FXトレードで売りから始めて稼ぐ手法とは?初心者でも利益を狙える方法を解説

FXトレードで売りから入る手法は効率よく利益を挙げられるって本当?

FXでは売りから簡単に売買を始める事が出来ます。
実はこれこそFX取引の大きな特徴とも言えるのです。

買い・売り共に相場状況に合わせた売買が出来るFXの仕組みは、大きな利益を得られる機会をもたらします。
そこがFX取引の楽しみの1つでもあります。

今回は、売りからはじめるFXの仕組みと、トレード手法について見ていきましょう。

FXで売りから入るとはどういうこと?

そもそも「持ってもいない通貨を売る」というのはどういうことなのでしょうか?

これは証拠金を積んで相対取引するFX業者から借りて売ると考えると分かりやすいです。

株式取引における「空売り」(証券会社から株を借りて売る手法)にあたるのが、FXを売りからスタートするという売買方法です。

売りから入る仕組みとは?

ドル・円を例に取って、売りから入る仕組みを説明します。

FXは差金取引となり、ある時点で売り、それ以下の価格で買い戻せば差額が利益となります。

たとえば、ドル・円1万通貨を112円で売り、110円で買い戻すことができれば、差額になる2円×1万通貨の2万円が利益となって得られることになります。

下げ相場でも利益がとれることが「株式投資」との違い

株式売買では、基本的に上昇局面で参入することで利益を得ることができるわけです。
しかしFXは、相場の下落局面でも十分に利益を獲得することができるところが大きなメリットとなります。

そもそも為替相場は上げるか下げるかしかありません。

上昇するときにだけ市場に参加するということは、相場の利益機会の半分を最初から捨てることになってしまい、せっかくのチャンスを大きく逃すことになってしまいます。

売りから入る「空売り」ができる人は効率的に利益を確保できる

FXの場合、上昇はどの通貨ペアでもゆっくり上がることが多いのですが、下落はいきなり大きく下げることが多いのが特徴です。

確率的には上昇も下落も同じではあるものの、空売りから売買することは、この特徴を活かした効率の良い取引になることが多いのです。

相場の下落時にも利益をしっかり確保できるというのは、他の金融取引と比べてもかなり魅力的なものと言えるでしょう。

売りからも売買に参加できることのメリット

FXを売りから入る「空売り」をする…
仕組みを読んでいると一見簡単そうに見えますが、初めてのFX取引となるとやはり何も持っていない状態で売りから入る…

というのはいささか不安があります。。。
この取引はFXで利益を出すために本当に良い方法なのでしょうか??

実は、FXを売りから入ることのメリットは様々に考えられることが出来ます。
実際にどんなメリットがあるのか、具体例を掘り下げて見ていきましょう。

トレードチャンスが増える

まず、買いからでも売りからでも相場の流れに合わせてエントリーができるというのは、トレードチャンスを増やすことにつながります。

たとえばロングをとって上昇すると思っても逆に下落をはじめてしまいますと、単純に損切りをすることだけを余儀なくされます。

しかし上昇し切った時点で、今度は売りで売買することができれば初期の損失をカバーして利益を上げることも可能になります。

そのため、両方向で売買ができることが、いかに利益機会の多いことかは実際にトレードをしてみますと身をもって体感できることになります。

値下がりしたときも利益が確保できる

株なら、相場の下落時は下落が落ち着くまで様子を見る動きを強いられる事になります。
従って下落幅を利益にするためには、空売りをする準備をしなくてはなりません。

しかしFXはそうした規制はありませんので、下落の最初からエントリーすることができます。
これによって下げ相場でもタイミングを逃さず、利益を確保できる可能性が高まります。

下げ相場の局面は動きも早くなり、短期間に利益を確保できるのは大きな魅力です。

FXトレードの柔軟性が増すのが魅力

株の場合、空売りをするにはまず、その株を証券会社から借りることになりますので、賃株料が発生することになります。

これは、とりもなおさず金利を負担することになりますから、売っている期間中は余分なコストを支払うことになるのです。

また、売る株が品薄になった場合には、逆日歩というコストも負担することになります。
このように株の空売りのためには、さまざまなコストを負担しなくてはなりません。

しかしFXではこうした負担がまったくありませんので、買い取引と売り取引にはまったく差はないことになります。

また株の場合ですと、空売り規制というものも設けられています。
これは特定の銘柄を空売りする投資家が急増してしまった場合の規制です。

売りが増えれば、株価を押し下げることになりますが、一定レベル以上は株価が押し下げられないように株式市場では歯止めがかけられているのです。

これは制度信用取引において、特定銘柄の株価が10%以上下落した場合に、その銘柄を直近の株価未満で一度に51単元以上空売りすることが規制されるという仕組みです。
つまり、いくら空売りをしたいといっても際限なく行うことはできないことになります。

しかしFXの場合には、あくまで需給で価格が決まりますので、どれだけ売りが多くとも、売ることは可能です。
さらにFXの売りには、余分なコストはかかりませんので、売りたいときに証拠金の範囲でいくらでも売ることが可能なのです。

