでは1分足のチャートを主に使うことが多いかと思いますが、システムが不安定な会社の場合、1時間足などの長い時間足で表示されている時には気がつかなくても、1分足で表示するとレートが停止してしまっていたり、分刻みなはずがポッカリ飛んでしまっていることがあります。
1分足がちゃんと動いているかリアルタイムでしっかりと確認しましょう。

?スピード性重視の注文機能を選ぼう
スキャルピングではなんと言っても時間勝負です。
注文は、1クリックで完了できる機能を選ぶことが必須となります。
通常注文機能で決済した場合、わずかな時間でもズレがあった場合、その間に利益を逃してしまうこともしばしば。
こういったスピーディな注文機能は、各社さまざまご用意があると思いますので、色々な会社を比較してみるとよいでしょう。

星

スキャルピングの具体的なトレード方法

例えば、1ドル119円41銭であるときにすぐに成り行き注文で購入をするとします。
その時の売りレートは119円40銭です。
このスプレッドはFX会社によって異なりますので、よく確認してからトレードするようにしましょう。

※下記の画像は、買い注文をする際に1銭のマイナスが出てしまうパターン例です。

パターン例 (DMM FXより)

スキャルピングは数秒から数十分の短期集中型トレード方法ですが、他にも1日のうちに決済をする短期集中のトレード方法があり、そのことを「デイトレード」といいます。

デイトレードは、略して「デイトレ」と呼ばれており、ポジションを持ったその日のうちに決済して利益を確定する取引のことです。
ポジションを持つ時間は数十分から数時間が一般的で、デイトレードの場合も数十銭から数円のわずかな利益を狙って行います。
翌日に繰り越さないので精神的にも心配がいらないことから初心者向けの取引方法です。

短期間で何度も取引をするスキャルピングはコストパフォーマンスに優れていることが重要です。
取引ツールはスピーディな操作が要求される短期集中トレードに必要不可欠。
注文が成立しなければこの取引は無意味なものになってしまうので、約定力も注目のポイントとして頭に入れておきましょう。

短期集中トレードにオススメなFX会社

顧客満足度が高く、安心なFX会社と評判
GMOクリック証券
(FXネオ)
これからFXを始める人はまず口座開設しておけば安心とも言われているFX会社の一つです。
いつも最狭スプレッドを設定していて、ベテラントレーダーの方からもおすすめされるFX会社です。
スピーディーな操作で使いやすい
外為どっとコム
(外貨ネクストネオ)
スキャルピング取引をする上でもっとも重要なスピード性。
瞬発力つまり早い取引が必要となりますが、それをかなえてくれるのが外為どっとコムです!
業界最狭水準スプレッドで有名なFX会社
DMM.com証券
(DMM FX)
なんといっても手数料が最小限に抑えられるので、短期トレードを集中して行いたい方には大変おすすめです。
他社と比べても圧倒的なスプレッドなので、持っていたい口座のひとつです。
前のページへ 次のページへ

FXのトレード手法を掲載している他ページ