米雇用統計でもこの調子じゃあ~夏のドル円相場も先が“重い”やられる

昨日のマーケット

金曜日の海外市場は、弱めの米6月雇用統計を受けて、ドル売りが優勢となった。
米6月非農業部門雇用者数は、+21.3万人と予想を上回ったが、6月失業率が+4.0%に悪化、平均時給も前月比で、+0.2%と前回や予想を下回った。

ドル円は110.38まで一時下落も鈍い展開が続き、ユーロドルは、強めの独5月鉱工業生産もあって1.1768まで買いが優勢となり、ポンドドルも、引けにかけてメイ英首相が「内閣は、ブレグジットについて共通した姿勢で合意に達した」との見解を示したとの報道で、1.3290まで上昇した。

一方クロス円では、NYダウが、165ドル高まで上昇したことで、買い戻しが優勢となった。
ユーロ円が129.97、ポンド円が146.69、オージー円が82.27、NZD円が75.62まで上昇、カナダ円は、加新規雇用者数が予想を上回ったがことで、84.51まで上昇後、悪化した失業率や貿易収支を受けて84.07まで大きく売りに押された。

金曜日のポジションは、ユーロドルの1.1745の売りが約定したのみで、これも1.17402に止めて、またまた微益に終わる形。
月間損益は+0.38円、累計損益は+24.66円となる。
(米雇用統計でも、ドル円が32銭しか動かない相場では、しかたないですねぇ)

参考:上半期のレンジ一覧

上半期のレンジ一覧

本日の注目材料はこれだ!
14:00 (日) 6月景気ウオッチャー調査-現状判断DI (前回47.1 予想48.1)
14:00 (日) 6月景気ウオッチャー調査-先行き判断DI (前回49.2 予想50.1)
★★14:00 (日) 日銀地域経済報告(さくらリポート)公表
14:45 (スイス) 6月失業率 (前回2.4% 予想2.3%)
★★15:00 (独) 5月貿易収支 (前回204億ユーロ (201億ユーロ) 予想202億ユーロ)
★★15:00 (独) 5月経常収支 (前回227億ユーロ 予想198億ユーロ)
★★★16:50 (英) ブロードベント・イングランド銀行副総裁講演
★★20:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリア中銀総裁講演
★★★22:00 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁講演
04:00 (米) 5月消費者信用残高 [前月比] (前回93億ドル 予想125億ドル)
★★★英政府「EU離脱に関する白書」公表

今日の相場見通し

今日は、あまり大きな注目材料の発表はない。
日本の6月景気ウオッチャー調査や日銀地域経済報告では、若干景気の落ち込みが示されても、影響は少ない。
また、独国際収支は、普段は影響はないが、直近では、強い数字が出た場合、貿易戦争の懸念につながり易い。
ただ、直ぐに反応が出る可能性は低そう。

一方注目は、要人発言となるが、ブロードベント・イングランド銀行副総裁は、カーニー総裁同様、8月の利上げを示唆するなら、ポンド相場を支えそう。
また、ノボトニー・オーストリア中銀総裁やドラギECB総裁の講演では、既にECBの今後の金融政策の方針が、先月の理事会で示されており、発言がタカ派だったり、ハト派であったりしても、影響は大きく出ないかもしれない。

その他英政府が、EUの離脱に関する白書を公表するとしているが、内容はどういったものとなるかは不透明も、英国に都合の良い内容だけが示されるなら、失望感が漂うことになりそう。
また、先週週末に米国と中国の制裁関税がスタートしたが、市場は落ち着いた反応となっている。
ただ、今後もこれに絡んだ悪いニュースが出て来る可能性には、十分注意して対応したい。

◆ 本日の想定レンジ ◆
ドル円=110.00~111.00
ポンド円=146.00~148.00

今日のデイ・トレード戦略

ドル円はなんと動きの鈍い展開。
今日も110円台の推移か?

となれば逆張りだが、直近ではほぼ110.25-110.80の動きであり、このレンジで逆張りしてブレイクで止めるまたは順張り?
だが恐らく、ブレイクでしても110-111円から大きく離れないと見たい。
ともかく動いても逆張りが良さそう。

上値は110.55-75が押さえると弱い。
110.75-80を越えて110.90-00が視野となるが、押さえると上値追い出来ない。
下値は110.30-40の維持では良いが、110.25-30を維持できずに、110.05-10や109.95-00を割れると109.75-90が視野となる。
ただ、109.65-70や109.55-60を割れると109.40-50まで視野となる。

戦略としては、110.60、110.95に売りを置いて、ストップを111.15とする。
買いは110.05、109.85、109.55に置いて、ストップを109.20としたい。
利食いは30BPと少なめで調整する。

ドル円60分足チャート

ドル円60分足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

ポンド円は安値から反発的で、下値は145-146円ゾーンのサポートが守ると堅調が想定される。
ただ今日は材料があるので、上下に荒れる可能性には注意しておきたい。

上値は146.85-90を越えて、146.95-05、147.25-55が視野となるが、押さえると上値追いできなし。
147.85-90や148.05-15を超えて、148.75-00、149.15-40が視野となるが、リスクは150円超え。
一方下値は、146.45-55、146.10-30の維持では堅調も、146円をしっかりと割れると145.45-55、145.15-30や144.85-90割れると144.50-70が視野となる。
このリスクは144.30-40割れとなる。

戦略は買いを146.70、146.20に置いて、ストップを145.80とする。
売りは147.50の売りで、ストップを148.10、更に148.50と149.00に売りを置いて、ストップはちょっと広めに、150.10として置く、利食いは70BPとしておく。

ポンド円4時間足チャート

ポンド円4時間足チャート
(チャート:GMOクリック証券(FXネオ)より)

作成時間:2018年07月09日 08:00

それでは、今夜も「Good Deal!


関連記事


おすすめ記事


PickUP記事

  1. FX攻略のために必要な知識と情報, キャンペーン・お役立ち情報

    月に1度の米雇用統計を見逃すな!米雇用統計スケジュール
  2. インタビュー・対談

    衆議院議員 今井雅人氏が1ヶ月半で5000万円の利益!FXで稼いだ方法とは?
  3. インタビュー・対談

    FXで50万円から1000万円稼ぐ東大生 田畑昇人さんに突撃インタビュー前編
  4. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FX初心者が月20万稼ぐには?1日のスケジュール&トレード手法
  5. 稼ぐ人(勝てる人)から学ぶ知識と手法

    FXで毎月2万円稼ぐ子育て主婦の話!ローリスクなトレード手法を紹介

注目の記事

  1. FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    仮想通貨

    FXトレーダーも気になるビットコイン投資とは?

    インターネット上にしか存在しない「ビットコイン(bitcoin)」使い方は投資、トレード、買い物など様々で、今後はもっと…

FXトレーダーブログ

だいまん YEN蔵 ゆきママ

友達登録でFX戦略コラムが届く

LINE@始めました