空売りのリスクにも注意

こうしてメリットを見ていると、空売りは挑戦しやすいトレード手法に思えてきます。

良いこと尽くめに見えるFXの空売りですが、やはり全部が全部メリットばかりではなく、それなりに注意が必要なこともあります。

具体的にはどんなところに注意していく必要があるのでしょうか??
売りのリスクについて、代表的なポイントを詳しく見ていきましょう。

スワップポイントに注意が必要

まず重要なのはスワップポイントについてです。

金利の安い通貨を売って、高い通貨を買う場合は、NYタイムが終了する時間まで保有していますと、毎日一定のスワップポイントを通貨の金利差としてもらうことができます。

木曜日は土日分を含めて3日分もらえることになりますので、ポジションを保有しつづければインセンティブが与えられることになります。

しかし、逆に金利の高い通貨を売って安い通貨を買う場合には、その金利分を支払わなくてはなりませんので、証拠金から引き落されることになる点には注意が必要です。

たとえば豪ドル・円やNZドル・円、トルコリラ・円などをショートにして売りから参入しますと、毎日金利差を支払う羽目になるというわけです。

しかもこのスワップポイントは、もらえる分には多くのトレーダーが気にしていますが、支払う方はあまり重視されない傾向があります。
その結果、意外に高くつくことが売ってはじめて気づくこともあるため、注意が必要です。

ショートカバーという動きに注意

もうひとつ気にしなくてはならないのはショートカバーの動きです。

株には一定の空売り規制が働きますが、為替は需給のある限り、売りのポジションを立てることが可能になります。

しかし、みんなが売りのポジションを立ててしまい、ほとんどの市場参加者に買いがなくなってしまいますと、いくら売っても価格が下がらなくなります。

そこで大口投資家が、反対売買をはじめるような動きに出ますと、下落するはずの相場が売りの参加者の反対売買で大きく上昇しはじめます。

そのうちに上の価格帯に設定されていたストップロスを超えて想像以上に跳ね上がってしまうという非常にリスキーな状況に陥ることもあるのです。
これをショートカバーと呼んでいます。

ショートカバーは日常的に起きる事象ですから、売りから入れるといっても相場の状況がどうなっているのかをよく見て参入しないと、逆に大損をするということもありうるのです。

FXはロングでもショートでも売買が出来る点では非常に優れた取引手法ですが、それなりのリスクが潜んでいる事も理解した上で使いこなしていく事が重要です。

売りから入るトレード手法に挑戦しよう!おすすめのFX業者を紹介

いかがでしたでしょうか。
FXを売りから入る取引「空売り」は比較的、初心者でも挑戦しやすいと思います。

ですが、メリット・デメリット、注意しなければならない点がそれぞれあるので、相場やレートの様子を見ながら無理のないよう、チャレンジしてみるのが良いかと思います。

最後にFX初心者でも使いやすく、手数料(コスト)が少ないオススメ業者を紹介しましょう。

デモトレードにも対応しているサービスですので、まずはデモで空売りを試してみるのも良いかもしれません。

DMM.com証券(DMM FX)
DMM.com証券(DMM FX) 期間限定タイアップ!最大24,000円キャッシュバック!
デモトレードに対応していて、FX初心者向きで人気が高い業者といえばDMM FXです。
LINEでのサポートにも対応しているので何か聞きたい事があった時はすぐに応えてくれます。
外為オンライン
外為オンライン FX初心者向けの取引ツール「iサイクル」が使いやすい!
外為オンラインはデモトレードに対応しているFX業者の中でも、全体的にバランスが良いとされているFX業者です。
使い方によっては短期の取引でも、長期の取引でも対応してくれます。
GMOクリック証券(FXネオ)
GMOクリック証券(FXネオ) FXをはじめるなら最初に口座開設しておきたい業者
GMOクリック証券はDMM FX同様、FX初心者向けのFX業者として人気が高いサービスです。
デモトレードは本番のトレード画面とほぼ変わらない仕様なので、リアルなFX取引をすることが出来ます。

LINEはじめました。

新着記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX会社を特徴・目的別に比較, システムトレード(自動売買)

    シストレ(自動売買)が使えるFX業者を徹底比較【初心者向け】
  2. MT4, 取引(トレード)方法の種類と特徴

    MT4(メタトレーダー)が使えるFX会社を徹底比較!MT4で100万円稼ぐには?
  3. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  4. はじめてのFX(初心者向け), 知って得する初心者向け知識

    予算5,000円でスタート!少額トレードOKの初心者向けFX業者や取引方法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました

特集!仮想通貨で比較

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    ビットコインは世界で最も流通している仮想通貨。値段も上がってきて見逃せません。FX取引をしながら仮想通貨取引をするトレーダーが増えているのも事実。仮想通貨取引に挑戦するため、まずは基礎知識をつけていきましょう!
  2. ビットコイン取扱説明書ページへ

    仮想通貨

    【厳選!】仮想通貨(ビットコイン)取引所を比較

    今、話題になっている仮想通貨とは?仮想通貨の取引所とは?取引所と販売所は何が違う?仮想通貨に関する基本的な知識から、初心者でも始めやすいおススメ業者を各項目ごとに徹底比較します。

FXトレーダーの実践ブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

最もアクセスが多い人気ページ

メニュー